空っぽの知識
 かたよりまくった読書くんの日記
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『ソロモンの偽証』 著/宮部みゆき 感想




71dypAW9wNL.jpg
518sc+D5-gL.jpg
51lrlSiT0cL.jpg
81lAWfSpKuL.jpg

Amazon 『ソロモンの偽証』





 「どうして、悪い奴がやってる本当の悪いことをこつこつ集めて、立証して、正面から戦わなかったのよ。どうして嘘に頼っちゃったのよ」
 (中略)
 「わたしは、それが、悔しいのよ!」

 ソロモンの偽証6 書きおろし中編『負の方程式』より



 時が立つのは早いですね。はい、いつのまにやら二週間以上経過していましたが、今日も元気に更新です。


 今日紹介するのはこちら。

 宮部みゆきさんの『ソロモンの偽証』
 最近映画化もされ、名前だけは聞いたこともあるんじゃないかと思う今作。単行本のほうが図書館で予約が外れ始めていたので、なら読んでみるかと手にとって見たが最後。あまりにも面白く、最終巻に至っては文庫版を購入していました。

 一冊のページ数はなんと脅威の一千ページ。それが三冊分(文庫版は五百ページが六冊)もあるというのに、その膨大な量を感じさせない、それどころか次々に起こる事件や人間模様に圧倒させられ、とにかく魅入らせられて、いつのまにやらページを捲る手が止まらなくなった。


 というわけで、まずはネタバレ無しの感想を



 始まりは、とある中学生の自殺から始まり、様々な事件が二次的、三次的に起こっていく様子は、フィクション仕立てでありながらもどこかリアリティがあり、誰もが一度は覚えたことのある「社会の恐ろしさ」を誤魔化さずにまっすぐに描いている。淡々と描いていながら、しかしそれは事象の羅列にとどまっておらず、しっかりと一つ一つが意味を持っている。そこには血の通った人間がいて、人生があって、事件に対して憤懣をいだき、悲哀を感じている。そんな丁寧さが、この作品の魅力であると思う。


 第一部は、とにかく事件、事件の連続。本来ならばただの自殺で終わるはずだったの事件が、一人の生徒の告発文に寄って様相を様変わりさせる。二次被害、三次被害と事件は拡大し、その場その場における人々の思惑や姦計、あるいはちょっとした人間関係のこじれによって、更にことが大きくなる。その中で、当事者となる中学生たちは、ただ自体に翻弄されることしか出来ない。

 第二部では、その翻弄され続けた中学生が、反旗を翻す。一人の少女を筆頭に、事態の究明を測るために、冤罪にかけられた不良少年に対して、私的裁判を行うというこの発想が、とにかく面白い。高校生ほど自由で大人でもなく、かと言って子供でもなく強い自我を持つ彼らが、持てる手をつくして事件を追い始める。自殺だと誰もが思っていた最初の事件。しかし、その不明な点には、一体何が隠されているのか。

 第三部は、ついに解決編。第一部と第二部で積み重ねてきた伏線を、法廷という場で次々と披露していく様子は、圧巻の一言。検事も弁護士も、中学生でありながら、中学生離れした分析力と口弁で、関係する証人たちと相対していくさまは爽快そのもの。しかし、ふとした瞬間に中学生らしい甘さや嫉妬心が現れる所もまたうまい。一定のリアリティを守りながらも、フィクションとしての面白さを損なわないバランスの良さがとにかく小気味良かった。
 そして、最後に明かされる事実には、ここまで長い物語に付き合ってきたからこその衝撃と納得が待っている。まさに、計算しつくされたエンターテイメントで、さすがはベテラン作家であると、読み終わった後はただただ脱力するだけだった。


 宮部みゆきさんは、社会派推理小説の代表となる作家だけれども、この一作をとってもその理由をこれでもかとつきつけられたように思う。視点となる個々人のキャラクターから、社会の理不尽を感じ、窮屈さを覚えながらも、それにあがくキャラクターの姿に爽快感を覚える。
 中学生たちが行なった私的裁判は、言ってしまえば出来レースであるが、その提案者である藤野涼子は、思惑と外れて検事となって、事実と偽証の間で葛藤を抱くことになる。しかし、証人たちの事実を追求していき、互いに傷つけあいながらも、最終的に得た結論は、彼女にとっては勝利であり、そしてそれは、中学生の課外活動という一瞬の出来事ではあるとはいえ、社会の欺瞞に対して勝利したといえると思う。

 そして、文庫版において書き下ろされた『負の方程式』
 ここでも描かれるのは、偽証の事件。
 あえてこれを書きおろして文庫に収録した理由は、言葉にせずとも読み終われば理解できるだろう。現実に立ち向かうために、どうしても事実よりも虚実の方が効果的なことがある。しかし、虚実を用いた時点で、それは正しくはないのだ。
 正しさを追うことは何よりも難しく、結果を残せないこともある。しかし、偽証では、例え結果を得られたとしても自分に誇ることは出来ない。

 人生は長く、その中には真実や正直がバカを見るような欺瞞がいくつも転がっている。そんな現実の中、欺瞞に立ち向かうという真っ直ぐすぎる小説は、とにかく気持ちのいい作品だったと思う。



 そんな感じで、とにかくよいエンターテイメントを見せてもらったなと思いました。



 あと、ネタバレ有りの感想も書きたいので、続きから。








続きを読む
スポンサーサイト
【映】アムリタ 野崎まど 感想


 あけましておめでとうございます!

 今年もよろしくお願いします!!


 さてさて。現在実家に帰っているわたくしですが、地元の本屋に行き前から読んでみたかった本を買って読むという、まあいつもと変わらん生活を送っております。




 というわけで新年一発目の本の感想





[映]アムリタ (メディアワークス文庫 の 1-1)[映]アムリタ (メディアワークス文庫 の 1-1)
(2009/12/16)
野崎 まど

商品詳細を見る




 私の事を愛してますか?




 以前からツイッターやらネット上で名前だけは聞いていた野崎まどさんの作品。聞いてみる感じは初期の西尾維新に似ているという話を聞いていたので、気になってはいたので、この機会に買ってみることに。

 とりあえず感想としては、表面のキャラクター造形は確かに西尾維新以降のライトノベルらしい、ライトなキャラだけれども、根底にあるギミックはミステリやサスペンス作品のそれであり、それをうまく親和させているという感じ。毒が薄い乙一って感じかな。ただ、読了後にあるうすら寒い感覚と、奇妙に清々しい読後感が何とも言えない。うん、何を言っているのかわからないな。

 内容を語ろうとしたら結局ネタバレしてしまいそうになるという感じの作品なので、これ以降はネタバレありで。













 映画製作と言うネタを使って、一人の天才の狂気を描いた作品。

 本作で出てくる最原最早というキャラクターは、天才であるということは能力としてでしか表現されておらず、はっきり言ってキャラクター性自体はよくある不思議ちゃんな感じだったのですが、それが一つの真相が明かされることで一変。孤独を覚える才人が、初めての恋人をよみがえらせるために狂気に走った、という風に描かれる。それを主人公が命を懸けることによって救い、物語はハッピーエンド


 のはずだった。


 そのあとに明かされる、犯行は物語開始前に行われていたという事実。
 終盤に感じた、最原の悲哀、孤独、そして年相応の少女らしさをすべて破壊して、ただひたすら、一人の人間の狂気に染め上げる。この見事さ。
 天才ゆえの価値観の違いを、一冊の小説でしっかりと描いていたという意味で、見事だと思います。


 しかし、その中でもところどころで、最原が何かを得ようともがいているような節も感じます。
 そもそもが、二見遭一という視点で見たら、確かに最後のネタ晴らしは絶望でしかないし、凶器でしかない。最原はただのキチガイで、そんな彼女に『自分』であった存在は殺され、いいようにもてあそばれたと。
 だが、冷静に考えると、最原はなぜ、『定本』の人格を再現しようとしたのか。
 そして、再現した『定本』を誘って映画を撮ろうとしたのはなぜか。
 それは本当に、ただ最後に二見の絶望を見たかっただけなのだろうか。

 人として本当に欲しいものを得られない彼女という存在の悲哀を考えると、また最後のもの悲しさが増してくるように思います。




 それにしても、最原みたいなキャラは結構好みだからよかった。こういう泰然とした目的のために手段を選ばん子が、そのために自分の感情すらも利用したり偽ったりするのはすごい好き。

 でもまあ、キャラ的には画素さんの可愛さは異常。こっちをずっと追い求めていればこんなことには……いや、物語開始時点でダメなんだからどっちにしろバッドか……。



話題の半沢

オレたちバブル入行組 (文春文庫)オレたちバブル入行組 (文春文庫)
(2007/12/06)
池井戸 潤

商品詳細を見る




オレたち花のバブル組 (文春文庫)オレたち花のバブル組 (文春文庫)
(2010/12/03)
池井戸 潤

商品詳細を見る




 「夢を見続けるってのは、実は途轍もなく難しいことなんだよ。その難しさを知っている者だけが、夢を見続けることができる。そういうことなんじゃないのか」





 話題の半沢直樹!

 どうせなら原作読もうということで読みましたが、いやもう夢中で読みましたよ。こんな面白いものがあったなんて!

 内容的には、汚職上司の姦計に立ち向かう、撥ねっ返りの中間管理職という、もうこれで燃えない方が可笑しいだろうっていうようなお話し。「部下の手柄は上司の手柄、上司の失敗は部下の失敗」なんていう言葉も出てくるくらいの中で、追い詰められた主人公、半沢直樹が一人戦う。

 上司の叱責や威圧にイライラし、それを見事言いくるめる半沢の意志の強さは、今働いているすべての人にとって、爽快なものじゃないかなと思う。普段はちゃんと敬意を持った言葉づかいをしているが、ひとたび相手がそれに値しないとわかるや否や、はっきりとした口調で言いたてるさまはほんと気持ちがいい。っていうかできねぇよそれ。それやったら普通社会人生命終わるってww

 あと、1巻目の最後の仕掛けがうまかった。半沢の反骨精神をうまいこと表した感じで、自分としてはかなり好み。



 2巻は、最初は少し話が大きくなりすぎていてとっ散らかっている印象だったが、1巻で端役だった近藤が活躍する様子はやはり胸がすく。インテリぶってるバカ社長を言い詰めるところのなんと爽快なことか。
 そして1巻ではなかった、旧Sと旧Tの派閥争いなど、より一層、大企業の政治的な争いに巻き込まれる現場の苦悩が、どんどんページをめくらせる。半沢が相手にするのは個人ではなく組織である、というのも強調されていて、そこで一人自分の意志を通そうとする彼のかっこよさがまぶしくすらあった。

 最後は勝負には勝ったのだが、結局出向という結果になってしまって、ラストの半沢の言いようのない憤りと、同時にあきらめが感じられて読後感が何とも言えない。続きがあるので、ぜひともすぐにそちらを読みたい。


 そんな感じで、ドラマも見たいと思う作品でした。



問題児シリーズ8巻感想



問題児たちが異世界から来るそうですよ? 暴虐の三頭龍 オリジナルアニメ ブルーレイ同梱版 (角川スニーカー文庫)問題児たちが異世界から来るそうですよ? 暴虐の三頭龍 オリジナルアニメ ブルーレイ同梱版 (角川スニーカー文庫)
(2013/07/21)
竜ノ湖 太郎

商品詳細を見る





 『踏み越えよ――――我が屍の上こそ正義である………!!!!』








 問題児シリーズの新刊が熱すぎたので。


 見よ、この表紙と内容の落差を! いやまあ短編も入っているからリリ表紙自体は間違っていないのかもしれないけれど、前半の本編の熱さは異常すぎる。今一番盛り上がっているシリーズだと思いますわ。

 今回は、オリジナルアニメブルーレイ同梱版発売ということで、短編集だったらしいんですが、そこに無理やり長編をねじ込んだ結果がこうなったのだと思うと、ちょっとだけ残念。短編も面白かったし、本編にも関係する内容だったから必要だったとは思うんだけど、でもやっぱりあの続き見てェよ。めっちゃすごい引きじゃないか。冬まで待てないよコンチクショウ。


 復活した絶対悪・アジ=ダカーハ。
 満身創痍の状態で立ち向かう十六夜と、ばらばらになっていく仲間たち。前巻のラストですら、これ以上悪くなるとは思えないくらいだったのに、さらにひどくなっていく状況に、ページをめくるてが止まらない。

 何より今回一番燃えたのが、アジさんの最後のセリフ。善と悪で成り立つ宗教の、悪をつかさどる者が語る、自身の存在意義。こんなものを言われたら、燃えないわけがない!! 目的のために悪を成すのではなく、目的となるために悪を為す。敵として、これ以上かっこいいのはなかなかいないわ。
 今回はしょっぱなから十六夜が死にかけているけど、ガチで倒すために全力で光の柱をぶっ放したあたりの盛り上がりは半端なかった。そしてそれでも、相殺するのが精いっぱいという力の差。ほんと、三桁っていうのはとんでもないな……。

 そして、個人的にすっごい切なかったのが、耀の気持ち。十六夜に頼ってもらうことができない自分をふがいなく思って、その悔しさを全力でぶつけていくもどかしさが本当に痛々しい。本当は、「一緒に戦ってくれ」と言ってほしかった。でも、十六夜はそういわずに、ただ逃げろと言った。対等な立場に立ちたいのに、それができない実力差に歯噛みする様子が、独白の中から痛いほど伝わってくる。
 ふがいない自分を責めながらの全力は、自身を傷つけてでも敵を倒す覚悟。その代償として支払ったのが、ギフトの消失というのがまた残酷すぎる。以前語られていた、生命の目録を使用し続けた時の代償として仮説されていた、化物になるというのがまだマシだったと思えるだけの現実。今の耀にとって、力を失うことがどれだけつらいか……。

 十六夜はもう死んでないのが不思議なくらいだし、黒ウサギは相変わらず力を失っているし、耀も力を失った。唯一、飛鳥だけはパワーアップして善戦しているけど、でもすでに状況は彼女ひとりで何とかなる範囲を超えてしまっている。ほんと、ここからいったいどうなるのか。

 この状況で何とかなるとすると、原典候補者って言われている十六夜の能力の存在くらいかな。一応前振りで金糸雀の話を挿入したりしてきているから、なんかあると思うんだけど。『ラストフューチャー・オブ・エンブリオ』って名前を金糸雀が言ってたけど、『ラストエンブリオ』が『人類最終試練』って書かれていたから、それに関係するのかね。『未来に続く種』とか、適当に意訳してみたり。
 あと、『疑似創星図』って名称は、今回が初出だっけ? 前の巻にもあったかもしれないけど、アジ=ダカーハが使ったときに、「アヴェスター起動」って風に言ってたから、自分の中にある概念やら信仰やらを具現化させるって感じなのかな。このシリーズのギフト、恩恵って、高位の存在からもらったものか、世界に影響するまたはされて得たもの、の二つだったと思うんだけど、この場合アジ=ダカーハのはゾロアスター教の影響はあるんじゃないかな。
 ほんと十六夜の光の柱の正体が気になるなぁ。逆に考えると、一つの宗教を相手に、ギリギリ相殺できるレベルの恩恵ってことなんだから。


 まあいろいろ要素だけ散漫していて、イマイチまとまりがついていない状態だから、早く次が出て一気に伏線回収してくれることを望む! 次こそは話が大きく動くらしいしな!



 それはそうと、せっかくブルーレイ同梱版を買ったというのに、わたくしBD再生機を持っていないので見れないのである。……誰か、ブルーレイ再生機を貸してくれ……。



 アニメの二期ないかなぁ。やってほしいなぁ。動く金糸雀見たいなぁ。ってか今回の巻の金糸雀が可愛すぎて困るんだけど。あとやっぱり『十三番目の太陽を撃て』を映像で見たい。BD同梱版めっちゃ売れて二期やってくれないかなぁ……。









土橋作品新境地




 研修所から更新。





OP-TICKET GAME (電撃文庫)OP-TICKET GAME (電撃文庫)
(2013/04/10)
土橋真二郎

商品詳細を見る





 どばしがくるった






 最近『生贄のジレンマ』の映像化も決まった、極限心理戦ゲームのマスターである土橋真二郎が電撃で新作を出してきました。

 その名も、『OP-TICKET GAME』

 土橋である。あの土橋である。デビュー作からここまで、ただひたすらにデスゲームや人間不信ゲームを描き続けてきたあの土橋作品が普通なわけがない。
 植田イラストの土橋は外れなどという不名誉な事すらも言われているこのコンビが、このたびまさかの大穴を掘ってきた。


 おっぱいチケット――
 それは、夢をかなえるチケット――


 好きな女の子のおっぱいを揉むためだけに、男たちは互いのプライドをかなぐり捨て、どす黒い感情を隠そうともせずに争いを始める。

 ネタだけを見るならば、ただの萌えエロコメにも見えるだろう。しかしそこは土橋作品である。かの人間不信ゲームを連発してきた、極限状態を描くのに定評がある彼がそのネタを書けばどうなるか。


 ――それこそ、セルフパロに近い、シュールギャグと化すのだった。







 と、いうわけで。


 おもっくそ面白かったんで、研修所にいながらブログを更新することとにしたのである。

 もうこれ土橋さんの新境地だろ……。やばいわ、この人の胸をえぐられるような心理描写で、馬鹿ネタやられたら腹筋がやばいわ。単発だからこそ輝くこのあほネタ。ぜひ一読してもらい。


 ああ、しかし、このあほネタをここまでまじめに描けるとは。結構真面目にこういう技術にあこがれる。






 それはそうと、個人的には幼馴染のまどかがめちゃくちゃツボだったんだけど、この子のOPもませてくんないかな?





プロフィール

西織

Author:西織
この欄を編集するのを完全に忘れていた男。今年の四月に新社会人という名の社畜人生に一歩を踏み出した。



性別:男
年齢:22歳
血液型:A型
趣味:読書&執筆
将来の夢:作家(前途多難)

本の感想などを見たい人は、こちらをどうぞ
『空っぽの知識(読書日記)』
http://emptyreader.blog81.fc2.com/

自作小説専門のブログ作りました。
『空っぽの知識(自作小説)』
http://emptynovel.blog83.fc2.com/

同じFC2ブログを三つも作ったことにより、他のブローカーに訪問者履歴的な意味で迷惑が……あの、本当に申し訳ございません。


何か連絡があれば、こちらにお願いします。
alred_marchen☆hotmail.co.jp
(☆を@に変えてください)



フリーエリア



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



FC2カウンター



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。