空っぽの知識
 かたよりまくった読書くんの日記
『レインツリーの国』の感想
レインツリーの国 レインツリーの国
有川 浩 (2006/09/28)
新潮社

この商品の詳細を見る




 なんだかんだで初めてになるのですが、本の紹介を。

 紹介するのはこの本。有川浩の『レインツリーの国』

 同作家の作品、『図書館内乱』という本があるのですが、その中に『レインツリーの国』という架空の本が出てきていて、本書はその実物という形です。

 で、この有川浩って作家、本当にすごいんですよ。今まで出版されている分は一応全部読んだんですけど、僕的には一作もはずれがないんですよ。
 文章も綺麗だし、登場人物はいちいちキャラ立ちしているし。何より、リアルなんですよね。この人は大抵自衛隊を中心に置いたSFを書いているのですが、それにしては妙にリアル……。現実にはありえないようなことが起こるというのに、不思議と不自然さを感じさせないのです。


 で、そんな作家の初めてのSFでない話。自衛隊も透明な未確認飛行物体も巨大なザリガニも身体が塩になる病気も図書館に軍隊があるような世界もないのですが、それでもとても面白いです。

 何が面白いか? それは、やっぱり話にリアリティがあるからです。


 レインツリーの国は、ある社会人の男性と、ある障害を持った女性の恋愛物語です。恋愛、というのは、それだけで十分一つの物語が出来ます。ひとそれぞれ、千差万別。様々な物語が生まれる。この本は、少しだけ特殊だけど、その恋愛物語の一つに過ぎないのです。


 だけど、この本は恋愛一本の作品で今まで読んだ中でトップクラスに入る面白さでした。主人公たちがぶち当たる現実的な問題が、とにかく胸をえぐるえぐる。二人が喧嘩するシーンとか、あまりにもリアル過ぎて目をそらしたくなるほど苦しい。ラノベ畑からやってきた作家でここまでのリアルさを出せる人はどれくらいいるだろうか。

 と、ちょっと大げさな表現かもしれませんが、そう思うくらいにすごかったのです。






 きっかけは、昔読んだ忘れられない本。
 その本に他の人はどんな感想を抱いたかを知りたくて、伸行はインターネットで本の名前を検索にかける。
 その中でヒットした一つのサイトが、『レインツリーの国』。
 そこの管理人であるひとみは、伸行と同じような感想を抱きつつ、少し違った考え方をしていた。
 伸行はその感想に興味を引かれ、衝動のおもむくままにブログに表示してあったメールアドレス宛にメールを送る。ひとみの感想に対して、何かしらの反応をしたかったから。
 伸行にとってはメールを送るだけで十分だった。変身を期待していたわけではない。しかし、そのないはずの返信がやってきた。

 関係が繋がったのだ。

 そこから、伸行とひとみの関係が始まる。



 きっかけは、昔読んだ一冊の本です。
 その本のラストが、二人の関係には常にあると思います。
 どうしようもない現実を前に、二人でやればなんだって出来る、などという戯言は通用しません。現実は残酷です。そのことは、たかだか17年しか生きていない僕でも分かるのですから、社会人の方なんかは嫌というほど身にしみているでしょう。
 でも、だからと言って諦めるのが正しいというわけではない。それが最善だとしても、正しいことであるは言い切れないのだ。
 いろいろと困難にぶつかりながらも、最後は一緒にいることを選んだ伸行とひとみ。二人はこれからも考え方や立場の違いから衝突を繰り返したり、苦しんだりするだろう。でも、一緒にいたいと二人で決めたのだから、行けるところまで行こう。



 こういう結論は、人生そのものだと思います。
 何が起こるか分からない。それなのに、起こることにおびえて何もかもを諦めていてはいけない。ためしでもいいから、一歩を踏み出すことが大切なのだ。
 そういったことを再確認させてくれるような、とても胸にしみる物語でした。





 「行けるとこまで行こうや。だって二人のことやん。二人とも降りたくなったら降りたらええやん」 (by向坂伸行/レインツリーの国)


スポンサーサイト


プロフィール

西織

Author:西織
この欄を編集するのを完全に忘れていた男。今年の四月に新社会人という名の社畜人生に一歩を踏み出した。



性別:男
年齢:22歳
血液型:A型
趣味:読書&執筆
将来の夢:作家(前途多難)

本の感想などを見たい人は、こちらをどうぞ
『空っぽの知識(読書日記)』
http://emptyreader.blog81.fc2.com/

自作小説専門のブログ作りました。
『空っぽの知識(自作小説)』
http://emptynovel.blog83.fc2.com/

同じFC2ブログを三つも作ったことにより、他のブローカーに訪問者履歴的な意味で迷惑が……あの、本当に申し訳ございません。


何か連絡があれば、こちらにお願いします。
alred_marchen☆hotmail.co.jp
(☆を@に変えてください)



フリーエリア



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



FC2カウンター



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する