空っぽの知識
 かたよりまくった読書くんの日記
お久しぶりの読書日記

 今日は学校が入試のためにお休みだったために少しばかり時間があります。


 というわけで、久しぶりになりますが、気晴らしにちょっと昔の読んだものも含めて本の感想をしましょう。



○『砂漠』 著/伊坂幸太郎
砂漠(Jノベル・コレクション) (Jノベル・コレクション)砂漠(Jノベル・コレクション) (Jノベル・コレクション)
(2008/08/01)
伊坂 幸太郎

商品詳細を見る



 図書館で借りて読んだものです。
 結構昔に読んだんですが、すっかり忘れていまして。ただ、かなり面白かったです。

 本当、伊坂幸太郎さんは地味な文章で盛り上げてくれるから好きです。際立ってひきつけられるわけじゃないけれど、じわりじわりと心をつかまれていくような感じが快感を覚えます。
 とりあえず、最終章の冬での地味なミスリードが最高ですね。おかげで春から秋までの話でなんか引っかかっていたのがスッと抜けました。そういうさりげないところがまた魅力です。

 内容は、主人公の北村が大学に入学して、そこで麻雀が縁で出会った鳥居、南、東堂、西嶋の四人と共に大学生活を過ごしていくという話。
 もうこの地味な面白さは読んでもらわないと判らないと思いますが、一度つかまれたらぐいぐいと引き込まれます。大学生活の疑似体験。学生の気楽さを味わいたければ絶好の一冊です。

 しかし、「このリア充が!」と言いたくなることもまた事実ですがwww


 まあ、最後に。僕はこの小説を読んで大学に受かる気がしました、なんてことはまるでない。





○『とらドラ! スピンオフ2』 著/竹宮ゆゆこ
とらドラ・スピンオフ〈2!〉虎、肥ゆる秋 (電撃文庫)とらドラ・スピンオフ〈2!〉虎、肥ゆる秋 (電撃文庫)
(2009/01/07)
竹宮 ゆゆこ

商品詳細を見る



 今月買いました。
 短編集。おかげで分割してゆっくりじっくり空いた時間を見つけては味わうことが出来ました。
 では、それぞれの感想を。

・『虎、肥ゆる秋』
 とりあず、文化祭までの間にそんな死闘があったとは……

 スポーツジムの描写がかなり濃かったのは、やっぱり作者も通ってるからなのかな。……まあ、彼女も三十路ですし。
 最後に木刀片手に笑っている大河が想像できて怖かったです。


・『春になったら群馬に行こう!』
 2-Cのお調子者、馬鹿の春田の話。

 正直、これが読んで一番驚きました。
 というのも、『馬鹿』というのを本当に上手に描写されているからです。

 そもそも、『馬鹿』というキャラクターは書きやすいですが、主人公にすると逆にものすごく書きにくくなるんです。思考回路というのが表現しづらいので、下手をすると「こいつって実は馬鹿じゃないんじゃない?」となってしまうので。
 でも、ここで春田の心理描写がかなりありましたが、すごく自然でした。ちょっと足りない考えだけど、それでも一生懸命考えて生きているというのがよく分かりました。そういうところも含めて、これはすごかったなぁと思います。

 内容としても、九巻のあの謎が解けてにやりです。あー、こういう経緯があってあんな年上の彼女を……。っていうか、九巻で竜児が「川に落ちた彼女を救うくらいのことがないとry」とか言っていますが、大当たりです。確認してみて続けてにやりでした。

 全体的に文句はなかったですが、ひとつだけ言うとすると、ちょっと文章の粗が目立ったくらいかなぁ。もしかしたらわざとかもしれないけれど。


・『THE END OF なつやすみ』
 一言だけ。

 大河のぱっつんはやばい。あのイラストだけでおなか一杯です。


・『秋がきたから畑に行こう!』
 ずっと気になっていた高須農場について。あれ、暗黙のうちのに園芸部の許可取ってやがる……

 実乃梨を芋ほりに誘えてわくわくしている竜児がマジで可愛いです。なんつーか、男心だよなー。(そしてそれが流れそうになって落ち込むところも)

 最後の落ちは、まあなんです。お約束ですね。


・『先生のお気に入り』
 書き下ろし。独身話ということで期待は大です。

 単刀直入に言うと、期待にこたえてはくれました。うーん、なまなましいとまでは行かないけれど、現実の痛さがしみるな……
 っていうか、本当に可哀相過ぎる。踏んだり蹴ったりの独身。恋ヶ窪先生の苦悩が最後まで報われなかったのが余計に哀愁を誘います。
 でも、付き合っていた彼氏に都合のいいように扱われても四年も関係が続いてしまっていたところなんか、本当にリアルだよなぁ。もう少しそこに焦点を当てて突っ込んでくれても面白かったかもと思ったりします。
 逢坂君(仮)については、もう何といいましょう。もし彼がギャルゲの主人公だったらあの段階で助けてもらえたのでしょうが、かわいそうに引きこもりの状態では主人公にはなれないんだぜ逢坂君(仮)。とりあえず「甘えんな」というのが一番あう状況。(まあ、その後ちゃんと登校して見事ギャルゲ主人公ルートをたどったようですが)

 しかし、どうせならもう少しページ割いて描写も注意してくれたらもっと面白くなっただろうな、とは思わないでもないです。少なくとも描写に関しては推敲が足りないのか、はたまたラノベ的にしようと思いすぎたのか不足が多いようにも感じましたし。
 まあ、スケジュール的にかなり大変だったんだろうとは思いますけどね。うーん、とりあえず十巻は三月らしいですが、そっちはしっかりやって欲しいなぁ。





 むむ、予想外に時間が経ってしまった(四十分)
 本当はあと一つやりたかったんですけど、時間がないのであきらめます。日曜日あたり時間あるだろうし、そのときにやろうかなぁ。
 では、きょうはこのへんで。


スポンサーサイト
『火炎鳥の涙』 エピローグ


 エピローグ

 ……やっと終わった。
 正直アップするだけでも意外と時間かかるなぁと思った今日この頃。『死に損ないのタイガー』のときも同じだった出すけどね。

 まあ、センター試験前ということである意味丁度よかったです。だってこれの更新だったら、最短十分ですむもん。(もちろん最長は主に見直しなどの所為で一時間くらいかかったんですが)

 反省なんかはいろいろあるんですが、もうここではいいかな。とりあえず、一人でも多くの人に読んでもらえたらうれしいです。あと、出来たら感想なんかください。今後の糧になったり、すごく助かります。






続きを読む
『火炎鳥の涙』 第六章


 第六章。

 事後処理です。マーカスVSローアン。……なんてーか、完全にメインが移っちゃってますが、これやらないと話のしまりがないので。
 個人的に物語というのはメインキャラクターには全てに物語があると考えるたちなので、主人公ってのが一定しないんですよね。一応この話の主人公はカールスとハワードですが、マーカスとマグヌス、ローアンの三人にもちゃんとした戦いがある。そんなわけで、この章があります。


 そんなわけで、この後は次のエピローグで最後です。





続きを読む
『火炎鳥の涙』 第五章+

 第五章。いよいよ大詰めです。

 短いのでいっぺんに。というより、プラスαまでありますからね。今までで一番短いくせに。


 とりあえず、叙述とまでは言いませんが頑張りました。途中で気づいた人も多いかもしれませんが、描写の幅という意味ではかなり辛かった……。だから最後に解禁してからはすごく書きやすかったです。(わけが分からないと思うので早く読んで!)


 このラストシーンは、何年もの間何度も反復したものだったので、とりあえず自分的には納得のいくものが出来たと思うのですが、どうでしょうか?

 ま、そんなこんなで。あとは六章で事後処理をやって、エピローグで終了です。あと二回!






続きを読む
『火炎鳥の涙』 第四章


 第四章。

 本当は分割するつもりだったんですけど、うまく半分に割れなかったので分割なしで。おかげですごいボリュームになっています。

 前半は、マグヌスの成長とカールスの追い詰められる最後のきっかけを。後半は、世界観説明にも似たハワードとマーカスの会話。(とりあえず昨日言っていた言語に関してはこれで全て)




 ちなみに、ここからはすごくどうでもいい話なのですが、ハワードがぼやいていた《ファンタジスタ》というのは、前にアップしていた『死に損ないのタイガー』の如月流霞のことです。彼女が雨苗と戦うときに使った魔法が、『ファントムガッシュ』の元。
 一応世界観は繋がっていて、『タイガー』の話の八年後の設定です。本当はその間にいろいろとあるんですけど、ちゃんと書きたいなぁ。(渚の次の話で言及してるんだけどそれも途中なんですよね)







続きを読む
『火炎鳥の涙』 第三章Bパート


 第三章Bパート。あと、リープスとルチアの会話の間章。

 もうマーカスの話です。あと、やっとローアンがまともに行動を始めました。


 一つだけ言っておくことがあるとすると、この話の舞台で使われているのは大体アラビア語という設定で、リープスだけはアラビア語が分からないので全部英語で喋っていることになります。そのため、実を言うと二章でリープスが『芭蕉扇』について解説をしているところも、マグヌスにとっては「何か言ってるなー」程度で、内容は理解できていなかったり。
 ローアンとマーカスは二人きりのときだけは英語。他に人がいる場合はそのときそのときで英語とアラビア語を使い分けているという感じです。

 ハワードとカールスについては別に設定があるので、それは四章で。


 では、続きからどうぞ(ぎりぎり日付が変わる前に更新できた……)





続きを読む
『火炎鳥の涙』 第三章Aパート


 ……日付が、変わった。

 まあ、仕方ないので更新だけして終わります。


 第三章Aパートです。
 ハワードの立ち位置が変わるのが一番です。あとはマーカスとマグヌスの関係を少し浮き出るのが分かってもらえればいいな……。







続きを読む
『火炎鳥の涙』 第二章Bパート
 ……更新するだけで精一杯。

 二章Bパート。しかし、あんまり言うことないな……。


 とりあえず、今日はとっとと寝ます。








続きを読む
『火炎鳥の涙』 第二章Aパート


 ホントは雑記の更新にしようと思ったけど、時間が時間なので小説の続きアップで。


 第二章目突入。
 微妙に一章のときより短かったけど、分けないと長いので分割。

 ……しかし、我ながらあっさりしちゃったなこの展開と思わないでもない。

 ぐだぐだ語っても意味がないのでこの辺で。


 ※ちなみに、爆竹とかはつかったことないけどyoutubeで見た動画と検索して得た知識で書きました。うん。いろいろ間違ってたらすみません。







続きを読む
『火炎鳥の涙』 第一章Bパート


 さて、第一章Bパート。

 どうでもいいですけど、一応この第一章の章題は『ハワードとカールス』のはずなのに、後半はほとんど二人の出番がない……。章題考え直すべきか。

 とりあえず第一章は序章のようなもので、二章から本格的に話が動きます。


 では、『続きから』どうぞ~。







続きを読む
『火炎鳥の涙』 第一章 Aパート

 更新する余裕がないので以前から言っていた小説アーップ。


 ジャンルは異能バトルもの。前回アップした長編『死に損ないのタイガー』と世界観は同じです。(まあ、ほとんど関係しませんが)


 ただ、書いた後に「なんでもっとうまくかけないんだorz」と落ち込んだりもしています。結構切り詰めて書いていったのに枚数はかさばってるし、それにしては描写不足は多いし。受験終わったらその辺の推敲もやるつもりですけど。

 ちなみに、原型は小学生の頃に考えたものです。足掛け六年。やっとここまで来た! そして、ここがスタートラインだ! 待ってろよ、受験終わったらもっと他のジャンルも書きまくってやる!



 というわけで、まったく関係ない話からスタート。続きからどうぞ

 『火炎鳥の涙』 第一章 Aパート







続きを読む


プロフィール

西織

Author:西織
この欄を編集するのを完全に忘れていた男。今年の四月に新社会人という名の社畜人生に一歩を踏み出した。



性別:男
年齢:22歳
血液型:A型
趣味:読書&執筆
将来の夢:作家(前途多難)

本の感想などを見たい人は、こちらをどうぞ
『空っぽの知識(読書日記)』
http://emptyreader.blog81.fc2.com/

自作小説専門のブログ作りました。
『空っぽの知識(自作小説)』
http://emptynovel.blog83.fc2.com/

同じFC2ブログを三つも作ったことにより、他のブローカーに訪問者履歴的な意味で迷惑が……あの、本当に申し訳ございません。


何か連絡があれば、こちらにお願いします。
alred_marchen☆hotmail.co.jp
(☆を@に変えてください)



フリーエリア



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



FC2カウンター



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する