空っぽの知識
 かたよりまくった読書くんの日記
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

刀語の六話はロリショタ熟と盛りだくさん








 さあ、今月今宵もカタートの時間がやってまいりましたよ!!



 って、五話放送から二週間も経ってなくね!? とかなんとか思って冷静に考えたら、おそらく刀語の時系列に限りなく近くしているんじゃないだろうかと言う結論が出た。四月→五月が長かったのは七花の日本一になってからの道のり、五月→六月が短かったのは蝦夷についてからの日数がそれほど経っていないから。とかなんとか。




 ま、そんなわけで、六話ですよ六話。




 えっと。とりあえず感想書く前に謝ることがあるんですが・・……






 ……「草が」は六月じゃなくて七月だったよ……orz










 はい。そんなわけでわけのわからない人はスルーしてください。今月の感想やりますよー。


 もう、今月はあれでしょう。








 こなぁあああああああああああああああゆきぃいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいい!!






 やっべえめっさかわええ! もふもふしてぇ! 一家に一台置きてぇ! ほっぺたぷにぷにしてぇ! そんくらいかわぇええww


 く、くそ。破壊力がやばすぎたぜ……。この幼女、侮れぬ。子供らしい無邪気さがやばいくらいまぶしい。




 ま、それはいいとして、途中に挟まれた、壊滅した里で涙するシーンとかすごくよかったなぁ。あそこでぐっと一回こらえた後にこらえきれずに泣きだすこなゆきが……。あの壊滅の理由知っている身としてはもはや苦笑いしか起こらないわけですが、アニメのみの人たちを見ているとにやにやが止まりませんぜ。

 
 七花VSこなゆきのシーンもなかなか良かったです。七花がほんろうされている様子がなかなか新鮮。そして、狂犬戦になったときによくわかる。ま、要するに、七花は、要するに相手の出方次第で戦い方を変える剣士だから、こなゆきのように基礎値が馬鹿みたいに高くて戦闘における型のない人間が苦手なわけですね。

 しっかし、そうやってみると狂犬がマジで可哀そうなんだよな……。こなゆきに対しては多分不意打ちで負けたんだろうし。もう登場した瞬間に負けているの見て爆笑してしまいましたよww(おい)
 そういえば、原作の時も思ったんですが、そのとき初めて双刀を持ったはずの狂犬が、とっさにあんな必殺技のネーミングを思いつくところとか、ちょっとすごいですよね……。どんだけネーミングセンスいいんやねん。



 そう、まにわにと言えば、今月とうとう全員揃いましたね! もはやこの全員集合で言えることはただ一つ。ペンギン可愛い! ペンちゃん素敵! ペンギン愛してる! 人鳥のショタッ気に萌え死ぬわ。今月は二人も幼児キャラがでてもう気が来るっとるとしか思えんぜよ。

 と、また変なことを言っていました。本題へ。川獺カワイソス(ショボーン)になったわけですが、いや、もうこれは仕方ないだろうと原作でも思いました。ただ原作では川獺はなんか出てきてなんか死んだ感がありましたが、アニメだと台詞を声付きで見れたからか、妙な感じにキャラが立った気がします。うん、本当にカワイソス。


 あとはー。あれだな。冒頭の、姫様にひたすらののしられることに快感を覚えるドM従者だな。もうあのソーダ、マジで否定姫に罵られることに快感覚えているだろ。
 それと、忘れていたけど最終回予行演習。さあ、原作ではコピペとなってしまったこれをアニメでちゃんと再現してくれるだろうか……。


 そういえば、前回疑問に思っていた七花の隠し事についてもちゃんと回収しましたねー。ま、妥当なところかなぁとはおもいますが。しかし、こうしてみると、とがめはところどころで素に戻るのが分かるから怖い。素っつっても、いくつもあるからなーこの女。





 うん、今月はこんなところかな。

 なんかまとまりない感想になったなー。ま、別にいいけど。




 さて! 来月のカタートは!?

 ついに登場! 鬼畜悪鬼のお姉さま、鑢七実の再登場です!

 予告のあのキャラデザをみて無茶苦茶テンションが上がった件について。うは、やべぇ、草が、草がww
 個人的に原作で一番好きな話なので、もう楽しみで楽しみでしかたない。あー、早く七月が来ないかな!!




スポンサーサイト
堀宮おもろいよ





 ここ最近ツイッターで無茶苦茶つぶやいていますが、今『読解アヘン』さんの『堀さんと宮村くん』っていうウェブ漫画にハマっています。


 この作品自体は結構昔に知ってて、かなり好きだったんですが、先日相互リンクしている『黒猫の日々』さんで紹介されてて、ひさしぶりに読んでみたら見事に再熱しました。途中は書籍化されている分をレンタルで借りてきて読んだり、もうすさまじいことになっています。



 一年くらい見てなかったから記憶があいまいなところもあったり、また新しい話もあったりしてもうやめられない感じになっています。うーん、昔読んでた時も結構ハマったけど、ここまで熱中はしてなかったような……。

 何が面白いって、もう自分のツボに来る話が多いってのが……。それでいて、ときどきすげーダークな話持ってくるところとかもツボったり。石川と吉川のダーク話に胸えぐられそうになったのはいいトラウマ。あと、進藤と宮村の関係とか大好き。進藤の「宮村のところに行くのは俺の方だ!」は名言だと思う。






 うん、知らない人がいたらぜひ一度読んでみてください。高校生たちの日常(?)をテーマにしたラブコメです(たまにシリアス。トラウマもののシリアス)



 そして、自分はそろそろ二周目に突入しそう。もういっそ書籍版買おうかしらん。でもあれ千円近くするんだよな……(と言いつつそのうち買うんだぜこの男は)








 よし。もうネタもないし、今日はこの辺で。

 バイト行くまでの間堀宮読もう。





プロフィール

西織

Author:西織
この欄を編集するのを完全に忘れていた男。今年の四月に新社会人という名の社畜人生に一歩を踏み出した。



性別:男
年齢:22歳
血液型:A型
趣味:読書&執筆
将来の夢:作家(前途多難)

本の感想などを見たい人は、こちらをどうぞ
『空っぽの知識(読書日記)』
http://emptyreader.blog81.fc2.com/

自作小説専門のブログ作りました。
『空っぽの知識(自作小説)』
http://emptynovel.blog83.fc2.com/

同じFC2ブログを三つも作ったことにより、他のブローカーに訪問者履歴的な意味で迷惑が……あの、本当に申し訳ございません。


何か連絡があれば、こちらにお願いします。
alred_marchen☆hotmail.co.jp
(☆を@に変えてください)



フリーエリア



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



FC2カウンター



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。