空っぽの知識
 かたよりまくった読書くんの日記
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

仮面ライダー龍騎視聴終了





 ついさっき、仮面ライダー龍騎見終わりました。





 うわぁ……。うわぁ。



 なんかもうなんて言っていいのかわかんない感じだけど、めちゃくちゃ面白かった。とくに最終話とその前の二話は、かなりのめり込んでたよ。
 特に49話は衝撃だった。『戦わなければ生き残れない』にしても、まさか最終話まで生き残れないとは思わないだろ! 真司の最期に蓮が「死ぬな木戸!」って叫ぶところでマジ泣いてしまった。やべぇ、蓮がそんなこと言うなんて。すげぇ成長したな……。他の誰でもない、蓮が言うからこそあのシーンは破壊力があるわ。
 最後まで悩みに悩んで、答えを見つけたわけじゃなくても愚直に進み続けた真司がよかった。下手に答えを与えないところがいいよなぁ。そして、そんな彼の姿に、直接的に考えを変えたわけじゃないけど、少なからず影響を受けた他のライダーたちの様子がまたいい。
 蓮はもちろんだけど、北岡の変化もすごい響いたわ。北岡はずっと好きだったけど、ライダーの戦いを諦めるって言った時が一番ぐっときた。そして、自分の運命を受け入れた後に、それでも浅倉との因縁だけは片をつけようとするところなんかがなぁ。けれど間に合わなかったところが悲しすぎる。その遺志を尊重するように戦いに赴くゴローちゃんがまた……。

 最終的な結論としては、終始戦いのむなしさに視点を当てていたなぁと思いました。それでも戦うしかないという状況に追い込まれた人間たちのドラマ。何かを得るために戦っているはずなのに、どんどん持っているものを失っていく登場人物達が皮肉すぎると言うね。


 しかし、正直納得がいかないのが、元凶である神崎兄妹だよ。最後まであいつらに感情移入できなかったからな……。どうも優衣に対してヒロインとしての魅力が感じなかったし、神崎士郎はむかつくうざいだけの奴だし。ってか、神崎士郎さえいなければこんなことには……。こいつらのために一体何人の人間が人生狂わされたと思ってんだ。
 そもそも、神崎の計画の全容がはっきりと明かされていないから想像するしかないけど、まず優衣にライダーが近付くのを止めりゃよかったんじゃねぇのか? 関わるなっつーんなら関わらせるような状況に置くなよ! 事あるごとにめっさ不審なことしているから優衣に感づかれることになったわけだし。
 とまあ、特定の登場人物にイラついているということはそれだけ作品の虜になっているということですが。


 あとはまあ、後半に登場するライダーは全員余計なことしかしねぇなって奴ばっかだったな。タイガとかインペラーとか。結局戦局をひっかきまわした揚句にほぼ自滅だし。

 ってか、東條のキャラは子供向け番組に出していいキャラなのか!? そもそも複雑な話なのにこんなわけのわからん精神構造したキャラ、子供が理解できるものなのか……? まあ、浅倉というやばいキャラが先にいるから心配するだけ無駄と言う感じではあるけど。
 ただ、そういう心配を除いて考えると東條みたいなキャラクターは敵としてかなりいいキャラだとは思いますがね。手段と目的を倒錯しているところとか、未熟な精神性ゆえに暴走するところとか。そんな感じでうざかった中村をプチッたところまでは良かった。ただ、香川先生をやったのは許さん絶対だ!
 香川先生はなぁ。マジカッコ良かったなぁ。神崎士郎に選択を迫られた時に、「答えはとうに決まっている」って言って変身するところは本気で感動した。戦いに赴くあの背中の孤独感。あの段階ですでに英雄だと思うわ。こんなかっこいいおっさんが仮面ライダーにいていいのか!? それと同時に神崎と東條に殺意が沸く。

 あと、マジでひっかきまわして自滅するだけだったインペラーの佐野はなぁ……。彼の最期は下手したら本気でトラウマものだろ。ミラーワールドで叫び続ける彼の演技が真に迫りすぎていただけに、これガキの時に見てたら間違いなくトラウマになっていたと思う。あのシーンが一番この作品の虚無感をあらわしていると思うわ。





 それにしても、下手なアクション映画よりも話は作り込んであるし殺陣はすごいしで、見入りました。うーん、こんなに面白いものだったとは。

 でも、冷静に数えてみると、ライダー13人出てないよね……? あれ?と思ってwiki見てみたら、TVスペシャル版に登場するライダーがいるのか? あと、劇場版なんかも合わせて結末が複数あるとか。うむ、よし、早くそちらを見なければ。


 そんなわけで、面白かったです。


スポンサーサイト
劇場版グレンラガン見たよ





 劇場版グレンラガン紅蓮編&螺巌編、両方視聴終了。




 いやあ、面白かった。

 とりあえず、紅蓮編は文句なしの素晴らしさ。螺巌編の方はちょっとやりすぎの感はあるにしろ、もう細けぇことはいいんだよ的なノリで楽しめるスーパーアクションの連続。やっべぇ、震えるぜ。


 それぞれ個別に感想をやると。


 紅蓮編
 「歯ァくいしばれ!」のシーンと「おいで、ニア!」のシーンが最高だった。この二つはテレビシリーズでも好きだったから期待していた分かなりテンションあがった。それに、〆どころも、四天王を倒してシモンが吹っ切れるところで終わっていたからかなり奇麗だったと思う。
 劇場版と言うことで仲間たちとの出会いのエピソードは簡略化されていたから、そこだけはテレビシリーズで確認しなきゃいけないけど、あとはもう見どころだけ集めた上でなおかつストーリーも素晴らしいっていう最高の映画だったと思う。

 あと、ヨーコ可愛いよヨーコ。ヨーコの魅力に死ぬかと思った。何この子可愛すぎるじゃない。あと個人的にニアは短髪の方が似合うと思う。



 螺巌編
 やべぇわこれww
 何がやばいってロージェノム戦をダイジェストにしてるところがやべぇww。まあつまりはテレビシリーズと同じだからそっちで確認してねってことなんだろうけど。いやいや、できればそこはもう少し尺取ってほしかったな。けどダイジェストでもすげーかっこ良かったけど。やべぇよロージェノムマジかっけぇよ。
 そして続けてアンチスパイラル編に入るわけだけどこっちもマジでやべぇ。何がやべぇって、もう改変されたシーン全部がやべぇww。もうこういうとんでもないノリ大好きだからいいけど、ものすごいいろいろ詰め込んでいるよね。とくに多元宇宙迷宮から抜け出したあとの展開はもう笑うしかないレベル。全員天元突破とか、劇場版はっちゃけてんなぁww。まあこれくらいのノリの方が劇場版って感じがするのでいいけれど。やっぱ派手だと燃えるね! ただ、アンチスパイラルに対して次々に外装を外しながら、最後の最後でラガンで特攻するシーンだけは、テレビシリーズの方が好き。
 それと、改変でよかったのがロシウの自殺未遂のシーン。テレビシリーズのようにシモンがぶんなぐるのもいいと思うけど、『殴ってくれる人がいる』っていう展開にしたのはよかったなぁと思う。

 それにしても、短髪ニアをダイジェストでしか見れなかったのが残念である。そして宇宙でのヨーコはもう痴女みたいなかっこうになってるよね。そしてこれだけはいいたかったのだけれどダリー可愛いよダリー。テレビシリーズのころからずっと好きだぜ!






 しかし、やっぱりロージェノム戦が完全にダイジェストになったのは残念だったなぁ……。あの辺だけもう一回テレビシリーズ見返そうかな。ってか全体的にもう一回見返したいレベル。うん、ちょっとまたTSUTAYAさんにお世話になりますかww




 そんなこんなで、グレンラガンの劇場版感想でした。





プロフィール

Author:西織
この欄を編集するのを完全に忘れていた男。今年の四月に新社会人という名の社畜人生に一歩を踏み出した。



性別:男
年齢:22歳
血液型:A型
趣味:読書&執筆
将来の夢:作家(前途多難)

本の感想などを見たい人は、こちらをどうぞ
『空っぽの知識(読書日記)』
http://emptyreader.blog81.fc2.com/

自作小説専門のブログ作りました。
『空っぽの知識(自作小説)』
http://emptynovel.blog83.fc2.com/

同じFC2ブログを三つも作ったことにより、他のブローカーに訪問者履歴的な意味で迷惑が……あの、本当に申し訳ございません。


何か連絡があれば、こちらにお願いします。
alred_marchen☆hotmail.co.jp
(☆を@に変えてください)



フリーエリア



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



FC2カウンター



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。