空っぽの知識
 かたよりまくった読書くんの日記
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

仮面ライダー×仮面ライダー フォーゼ&オーズ MOVIE大戦MEGAMAX 感想






 仮面ライダーMOVIE大戦MEGAMAXを見てきました。



 自分がいける範囲の劇場での公開が昨日までだったため、それならどうせだし行ってみようと思い立ち、友人を誘って行ってみました。






 見た後の感想としては、もうとにかくすっげぇもん見たな、って感じ。


 特撮映画でこれを超えるアクションはないんじゃないかってくらい、怒涛の殺陣を見せられました。アクションシーンで涙出そうになったのは初めてだわ。それくらい、とにかくもうすさまじいもん見たと思った。

 何よりやべぇのはオーズの戦闘シーン。コンボを連続で変えながら、必殺技で敵を薙ぎ払うあのアクションは、もう考えたやつ頭おかしいだろってくらい芸術的だった。コンボを変える瞬間をうまいこと隠しているところがまたうめぇんだよ。まじで作画のいいアニメでも見てるみたいで、これ本気で特撮かって目を疑った。
 そして最後のラスボスとのロケット上での決闘がまたかっこ良すぎた。マジでなんだあれ? CG使ってんのは確かだけど、どこからどこまでがCGで、どっからが実写かマジでわかんねぇ。オーズとフォーゼの二人がコンビネーションで戦うところがホント神がかりすぎてた。いやほんと、マジですげぇもん見たわ。アクション監督の坂本監督って人だからこそって言われてるけど、とんでもねぇ人だなこの人。

 本編中での生身アクションもかなり多くて、見ていて飽きなかったしなぁ。それに、ダブルの出番も思ったより多くてよかった。主役を食わないように目立っているところがいい。主題歌流れたところはもうわくわくが天元突破だったぜ。


 内容について。
 オーズ枠
 実を言うとオーズはまだDVD二巻までしか見れていないという状況なんだけど、それでもかなり楽しめたな。まあ、ちょいちょいネタバレ食らっているからってのもあるんだけど。アンク映司が登場してポセイドンにやられてから、本物の映司が現れての猛攻は圧巻だった。あと、伊達さんってのがどうして人気があるのかよくわかったわww。うん、早いところDVD見ないとな。
 恒例の映画ライダーのアクアも、他の映画のような適当な扱いじゃなくてちゃんとキャラが立っていたし、出番もあったからかなり印象に残ったし。水上アクションはやばかったな。その前の伊達&後藤ペアのアクションですらすごいのに、そのあとの水上モーターはやばすぎる。一体どうやって撮ってんだあれ……。

 フォーゼ枠
 こちらも本編まるで視聴してないと言う。だってDVDまだ出てねぇんだもん! とりあえずネット上で食らったネタばれ程度で見たわけだけど、仮面ライダーなでしこがもっと痛々しいの想像していたから、なんか普通に出来がよくってびっくりしたと言う。
 撫子可愛いよ撫子って感じ。やべぇだろあれ。映画だけってのがすっげぇ惜しまれる。軽いノリのフォーゼだからこそ出来たシリアス話って感じでもあるのがいいよな。そして、財団Xに撫子奪われてショックを受けている弦太郎のために立ち上がる仮面ライダー部の流れに泣いた。アレはほんといいもんだ。「お前がなく時間くらいは作ってやる!」とか。もう最高すぎる。こういうノリなら、本編も早く見たいもんだぜ。
 しかし、一つ本気で「え」ってなったのが、撫子と逃げる弦太郎がさり気に撫子振り回して敵を薙ぎ払ったところ。笑ったわww

 ダブル枠
 ジョーカーの活躍に心の中でガッツポーズした。いい仕事するじゃねぇか!!
 話としてはつなぎって感じだけど、主役を退いた作品にしてはちゃんと出番を作ってもらえてよかったと思う。というか、こういう風に優遇しても臭くない程度がやっぱりいいよなぁ。電王みたいに無駄に前面に押し出す癖に活躍は微妙ってのが一番つらい。
 あと、ムービー大戦のところで翔太朗と弦太郎のかけ合いがかなりよかった。翔太朗の先輩発言とか、もう胸が熱くなるわ。こういうのがディケイドまでの平成ライダーには足りなかったんだろうなぁと思ったり。

 昭和ライダー枠
 とりあえず導入の世界中で戦うライダーたちマジでかっこ良すぎだろ。
 あの導入がこの映画の全てを物語ってる気がするわ。これから始まる事件に対する期待を一気に持ち上げてくれる感じが、ほんと素晴らしい。
 しかしまあ、敵の本拠地乗りこんでからの噛ませ展開がなぁww。うん、メダルとスイッチになってるの見て笑ったわ。
 ただ、そのあとちゃんと戦闘と必殺技まで用意されててよかった。そうだよ、こういうのが見たかったんだよ。なんでこれをオール仮面ライダーでやらなかったんだ。40アタックとかいらないんだからこういう殺陣を見せろよってめっちゃ思った。


 あとは、全体的に話がちゃんと一貫しているところもよかったなぁ。これまでのムービー大戦は、独立した事件を無理矢理一つにして共闘させた、ってのだったし。

 ってかここまで来たら、そろそろ平成ライダーの10人も活躍する映画を……。必殺技が見てぇンだよ。ファイナルベントする龍騎とか、多重クリムゾンスマッシュのファイズとか、ロイヤルストレートフラッシュのブレイドとか、クロックアップして回し蹴りのカブトとか。っていうかオール仮面ライダーでやってほしかったんだがな!! 特殊必殺とか無くてもそれだけでも十分楽しめるって!



 うん、そういう意味でも、すっげぇ満足な映画でした。やばいなー、もっかいみたいな。ちょっと遠くの劇場だけど2月の4日までやってんだよなぁ……。
 とりあえず、DVDが出たらほぼ確実に買います。出来ればディレクターズカット版を待ちたいけど、待ち切れずに買いそうだなww。






スポンサーサイト
カミカゼプレイ中






 やばい、カミカゼ☆エクスプローラー面白すぎる。



 どうも。昨日一日やり倒して、今日も夜勤から帰ってきて寝ずにカミカゼやっていた西織です。眠いの通り越して頭痛がする。けどそれでもやめらんないくらい面白かった。

 少し気を落ち着けるために、面倒くさいレポートを四時間近くかけて片づけたんだけど、それでもある程度興奮が残っている。うーん、やっぱり面白いわ。久々にわくわくしながら一気にやれる物語を手に入れてすんごい楽しい。



 とりあえずヒロイン一人だけ終了。美汐ルート。体験版やったときに死ぬほど可愛かったから狙って突っ込んだ。結果、死ぬほど可愛いなんてもんじゃなかった。おれはしんだ、まる。このお嬢様、マジで萌の凶器すぎる。
 しかし、内容がもうかなり本筋に入りこんじゃってるみたいなんだが、これメインヒロインじゃないんだぜ……? これで他のヒロインのシナリオが軽かったりしたら笑えるが、軽く人の感想を見ても結構やり応え有りそうな感じだからなぁ。

 具体的な感想はまあ全部やったあとかなぁと思うけど、とりあえずネタばれに触れない範囲で軽く書くと、みーこが可愛すぎてやばい。もうそれに尽きる。この可愛さはやってみないと分からんだろう。だから少しでも興味を持ったらすぐにでも体験版をやってみよう。美汐の魅力の三割は伝わるはずだ。体験版で十分可愛い? 安心しろ、奴はあと三回変身を残している。
 とりあえずラブラブいちゃいちゃする慶司と美汐のカップルはほんとうに爆発すればいいと思う。それくらいの激甘ないちゃいちゃっプリであった。何度悶え死ぬかと思ったか。うん、軽く死にたくなったよ。

 あと、能力ものとしての熱い展開もかなり多かった。セカンドとか、中二心くすぐられまくりだっつーの。二人の共同作業とか最高すぎだろうがチクショウ。そして場面場面でもわくわくさせてくれるような展開多かったし。海老名が江坂に喧嘩売るシーンはマジでぞくぞくしたぜ。(そのあとの航平にもなww)





 さて、まあほぼ一目ぼれで美汐ルートにつっこんだわけだけど、次は誰やろうかな―。とりあえず先輩は最後に回せって言う助言を受けたので、それに従うとして、次は琴羽かなー。オシャレマスターの恋が実ったらどんだけ悶えさせてくれることか……。
 ……しかし、他のルートに行ったらみーこどうなるんだろ。いやあまりにも展開が正妻過ぎて他のルートが怖い。ううむ。





 そんな感じで今日はここまで。寝れるかな―……。

体験版






 エロゲの体験版を二つほどやったのでちょいと感想を。





 一つ目。『はつゆきさくら』

 二月末に出る予定のゲームで、体験版の評価がなかなか良いみたいだったのでやってみました。体験版なんてひさしぶりにやるなー。ってか冷静に考えたらG線以来じゃなかろうか。

 感想としては、物語はまだまだ謎が多くてどうにもどっぷり浸れないところがあるけれど、キャラの魅力がやばいくらいありすぎてぐいぐい引っ張られると言う感じ。主人公・初雪のキャラが軽く口が悪くて素直じゃないってのがまたいいのかも。電波なヒロインにはとことん暴走させ、素直な子はとことん振り回す見たいなところがあって、キャラものとしてすごく楽しく見れた。

 オートモードで大体五時間くらいだったかな。結構かかったなぁと思ったけど、これでプロローグかよ。本編どんだけ長いんだよ。やべぇ食指がそそられるな。

 とりあえずまとめとしては。
「ぴゃごら!」
「ウィキペディア!」
「私の処女がぁ」
「おっぱいに罪はない!」

 とりあえず夜ちゃんが素晴らしくかわいかったであります。クリスマスデートをひとしきり嘆いた後に「おいしいですね、これ」って言うところの声優さんの演技が神すぎる。身もだえする。
 あと綾も個人的にドストライクだった。おかしいなー、ネタゼリフとか全くないのに、すっげぇハートいぬかれてんだけど。年上としての余裕みたいなところが初雪をうまくいなしているところが素晴らしく魅力的です。
 桜もいいキャラしてるしねー。メインヒロインらしいというかなんと言うか。代わりに、希とシロクマはちょっと行きすぎていてアレかな。悪くはないけど。むしろいいんだけど。


 うん、珍しくエロゲを発売日に買いそうな気がする。とはいえ、その前後は出費が多いしなぁ。主に交通費。とりあえず節約しながら考えないと。





 んで、『はつゆきさくら』やってあがったテンションをどうにかするために、とりあえずなんか別の体験版でもやろうと思って手を出したのが、カミカゼ☆エクスプローラー。俗に言うおっぱいエクスプローラーであります。

 とりあえず面白いらしいことは所々で聞いていたので、手を出したいなーとは思っていたんですが、これを機会に体験版をやってみるか―と思った感じ。うん、めっちゃ当たりだった。

 正直前情報としては、登場するキャラがおっぱいが大きいってことくらいしか知らなかったので、能力ものだと知って軽く驚きました。
 しかしこれが何ともわくわくさせてくれると言うか、特に慶司のメティスネームが決まるところの流れはもう鳥肌ものですよ。やっべぇテンションあがるわ。いいねぇこういうの。面白いねぇ全く。

 あと、キャラも結構いいキャラ多いしねー。まあ、ぶっちゃけ最初はキャラが登場するたびに、「胸でけぇ!」って突っ込んでばっかだったけど。でけぇよ。でかすぎだよ。風船だよ。さすがはおっぱいエクスプローラー。本来平均サイズのはずの洋子先生とかうさみんがひんぬーに見えてしまうじゃないか。特に妹! お前は他人の胸に嫉妬する資格はなぁああい!
 正直智ちゃんなんかはもう少し控え目の方がスタイル的にも似合うと思うんだけど、あの毬は動くのに邪魔なのではないだろうか……。

 それはそれとして。とりあえず美汐ちゃんが素晴らしくかわいいのであります。やだこの子本当にいい子。普段と作ったキャラのギャップがはんぱねー。あうあうしながら智によしよしされているところで軽く昇天した。なんだこの可愛い生物は。高飛車お嬢様とかもったいなすぎるだろ!
 あと琴羽もいい感じだなーと思った。こっちは精神的な距離が慶司と近いから余計に応援したくなる感じなんだけど。それにしてもキャラデザ、ミクだよなー……。
 それと、とあるサイトで見たキャプチャでの沙織先輩がめっちゃ可愛かったので、そこもかなり期待しているところ。


 うん。こいつ買うわ。本当なら今すぐにでも買いに行きたいんだけど、時間がないので週末にでも。お金は……三食塩ご飯にすれば大丈夫。




 そんなかんじであります。

 ……しかし自分は、試験期間に入っているのに何をしているんだろうな本当に。


じゃまにーずDATSUI あと規制不可





 企業の採用情報を一つ一つ見ていくだけの簡単なお仕事。おい、休日が過ぎ去ったぞ。


 どもども。西織です。





 極力就活の話はしないようにしようと思っているので、今日も今日とて趣味のお話し。


 先日友人にあったときに無理矢理押しつけられた貸してもらった、『アキバズストリップ』というゲームがおもしれぇのです。

 簡単に説明すると、吸血鬼を殺すために服を脱がすゲーム。

 何を言っているかわからないって? 僕だってわからないよ。
 いやまあ、これがいい感じに気がくるってまして、服を脱がして日光のあたる露出部位を増やすことで敵を倒して行くって言う、まあHENTAIなゲームでして。最初やる前は「いや時間ねーしめんどくせーし」とか思っていたんですが、まあ貸してもらった手前、少しくらいやらないとまずいだろと言うことで、昨夜バイトから帰ってきて二時間ほどプレイ。現在は『Let's STRIP!』状態であります。女子高生の制服を脱がすのに命をかける男。

 まあ、脱がすことそのものより、なんていうかノリがクソ面白いんですがね。とりあえず、最初に協力要請されたところで、四回も死んだのは自分だけではないと思う(いや、あの選択肢だとふざけるないと駄目じゃないですか)

 とりあえずまだ序盤も序盤なので何時放置するかわかりませんが、まあ余裕があるときにちょいちょい進めて友人に報告しますか。






 それと、エロゲの話。


 規制不可が終わりました。
 ホントALL-TiMEは面白いもん作ってくれるぜ。抜きゲなのに普通におもしれぇって思うところが普通じゃない。内容はぶっちゃけまずいので本来ならこっそりと言うべきなのに、面白いもんだから声高にお勧めしたくなる。もはや犯罪だっつーの(内容的にも普通に犯罪です)
 まあとりあえず女性の皆さまには絶対にお勧めできないわけですが、下半身で生きている男の皆さまにはぜひお薦め。ついでに官能から来る叙情があると言うことを理解できる方にもお勧め。



 とまあ前置きは置いておいて、感想をちょいと。苦手な方はスルー。





 とりあえず真っ先にクリアした桜花先生のルートでは、男性に虐げられる女性の諦観のようなものが見えたところが面白かったなぁという感じです。そもそもが先生自身、自身の人生に諦観のようなものを覚えていたからこそと言うのもあるんでしょうが、秀行に延々と付きまとわれて、彼から離れることのできないということを受け入れる辺りの感情が何とも切ないといいますか。まあなんです。ぞくぞくするね!
 しっかし初デートで浮かれていた桜花先生の可愛さはやばいよな。そしてその浮ついた幸せをぶち壊しにするところは、正直「やめてやれよ!」とプレイしながら思った。うん、雰囲気に流されていいジャマイカ。っていうか秀行の執着の強さは、これと決めたらちょっと行き過ぎだよな。

 で、続けて安良木会長。
 こっちもこっちで、付きまとってくる秀行をしまいには諦めてしまうわけですけど、一応全力であらがっているところが桜花先生と違うところかな。つっても、先生も一部では秀行のことを受け入れていないわけだけど。
 水族館での勝負とか、妊娠が分かったときの自殺未遂とか、シナリオ自体は短いけど、臭くない程度にうまく演出されているところが面白かった。自分にのみ襲ってくる不幸に苦しんでいるところがなんともそそる感じ。最後まで理性を保っているように見えるけど、やっぱりどっか壊れちゃってるようにも思う。
 そりゃそうと、カラオケデートのところでのはっちゃけっぷりが一番かわいかったっす。うーん、あのままあの先輩と結ばれたら幸せになれただろうなぁと思うし、その姿とか見てみたい気がするんだけど、そういうのは抜きゲに求めるものじゃないしなー、というジレンマ。桜花先生は自分できっかけを作ったということもあってその人生を受け入れたけど、この子の場合は完全に交通事故見たいなもんだからな。
 あと、運動部輪姦の最後の壊れっぷりも興奮した。やっぱりこういう気が強い子が壊れるのってやっぱりいいなぁと思う。エロに限った話じゃなくて、精神的に追い詰められていくっていうのが個人的に好きだと言うのもあるけど。

 んでヒロインの最後、妹ちゃん。
 最初の反発が一番強くて、最終的な受け入れ度が一番高いっていうのが意外だったなー。けど、まあ親近だったらそうなるかもなとも思う。とりあえず、諦めちゃって従順になったあたりが一番の興奮ポイントであります。ひきこもり生活での凌辱の時の諦めた声がめっちゃぞくぞくした。
 しかし、特典の後日談なんかでも思うけど、これ両親がかなり可哀そうだよなー。いや、抜きゲに言う話でもないんだが、やっぱりあそこまでまともに後日談やられたら、ちょっと不憫に思えてくる。とりあえず直自身は受け入れているからいいとするか。
 あと、秀行の事を受け入れた理由は、親近だからというのが一番だろうけど、それ以上の直が子供だからだろうなとも思った。桜花先生は当然として、史鶴なんかはしっかりと自分を持っている人間だからこそ、秀行のような常識外の人間の行動を許すことが難しかったけど、その点直は秀行の能力を『便利』と割り切って使うことが出来たわけだし。まあ自分なんかもそう思っちまうから、やっぱり精神的には子供なんだろうなー。人間としてどっちが立派かっつったら、やっぱり桜花先生や史鶴みたいな人間だし。 

 あとはいろいろエンドがあるけど、シナリオ的に好みだったのは淡路なつめの声優への夢の話と、鳥山ケイの話辺りかな。特になつめは、凌辱二つを見た後にエンドつっこんだら、あんまりにも純粋すぎて軽くうるっときた。ごめんよ、けがれた大人でごめんよ本当に。
 新世紀のアダムエンドのラティーファを助けた辺りは、まともな意味で興奮した。アレだよな、普段悪いことばっかりやってるやつがいいことやると(ryみたいな。しかしこの辺りまで来ると、もう真剣にヤリチン通り越してるわ。

 逆に下半身的に興奮した方は、ジェニファー・リンと援交少女。そして首相の孫とナターリヤ辺りかな。
 前者は、なんていうか恨まれて当然のやつがやられると興奮するよね、ってやつで、後者は純粋な子が汚されるのっていいよねってやつ。うん、こういうツボを抑えてくれるからこの会社好きだよホント。


 大体こんな感じだけど、しかしほんと、ヒロインのキャラがいいんだわ。桜花先生と史鶴の二人なんか、別口で幸せになるシナリオ作ってほしいくらいにキャラが好み。もちろんその時は秀行抜きでな!
 全部コンプした後に「もっと続けたかった」と思ってしまうくらいに面白かったです。うーん、ぶっちゃけエロゲの感想としてはおかしいよなホント。でもマジで面白かったんだって。次にどんな話を魅せてくれるかって意味で、わくわくしてたし。



 あと、今同時に買った『肉体操作』をやっているんだけど、こっちも結構おもしろい。空ルートだけ終わらせているんだけど、この空がまた健気なんだわ―。ああくそ、健気な子を精神的に追い詰めていくのって素晴らしいなホント。
 こっちもクリアしたら感想書くかも。



 ではでは、長くなりましたがこの辺で。




プロフィール

西織

Author:西織
この欄を編集するのを完全に忘れていた男。今年の四月に新社会人という名の社畜人生に一歩を踏み出した。



性別:男
年齢:22歳
血液型:A型
趣味:読書&執筆
将来の夢:作家(前途多難)

本の感想などを見たい人は、こちらをどうぞ
『空っぽの知識(読書日記)』
http://emptyreader.blog81.fc2.com/

自作小説専門のブログ作りました。
『空っぽの知識(自作小説)』
http://emptynovel.blog83.fc2.com/

同じFC2ブログを三つも作ったことにより、他のブローカーに訪問者履歴的な意味で迷惑が……あの、本当に申し訳ございません。


何か連絡があれば、こちらにお願いします。
alred_marchen☆hotmail.co.jp
(☆を@に変えてください)



フリーエリア



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



FC2カウンター



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。