空っぽの知識
 かたよりまくった読書くんの日記
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

仮面ライダーOOO(オーズ) 視聴終了





 仮面ライダーオーズ見終わりました。

 まだ劇場版は見てないけど、とりあえず感想やろうと思います。(本当は今日劇場版見るつもりだったけど、全部借りられてたorz)



 しょっぱなの感想として。最高の物語を見せてもらったという感じです。
 登場人物たちの苦悩をしっかりと描き切り、それぞれにふさわしい結末を与えていたように思います。特にグリードたちは、アンクを除いて報われないラストではありましたが、だからこそその悲哀の演出が映えるという感じでした。あ、ウヴァさんは例外ね。

 あと、思ったのが平成ライダーシリーズのいいところをとにかく集めまくったって感じだったな、という感じです。そもそも設定自体がクウガに似ている感じでしたが、怪人の苦悩や、敵同士との奇妙な絆とか、そういうこれまでのライダー作品でよかったと思えたところが組み込まれている気がしてかなり良かったです。っていうか、雰囲気が軽い割に扱っている話が重いのが多くて驚いた。






 それじゃあ、ここからはネタバレ込みで。




 とにかくもう素晴らしかったのが映司とアンクの絆というか友情の描き方ですよ。お互いが敵であるということをわかっていながらの協力関係。それを続けるうちに、自然と情が移ってしまって、隣にいるのが当たり前であるという関係になってしまった。お互い、相手のことを憎からず思っている状態が長く続いたからこその関係、っていうのがたまりません。心変わりしたわけでも、情に流されたわけでもなくて、自然とそういう風になった、というのが、なんとなく新鮮でした。ダブルの二人とは違った意味で相棒という関係だったんだろうな、と思います。
 海岸でなぐり合うシーンでの、映司の告白がまたいいんだよなぁ。映司がオーズの力を欲していたこと自体は、同級生の北村の話のときにも言っていたことだけど、それをほかならぬアンクに言って、感謝するというのが演出として良すぎた。人間としての生命を欲するがゆえにグリードらしいアンクと、自分の欲望をかなえるためにグリードに近づいていく映司の対比が素晴らしかった。
 あと、二人の関係で外せないのが最後の変身。アンクが残ったメダルを全部渡したときの映司の、「お前がやれっていうんなら、それが本当にお前のやりたいことなんだよな」っていうセリフにあふれる信頼感がたまらん。ただ寄りかるだけの信頼じゃなくて、長い付き合いからくる理解というのが見えるのがね。そして、そのあとの変身の電子音に泣かされた。「タカ! クジャク! コンドル!」って、まさかアンクの声で言うなんて思わなかったわ! もうそのシーンで涙腺崩壊しちゃって、最終戦の画質がエコノミーだったじゃねぇか!
 ネタバレとしてアンクが消滅するラストが感動的だ、みたいな話はかなり聞いていたんですが、『あの性格のアンクがいいやつになるわけねーしなぁ』と思っていて、どうなるか楽しみだったんですが、まさか性格自体はあのままで、それでいながら情感たっぷりのラストを用意してくれるとは思いもしなかったよ。ほんと、小林さんは連といい優斗といい、ツンキャラをデレさせるのがうまいぜ。

 そして、映司とアンクの二人の関係をつなぐ比奈の存在がまたいいアクセントになっていたと思う。なんていうか、ライダー系の中じゃ一番ヒロインしていたんじゃないかなと思う。でしゃばりすぎず邪魔をするわけでもなくて、自然とそこにいる日常の象徴としての存在。普通の作品だと当たり前なんだけど、ライダーシリーズだとなんか新鮮だった。彼女がいたからこそ、余計に映司とアンクの絆の自然さが目立った気がする。
 何より好きなシーンが、アンクが裏切った後にクスクシエに戻ってきて、比奈に「この体、寄越せ」っていうシーン。あそこのアンクの悲しそうな表情がまたいいし、それに対する比奈の兄を思う気持ちとアンクを思う気持ちに揺れるところがかなりいい。グリードとして欲望のままに生きていたアンクが、自分の欲望を満たすことをためらっているところがすっごい伝わってきた。
 
 三人とも演技はすごく良かったんですが、やっぱり何よりアンク役の人の演技はすごいと思う。初めてタジャドルに変身した時の、あの複雑な表情とか、見ていて鳥肌立つくらいだった。泉信吾とアンクの二人一役もすごいけど、この人は細かい表情のつくりが最高だと思う。



 あと、敵であるグリードたちもいい味出していました。

 何より自分の心を奪ったのはメズール様なわけですが、もうあのエロかわいいお嬢さん素晴らしいです。あの人間態の役の子、14歳ってマジかよ。色気ありすぎだろ。序盤で退場しちゃって残念だったけど、終盤復活してくれてうれしかったぜ。
 ちなみに、最初退場する前に映司に軽く助けられるシーンを見たとき、映司とフラグたつんじゃねーかとわくわくしてたんだけど、そんなことはなかったぜ!(マジで残念すぎる)
 愛や母性を求めていた彼女が、代償行為としてガメルに母性を与えていたというのが最後に明かされましたが、その結果ガメルの方は本当の愛をメズールに向けていた、というのが何とも皮肉なものです。ガメルの腕の中で消滅していくメズールは、自分が知らないうちに愛を与えられていたんだよなぁ。

 そして、対するガメルは、具体的な欲望を持っていない代わりに興味を持ったものにとことんつぎ込むグリード。終始メズールを追いかけていた様子はほんとほほえましくて、正直グリードたちの唯一の良心だと思っていた。だからこそ、序盤でまさかメズールと一緒に退場するとは思わなんだ……(あの時はオーズの良心が一気にいなくなったと嘆いたものです)
 復活後の彼もほんと報われないというか、グリードは実は味覚がないということが明かされた後に、彼がお菓子を食べているシーンを見るとゾッとするものがあります。一緒にけん玉まで食べるんだもんな……。
 彼が消滅する回は、グリードたちのなかで一番切なかった。つーかオーズで一番初めに泣いたシーン。「メズール、これあげる」ってお菓子を出しながら消えていくとか、もう狙っているとしか思えんだろ! どこまで純粋なんだよお前は! この野郎!!

 カザリに関しては、最初っから最後まで裏から手を引く黒幕的な立場にいたけど、完全復活して前に出た瞬間にやられちゃったよな。正直カザリの欲望は『野望』とかそのあたりかと思っていたんだけど、どうも『進化』見たいかな。けど、裏返し的に自分の居場所を求めていたようにも思う。
 ぶっちゃけ序盤は面倒くさかったけど、中盤は安定した適役として見ていて飽きなかった。特に、「ちょっと待ってろ」ってアンクに言われてわざわざ待つところとか最高だわ。なんだかんだで構ってほしい猫みたいなところあるよなーと思ったり。
 最後の消滅は欲しいものがわからないまま手を伸ばして、手が届かないまま消えていったっていう切なさがあるなーと思う。なんとなく龍騎の佐野を思い出した。

 満を持してのウヴァさん。最高のネタキャラだったと思う。
 何より素晴らしいのが、彼のやることなすことほとんどが裏目に出たり成功しなかったりすること。まあ、敵怪人の策略が成功することは少ないけど、カザリに比べてウヴァさんの素晴らしいところは、ミスらしいミスをしていないのに墓穴を掘るところ。こいつ何回コアメダルとられたよ。しかもカザリと違って、必殺技とか受けているわけじゃないのに普通にメダルこぼすし。
 あと、しばらく出てこないからどうしたのかなーと思っていたら、闇金やってた時は腹抱えて笑った。現代社会に適応しすぎだろこの人。地道のコツコツやりすぎだよほんと。
 こいつの欲望ってなんだろうと思うんだけど、こいつこそ『策謀』が欲望じゃないかなと思ったり。ただしカザリの策謀より成功率が低い。目の付け所はいいんだけどね。正義の欲望とか、ほんとお前グリードかよって思うようなところに目をつけるし。「お父さん悪い奴いっぱいやっつけてすごいな!」
 メダル一枚になっても頑張って『俺の実力()』で復活を遂げたり、アンクの威を借りてカザリに一矢報いたり、こそこそとしながら完全復活の機会をうかがったり、とにかくもう最後まで笑いを忘れない素晴らしいグリードでした。最終話で真木博士からコアメダル入れまくられて「もういい! もういいから!」って必死に逃げるところめちゃくちゃ笑った。さんかっけー。
 
 真木博士についてもここで語っておこう。最初登場した時は不気味なマッドサイエンティストって感じだったのに、いつのまにかネタキャラに……と思ったらいつのまにかラスボスに。ラスボスの風格を保ったままネタ成分も薄れさせないという不思議なキャラだったと思う。
 彼の過去話が何とも重かったんですが、あの話で一度真木博士の人間としての物語は終わっているんだろうなと思う。だからこそそのあとグリード化をためらうことはなかったし、彼に対するフォローのような話もなかった。唯一フォローがあったとすれば、最終話でクスクシエに残されたキヨちゃん人形だけど、どっちかっていうと人間である真木博士の遺品みたいなものだしなー。なんとも、最後まで救われなかった人だと思うけど、それがかわいそうだという感じじゃないところがまた不思議。
 しかし、ほんと過去話はビビったな。あの姉さんは子供のころに見たらトラウマになったかもしれん……。



 あと、バース組かな。

 伊達さんに関しては、前々から人気のほどは結構聞いていたんですが、確かに人気が出るキャラだなぁと思いました。男気があって先達らしい頼りがいがあって、何よりちょっととぼけたところがあるという。まあ正直、最初は後藤さんがバースになるって思っていたから、出てきたときは「誰だこのひげ」ってなったけどww
 人生経験も豊富だからか、唯一映司に対して大人としての意見をできる人、という感じだった。特に好きなのが、力を求めてグリード化する映司に、「そんな手で何を守るっていうんだ!」ってしかりつけるところ。映司の必死な思いをわかっているけど、だからこそ言わなきゃいけないセリフを言える立場だよなぁと思った。

 次に後藤さん。誤砲さんというあだ名にくそ吹いた。なんだろう、登場時は普通にイケメンだったのに、どこからネタキャラになってしまったのか。まあ、一番初めにオーズ撃ったところだろうなww
 バースになれずに雨の中を歩くシーンはもう地獄兄弟そのまんま。伊達さんを追いかけまわして、「お前はいいよなぁ」とでも言いそうな雰囲気だったけど、あまりにも伊達さんが人格者すぎて自信を喪失する始末。バースになる資格すらないと突きつけられてがむしゃらなトレーニングの挙句にぶっ倒れるところは、本来なら憐みすら呼び込むはずなのに、なぜか笑いが浮かんでしまった。いったいなんだったんだろうこの人は。植物園のときに「今のおれでは無理だ」といって変身しなかったときは爆笑ものだった。さっすが5103。自分の力見極めすぎだよww
 しかしその分成長は一番燃えた。ちゃんと伊達さん引退のときはちゃんとかっこよかったよ! バース専用EDとともに、派手な攻撃でグリード圧倒してたし。




 うーん、かなり長くなってしまったな。

 正直映司のこととか、語りつくしていないところもあるんだけど、この辺でやめておくのもちょうどいいかな。


 とりあえずまとめとして。
 一つ一つのエピソードの完成度もいいですが、何よりもよかったのは全体を通した主題を徹底していたところだと思います。『欲望』という生々しいテーマを扱っているにも関わらず、必要以上に重くならず、かといって軽く扱うわけではないという絶妙のバランスを保っていたように思う。なによりいいのが、欲望を否定しているわけではなく、むしろ肯定しているということ。欲望を持つこと自体は悪いことじゃなくて、それをどう扱うべきか。それを語っていたのが、仮面ライダーオーズという作品でしょう。
 そして、キャラクターたちの成長と、関係の変化を丁寧に追って言っていたのが印象的。特に映司のような、正義感で人を救うというのはヒーローとしてあるべき形ではありますが、そこに具体的なトラウマと、強迫観念を持たせることで、一人の苦しむ人間を描いていたと思う。まあ、ありがちではあるんだけど、それがしっかりと描かれていたから、とてもよかったといいますか。

 完成度の高さとしてどうしてもダブルと比べたくなってしまうんですが、一話ごとの完成度はダブルで、全体を通した主題の完成度はオーズかなぁと思う。どっちもかなり好きだけどね。


 では、長くなりましたがこの辺で。


スポンサーサイト
おおかみさん






 勢いだけで新装版の『わたしの狼さん。』と『dear』全巻買ったった。


 ……仕方ねぇンだ。dearの一、二巻を古本屋で見ちゃったから、買わないわけにはいかなかったんだ。




 というわけで、今、藤原ここあさんが熱い。

 とりあえず『わたしの狼さん。』だけは読んだ。昔読んだ記憶があったけど、とくに小桃パートはうろ覚えなところが多かったので、かなり楽しめた。いやもう、小桃ちゃん可愛いというかなんというか。
 しかーし、将軍様も可愛いのである。っていうかプリノのパートはなぜか完全に記憶していた自分。冒頭の説教途中で舌噛むところで全部思い出した。そして悶絶した。やばいかわいすぎるって。わんわんおとか最高じゃねーか。

 あと読み切り版は完全に初めてだったと思う。小桃のキャラだけはほんとにぶれてないんだなーと思った。それにしても、短期連載用の現代版のやつとかも見てみたかったな。設定だけでなんかにやにやできる。うん。


 dearはこれからの楽しみということで。



 そして妖狐×僕もほしいと思っている自分は本当に末期。やべぇよ、もう本棚空きがねぇよ。本棚新しく置けるスペースもねぇよ。





いぬぼく



 アニメの妖狐×僕SSが面白かったので、原作借りてきて一気読みした。

 やべぇ、これ手元に置いておきたい。

 前作のdearは読んでたんだけど、こっちはこれまで機会がなくて全然触れてなかったんだけど、やっぱこの人の書くもの面白いわ。ギャグのほのぼのした空気と、シリアス展開に突入した時の緊張感が絶妙すぎる。あー、やべ、dear読み返したくなってきた。



 アニメ見たせいでちょいちょいネタばれくらってたんだけど、それでも四巻のあたりは夢中で読めた。四巻ラストのあの流れは鳥肌もんだわ。そして五巻からの流れがまた……! 違和感を覚えながら読み進めていたら反ノ塚の登場でまた鳥肌立った。やべぇなこれ。すっげぇ面白い。
 失ったものの面影を感じるとかいう展開は自分かなり好きなんですが、それがどストライクに来ている感じ。渡狸とカルタの関係とかかなり良かった。渡狸の「自分を恥ずかしいと思った」のところで軽く涙腺が……。それと、六巻ラストの凛々蝶の決断がなぁ。1巻の2話を思い出させる。どんな状況でも凛々蝶は凛々蝶なんだなと思わせてくれる。あーくそにくいなもう。

 雑誌連載は何話くらい先進んでるんだろ。ちょっとこれ続きが気になりすぎるんだけど。しかも予告で衝撃の事実とか書いてあるし。気になるなぁ。


 あと、アニメのほうはある意味奇跡の出来だな! ちくせう、にくいぜ。とくにED。なんであんなにネタに走れるww。五話のEDくそ笑ったww
 一体どこまでやってくれるのだろうか。できることなら完全に映像で見たい。




トンデモ卓球





 『タッコク!!!』が面白かった件。

 現在サンデーで『アナグルモール』を連載中の福地先生の前の作品。植木は全部読んでたけどこっちは読んでなかったなーと想い、中古で丁度見つけたので一巻から三巻まで買ったらドハマり。結局本屋駆けずり回って全巻集めたと言うね。うん、めちゃくちゃ面白かった。

 設定からしてもう一発ネタとしか思えなかったのに、まさかここまで盛り上がらせてくれるとは。

 やっぱりこの人は物語を終わらせるのがめちゃくちゃうまいといいますか。明らかな打ちきりだった植木プラスですら鳥肌立つくらい素晴らしいエンディングを描いてくれていました。このタッコクでもめちゃくちゃ奇麗に〆てくれました。

 一話完結のノリもよかったですが、やっぱり長編に入ってからが盛り上がってるよなぁ。特にAAA編の美咲登場からはすげぇ面白かった。美咲がガクにタッコク申し込むところはすげぇぞくぞくしたし。それと、六巻でのガクとカコの勝負とかね。もう、少年漫画の王道突っ切って感動させられましたぜ。

 それにしても福地先生の書く女の子はむちむち可愛いよな!





 それと、『保健室の死神』も全巻揃えました。
 改めて一気に読んでみると、最後の長編が面白く感じられる不思議。いや、連載のときマジでつまんねーと思ってたからさ……。
 やっぱり一話完結の切れ味は最高と言いますか、主に四位のアイツが活躍する回の面白さは異常。こうして考えるともっと見たかったなぁと真剣に思う。ただまあ、10巻完結できれいに終わっているから多くは望まないでおこう。


カミカゼ☆エクスプローラー 感想





 おっぱいエクスプローラーこと、カミカゼ☆エクスプローラー全ルート終わりました。



 もうとにかくひたすらイチャラブがやばすぎる作品でしたな。主人公とヒロインがいちゃいちゃしているところを延々と店続けられるゲーム。何度首をつろうかと思ったことか。それくらい面白かったです。

 キャラを可愛く見せることに命をかけているとでもいう感じで、そういう意味ではかなり満足な出来だと思います。ストーリーにしても、ちゃんとキャラを映えさせるために作られている感じで、見せ場とかがかなりよかったし。何より、立ち絵の差分の多さが半端ない。CGは少なかったけど、立ち絵の切り替わりだけでこれだけ見せられるものかと思いました。
 ただ、難点を言うと、キャラ萌えに重点を置いているがゆえに、ストーリーに深みを求めるとちょっと拍子抜けってところかな。っていうかラスボスの立ち絵がねぇのはやっぱり痛いわ。あと、結構バトルシーンとかも面白かっただけに、もっとCGは欲しかったなってところ。まあ、そのあたりはコンセプトが違ったんだろうと思うしかないんだろうけど。


 因みに、自分の攻略順は 美汐→琴羽→風花→まなみ→沙織 の順番。
 話の盛り上がりとかネタばれ度を考えると、結構いい順番だったんじゃねーかなと思う。ただ、本当にネタばれを考えるなら、美汐と沙織を最後に回して、琴羽&まなみ→風花→美汐&沙織 の順番がいいのかも。

 でも、正直美汐ルートはノー知識で見た方がめっちゃ盛り上がるから、個人的には最初にやった方が面白い気がする。逆に沙織ルートは最初にやっちゃうともう色々やりつくしてしまうから他のルートが微妙に見えるかもな。

 あと、個人的には風花とまなみの順番は逆がよかったかもしれんと本気で思った。いや、まなみルートにおける風花の台詞がね。もうね、あれマジで心えぐってくださったからね……。







 それじゃあ、ここからは具体的なネタバレ交えて。

 攻略した順番で行こう。



・美汐ルート

 みーこ可愛いよみーこ。
 全ルートやった後でもやっぱこのルートが一番好きだわ。話のバランスもいいし、盛り上がりもいいし、決着もいいし。何よりヒロインズの中で一番慶司のこと想った年月が長いってのが、幸せな姿見てて救われた感があると言う。
 シナリオのバランスとして、付き合うきっかけになる菜緒との戦闘がまたおもしろかった。ジョーカーを隠していた意味がちゃんと発揮されるし、全体的にほぼ無敵な感じだった菜緒を唯一出し抜くシーンだし。それに、この時の美汐の依存の仕方がかなりそそる。本当なら駄目な感じの依存の仕方なのに、二人の性格と関係のおかげでよりいい成長をしたってところがかなり好み。
 デートイベントも全ルートの中で一番好み。エッチが絡まない純粋な遊園地デートだったところがよかった。もうとにかくみーこ可愛すぎるんだって。お化け屋敷は最高に笑ったわ。それに、セカンド対策としてのメティスの暴走を止める経験が挟まれたのもよかったし。
 あと、菜緒の本心が唯一明かされるって言うのも好きな理由。物質Dを作りだしたことに対する後ろめたさと、美汐に対する忠誠心が本当の物だってのが伝わってくる。廃墟で慶司に対して話しかけるところの菜緒の演技がまたよすぎて。イカロスの「太陽に近づきすぎるな」の下りはもう自然と泣けた。
 それと、淡島エリの登場シーンはかなり衝撃的だった。特に絶対防御のアイギスが破られた瞬間の絶望感は半端ない。惜しむらくはあのシーン、ホントCGが欲しかったってこと。ああいうシーンは一枚絵あった方が映えるのになぁ。そして、エリに罵倒されながら次第にセカンド化していく美汐の心情描写がよかった。
 ヘリオスになった美汐に近づく時に、慶司がようやくジョーカーの名前を叫んで能力を使うって言うのもまた燃え展開。ほんと、こういう少年漫画みたいなノリがあるんだから、もっとCG増やしてほしかったなぁ。
 最後はまあお約束。とりあえず菜緒が救われて良かったと思った。なんだろう、みーこが可愛いって言うのは言うまでもないけど、それ以上にこのルート、菜緒がかなりいいキャラしてて困る。菜緒あっての美汐ルートだよな。

 あと、エピローグの夫婦ごっこで軽く死にかけたのはここだけの秘密。やばいってあれ。作中アレを超えるいちゃラブは沙織ルートのエッチシーンくらいしかないって。いや、沙織ルートは軽く頭狂ってたから、やっぱりこっちが一番破壊力はあった気がする。身悶え床ゴロゴロの枕に顔うずめて床バン。こいつらは俺を萌殺す気か。というかマジでみーこ可愛すぎてやばい。
 最後の「しゃーわせ」でもうなんか色々天元突破した感があるので、わたくし的にはこれ以上ないってくらい満足なのであります。



・琴羽ルート

 美汐ルートやった後だとどうしても微妙になるけど、付き合い始めるまでの過程と付き合い始めた直後のノリがかなり好き。
 幼馴染が性の対象にある瞬間というのはやっぱりどんな作品であっても盛り上がるもので、それの見せ方によって作品の面白さってのは変わると思うんですが、これは成功の部類だと思う。特に、写真の幸せそうな顔を見て、って言う演出がかなり好き。ただ、どうせなら写真のCG欲しかったっす。
 クソ笑ったのは告白の時のアルゴノート一行の作戦だな。まあ、複数ライターの弊害と言うか、これはいくらなんでもひでぇ作戦だと思ったけど、この時の慶司マジギレモードが軽く笑えた。アレはキレて仕方ねぇわ。まあ、いくらなんでも航平が馬鹿すぎるが。
 付き合い始めた後のいちゃラブも、美汐ルートとは違って互いに意識して気まずい感じがかなり出てて面白かった。寮の外で密会して恥ずかしい台詞言い合うところとかね。「慶司になら全部あげる」的な台詞が言われたところは天元突破だった。しかもそれが場のノリだけってのがまた萌える。琴羽さんマジ耳年増。
 ただ、そのあとの展開は何かとエッチが絡んでくるからどうも乗りきれなかったんだよな。っていうか慶司くんがっつきすぎです。美汐ルートだとノリノリではあってもわきまえている感があっただけに、どうも違和感があった。まあ、それでもお部屋デートは楽しかったんですがね。
 事件の方に関しては、まあ琴羽の能力を利用した話としては順当かなという感じ。まあちょっと作られた感はあったけど。ヘリから落ちるくだりとかね。
 クライマックス。琴羽の能力のきっかけになった欲求が明かされた時は素で「なるほど」って声を漏らした。諦めたくない、っていうのは盲点だったわ。それまで琴羽は独りでも大丈夫な子だから美汐には負けると思っていたけど、この本心の所為でどうも割りきれなくなってしまった。これが本当にハイライトだったなぁ。


・風花ルート

 くっそかわいい子。
 シナリオ的にはやっぱり美汐の方がよかったんだけど、純粋な可愛さなら引けをとらねぇと思う。まあ天然さんってのはやっぱり可愛いよね。
 とりあえず付き合う前のヴィルフランシュでパフェおごったところの慶司の反応にめっちゃ笑った。「正直おかずに使えるレベルだろ」って、何を素で言ってんだ慶司ww。まあ禿げあがるほど同意だが。
 意識してから告白するまでの流れも好きだな。風花の天然返しにもめげずに必死で想いを伝える慶司に男を感じる。しかしそのあとの彼の行動には最低男を感じる。いや、告白した初日にペッティングしてんじゃねぇよww。ドン引きだよお前ww
 とまあかなりやりながら突っ込んだものですが、その日の夜の風花がまた可愛すぎる。それまで清純だった子がエッチに目覚める瞬間ってやばいよね。琴羽の「エロくなってた」って反応にめちゃくちゃ笑った。いや、ほんとあそこで自慰する風花可愛すぎるわ。あの純粋だった風花ちゃんはいなくなってしもうたんや。
 あとはまあ、デートイベントまではそこまでって感じだったかな。まあ忙しすぎる一週間は見てて楽しかったけれど。でも、いちばん盛り上がるのはやっぱりそのあと、デートから帰ってきた瞬間に非日常に突き落とされるあの感覚は、プレイしていた時すっげぇぞくぞくしたわ。
 アイギスを使って江坂を撃退するところは、ようやく能力バトルが見られたか、って思ったし、そのあとアルゴノートのみんなと合流して地下を攻めるところとかクライマックスっぽくってめっちゃわくわくした。何より航平がちゃんと役立ってるのがいいよな! 他のルートもちゃんと航平をフォローしてくれればよかったのにな! やればできる子なんだよ航平は!
 そりゃそうと、研究員の『我らがクイーン』発言で、真剣にヒロインラスボス化を期待してしまった。いやまあ、美汐ルートのことを考えるとどう考えてもエリのことなんだけど、やっぱり期待してしまうじゃん……? でもまあ、慶司と付き合ったおかげでアイギスを有効利用できて身を守れたっていう展開も悪くないんだけど。むしろ、そのあとの風花の過去回想に泣かされたんだけど。
 不幸な自分の境遇を、必死で不幸じゃないって思いこんで、自分には何か出来ることがあるって前向きに生きて、そうして手に入れたい場所で得た、初めての恋。慶司と出会ったところの再現で全身鳥肌立った。ああいう演出大好きなんだよ。なんてことのないことだけど、それが救いだったっていうのがマジで好きすぎる。
 風花に近づくためにジョーカーを必死で使おうとする慶司も見せ場としてかなりよかった。惜しむらくは、こういうところで主人公に声があったら良かったのに、ってところだよな。キャラゲーとしては主人公の声は無い方がいいんだろうけど、ストーリーの盛り上がり的にはやっぱり声ありの方がいいんだけどなぁ。
 それはそうと、淡島エリとの攻防のシーンで、地味に沙織先輩が「エリのイドロイドには負けない!」って言っているところが燃えシーン。沙織ルートを考えると特にあのセリフは染みるな。

 総じて、メインヒロインらしい丁度いいシナリオだったかなと。
 ただ、ぶっちゃけメインヒロインにしては話の中核に関わってないってのがなんとも言えないところ。美汐と沙織が関わりすぎとも言えるのだが。



・まなみルート

 実妹が苦手なのです。
 こういうキャラゲーで近親ルートってのがもうあんま好きじゃなくて、その影響であんま乗りきれなかった。ガチエロゲとか、もしくは禁忌であることをテーマとした作品だったならいいんだけど、こういうゲームだとやっぱり近親ってのは要素の一つでしかなくて、ちょっと生ぬるいところが苦手。
 あと、他のヒロインの失恋をことごとく描いてくれやがるのがもう心に来るわ。特に風花。風花ルートやった後だったから余計だけど、寝込んだ風花が「そっか、私、失恋しちゃったんだ」って言ったところはもうマジで泣けた。アレはダメージでかかったわ……。

 ただまあ、このルートで、慶司が女性関係に鈍い理由が提示されたところはかなりよかった。ただ鈍いだけじゃなくて、まなみっていう存在が抑止力になっていたって言うのは、うまい設定だと思う。
 あとは何かな。主人公拉致をここでやったのが面白かったかな。まなみは確かに性格的に誘拐されるよりも助ける側だってのはあるし。ペネトレイターの伏線も回収して、話としては結構盛り上がった気がする。

 うん。やっぱり妹って要素が個人的にネックすぎたわ。



・沙織ルート

 気分的には美汐ルートの裏ルート。
 淡島エリ完結編って感じだな。謎の多かったエリの話を奇麗にまとめてくれた。
 沙織の心の闇に次第に踏み込んでいくという展開の丁寧さがよかったんだけど、何よりこれまで四つのルートをやってきたからこそ、感情移入できたっていうところがある気がする。ただまあ、ぶっちゃけ五つ目ともなるといちゃラブは結構耐性ついちゃって身悶えまではしなくなっちゃったけど。その代わり、唐突に突拍子もないことを口走る沙織先輩がマジパネェという感じだが。

 他のヒロインがおっぱいであるのに対して、こっちはお○んこ先輩。
 とりあえずえっちシーンは気がくるってると思う。エロい。そしておかしい。先輩の貞操観念のおかしさも相まって、なんかもうほんとカオスだった。

 そういえば、他のルートだとアルゴノートが中心だったからか、攻略キャラ以外もシナリオ中ではそこそこの出番があったけど、沙織ルートだけはずっと沙織中心だったよなぁと思う。一人ぼっちの彼女を救いだす話っていうのが印象的。ただ、思ったよりも沙織が慶司に依存していないところが意外だった。まあ、他のルートが依存しすぎって言う感じもするけど。
 ペルセポネでエリを食ったあとの慶司の悪夢がかなりクルものがあるなぁ……。特に最後に回したからか、選ばなかったヒロインたちの恨みが正面から来る感じ。みーこが、みーこの言葉が核心突きすぎなんだよ……。
 そういうところも考えると、やっぱり慶司って鈍いって言うより考えないようにしてきているんだなぁというのが分かる。琴羽と風花はまだしも、美汐とまなみの気持ちには確実に気付いているしね。
 悪夢の後に沙織に電話かけるところとかかなりリアル。そしてそれを察してちゃんと受け入れてくれる沙織がかなり好きだな。

 最終決戦のところは、ポスポロスに対してアイギスで対抗したところが燃えた。美汐ルートでは出来なかったことだからな。しかもイドロイドの操作に慣れたからこそ出来るっていうのがまた燃え展開。そういうツボを外さないところがこの作品の好きなところでもある。
 エピローグでの回復したエリと沙織の会話は、ようやくなごめたという感じがした。いやまあ、エリちゃんってばここまで怖いシーンしかなかったから、本当にようやくって感じなんだけど。





 うん、こんな感じ。
 細かい疑問点などがちょいちょいあるのが残念だけど(地震&津波がルートによって起きないこととか)、まあ全体的には奇麗にまとまってんなと思った。
 ただ、ルート一つやっちゃうと黒幕と目的がわかっちゃうところが残念な点かもしれないなと思う。それと、どうせならトゥルーエンド的なシナリオが欲しかったって言うのもある。まあキャラ重視のゲームだから、求めるだけ的外れなんだろうけど。

 久しぶりにはまり込んでやれたっていう意味では楽しかったです。とにかくいちゃラブがやばすぎた。ほんと、ご利用は計画的にという感じだったわ。


 これファンディスクでないかなー。洋子先生とか菜緒とかもっと見たい。




プロフィール

西織

Author:西織
この欄を編集するのを完全に忘れていた男。今年の四月に新社会人という名の社畜人生に一歩を踏み出した。



性別:男
年齢:22歳
血液型:A型
趣味:読書&執筆
将来の夢:作家(前途多難)

本の感想などを見たい人は、こちらをどうぞ
『空っぽの知識(読書日記)』
http://emptyreader.blog81.fc2.com/

自作小説専門のブログ作りました。
『空っぽの知識(自作小説)』
http://emptynovel.blog83.fc2.com/

同じFC2ブログを三つも作ったことにより、他のブローカーに訪問者履歴的な意味で迷惑が……あの、本当に申し訳ございません。


何か連絡があれば、こちらにお願いします。
alred_marchen☆hotmail.co.jp
(☆を@に変えてください)



フリーエリア



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



FC2カウンター



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。