空っぽの知識
 かたよりまくった読書くんの日記
西尾キャラで恐怖映像




 昨日、ツイッターの日本語ハッシュタグで、『#西尾作品で恐怖映像』っていうタグが思いのほか盛り上がり、一人で勝手に何作も投稿していました。

 まあ結構書いてるの面白かったんで、こっちでも紹介しようかと思います。いいネタになるし。




戯言シリーズ

○戯言遣い×人類最強
写真を見ながら
いー「夜に屋根伝いに飛び回る怪人らしいですよ」
潤「なんだ、あたしじゃねぇか」
いー「やっぱり・・・」
潤「惜しいなー。あんとき本物もいたのにな」
いー「え?」
潤「あと少しずらせば映ったのに、勿体ねぇな」
いー「・・・・・・」



世界シリーズ

○くろね子さん独白
黒猫「いやあ、僕も一時期はまったもんだ。あれって加工がなかなか難しいのだよ。それらしく見せるのにも技術がいるもんでね。その点、こういう番組のはちゃちなもんだ。まるで子供だましさ。プロ意識ってもんがなっていないと思うね。いや、別に怖いとかじゃないんだよ?」


○みんな大好き串中先生
恐怖映像を撮影してしまった生徒が、串中先生に相談
生徒「串中先生、どうしよう」
弔士「これは……本物だね」
生徒「これの所為で、夜も眠れなくて」
弔士「それなら、こう考えよう。他の人が怖がれば、自分は怖くない」
生徒「自分は、怖くない?」
弔士「そうだよ。だからできるだけみんなが怖がるように、まずは編集しようか」


○櫃内兄妹
夜月「お、おお、お兄ちゃん! 何見てるの!」
様刻「何って、恐怖映像特集」
夜月「夜月、そういうの苦手って言ってるじゃん!」
様刻「そうか。なら見るのをやめよう。夜月のためだもな」
夜月「お兄ちゃん///」
様刻「代わりに、夜月のために怪談大会をしよう」
夜月「お兄ちゃん!(泣)」 


○様刻と黒猫
黒猫「しかし君も、こういう番組が好きだね」
様刻「いや、だってさ。こういう映像に出てくる女って、なんかやたらエロいじゃん」
黒猫「君のそういう余計なひと言、僕は好きだよ」
様刻「僕は君のおっぱいが好きだよ」
黒猫「その一言は本当に余計だ」




りすか
○りすか×創貴
水中から掴み掛る女の映像
り「意地が悪いのがこういうのを見せるキズタカなの」
創「何言ってるんだ。魔法が関わってるかもしれないんだぞ」
り「キズタカが悪いのは何でも魔法使いの所為にする癖なの」
創「まあ、魔法使いは川を渡れないからな。たぶん本物だろ」
り「ッ!!」(ビクッ)



めだかボックス
○生徒会メンバーで鑑賞会
善吉「こ、怖くねぇよ!」
高貴「これは・・・・コメントは、控えることにするよ」
もがにゃん「ひぃッ」
クマ「『あは☆』『派手な仮装だ』『はっずかしー☆』」
めだか「これだけはっきり映るということは、助けを求めているのだな!!」
善吉「(うれしそうな笑顔だ)」 



刀語
○その後の姫と刀
姫「この映像の柳のところを見なさい」
七「うん。見たけど」
姫「女の人が立っているように見えない?」
七「あー、言われてみれば、白い女が立ってるな」
姫「・・・何とも思わないの?」
七「? 何が?」
姫「そのぼんくらな頭を否定するわ」



人間シリーズ
○零崎三天皇
双「女子高生だ!」
軋「言うと思ったちや」
双「しかも濡れている!」
曲「青白いな。風邪をひくんじゃないか?」
軋「その心配はいらないと思うちや・・・」
曲「そうか。なら悪くない」
双「それより何だ!下着が透けてないじゃないか!けしからん」
軋「お前が一番けしからんわ!」



物語シリーズ
○阿良々木家の恐怖映像
火「火憐だぜ!」
月「月火だよ!」
火「恐怖映像って、見てて楽しいよな」
月「少なくとも怖いとは思わないよね」
火「ほんとに怖いのは人間だもんな!」
月「正義は恐怖なんかには負けないんだよ」
暦「お前らの正義が一番怖いがな」



少女不十分
○その後の二人
夕暮「先生!先生!恐怖映像特集ですってよ!」
柿本「君は意外とこういうのに興味を示すよね」
夕暮「だって面白いじゃないですか! きゃあ、怖い!」
柿本「僕は昔もっと怖い目にあったことがあるよ」
夕暮「どんなですか?」
柿本「・・・・」
※注 仲良くなった後という設定





番外編

適当に思いついたネタ

○ファイアーシスターズでお前の罪を数えろ
火「火憐だぜ!」
月「月火だよ!」
火「兄ちゃんにキスされた」
月「お兄ちゃんに胸をもまれた」
火・月「「さあ、お前の罪を数えろ!」」
暦「今更数え切れるか!」
火「開き直った!?」
暦「罪のない人生など、スパイスの効かない料理と一緒だよ」
月「だからって、妹のおっぱいもみ過ぎだと思う!」
暦「妹を愛することが罪だとでも?」
火・月「「愛されてる気がしない!!」」





 お目汚し失礼いました。



スポンサーサイト


プロフィール

西織

Author:西織
この欄を編集するのを完全に忘れていた男。今年の四月に新社会人という名の社畜人生に一歩を踏み出した。



性別:男
年齢:22歳
血液型:A型
趣味:読書&執筆
将来の夢:作家(前途多難)

本の感想などを見たい人は、こちらをどうぞ
『空っぽの知識(読書日記)』
http://emptyreader.blog81.fc2.com/

自作小説専門のブログ作りました。
『空っぽの知識(自作小説)』
http://emptynovel.blog83.fc2.com/

同じFC2ブログを三つも作ったことにより、他のブローカーに訪問者履歴的な意味で迷惑が……あの、本当に申し訳ございません。


何か連絡があれば、こちらにお願いします。
alred_marchen☆hotmail.co.jp
(☆を@に変えてください)



フリーエリア



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



FC2カウンター



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する