空っぽの知識
 かたよりまくった読書くんの日記
スパイラル~推理の絆~ 紹介的な



 来週から研修が始まるので、ただでさえ更新していないブログがさらに更新できなくなる件。

 うん、まあいつも通りってことSA★







 漫画紹介というかなんというか。


スパイラル―推理の絆 (15) (ガンガンコミックス)スパイラル―推理の絆 (15) (ガンガンコミックス)
(2006/01/21)
城平 京、水野 英多 他

商品詳細を見る





 わたくしの中学時代の青春の一つである『スパイラル~推理の絆~』

 先日実家に帰った時に、全巻持ってきたので一気読みしたのさ。



 とりあえず読んだことのない方に向けてのセールスポイントとしては、殺人衝動を持つブレードチルドレンという存在の謎を追うサスペンスアクションついでにミステリ、な作品です。

 主人公の鳴海歩は、兄である清隆に何一つ敵う物がなく、すべてを奪われて育ちます。そんな彼が、ブレードチルドレンの謎にかかわるうちに、成長して大切なものを取り戻すお話し。次々と襲ってくるブレードチルドレンと、それを取り巻く人間模様。情報通の美少女新聞部部長とともに、事件に挑め!

 とにかくラスト2巻の怒涛の展開が素晴らしいので、もうぜひ読んでもらいたいところ。










 んで、こっから先がネタバレありの感想。







 中学時代に読んだときは、カノン編最高で火澄編が微妙かなーとか思ってたけど、今読むと火澄編の面白さが異常すぎて困る。歩と火澄のどこかちぐはぐな学園生活は面白かった記憶はあるんだけど、その中に隠されている火澄の絶望が次第に明かされていくところがゾッとするほど面白かった。
 こういう細かいところで、ちゃんと最後まで『ミステリ』としての形式を崩していなかったんだなーと今更思い知ることになったのだけれど、こういうところ、城平さんはほんとうまいと思う。ミステリっていうのは、突き詰めていけば人間の隠された思念を暴くところにあるので、そういうところを城平さんは丁寧に描いてくるよなぁ。

 カノン編まではすっごいヘタレというか後ろ向きだった歩が、真相を知った後の火澄編からはずっと本気モードでいたところがまた面白かった理由だと思う。火澄が絶望する理由である、クローン人間であるという事実を推理によって知っていた歩は、それでもちゃんとその事実を真正面から受け止めていた。その強さは、それまでの積み重ねがあったのだろうし、何より兄から何もかもを奪われてきたからこそ、今更その程度では揺らがない。そんな痛々しい強さが、歩の魅力だと思う。
 何よりこのあたりの真相のむごさがやばい。清隆の代替物ですらなく、ただの予備、実験体としてだけで生み出されたって事実は、本編中のキリエさんのように吐き気を催すくらいに残酷すぎる。でも、歩はそれを知っていても、ただあきらめたような顔ですべてを受け入れていた。それくらい、彼はもう絶望を知り尽くしていたのだと思うと、ほんとこのあたりのエピソードは切ない。

 あと、火澄の方の絶望も、ほんと強烈なんだよなぁ。失敗も挫折も経験することなく育ち、あまつさえ「悪魔と呼ばれた兄の呪いを解いてヒーローになる」なんて夢まで見て、それを思いっきり叩き潰されたのだから、そりゃああれだけ追い詰められるわと思う。ただ、それでも火澄はカノンを殺すべきじゃなかった。あれさえなかったら、歩もあそこまで解決を急ごうとしなかっただろうに(最も、解決を急がせたのは火澄だけど)

 そして、唯一の同士である火澄を切り捨てて、それでも前に進もうとする意志の強さ。そして、それを叩き折るために用意された、鳴海清隆の最後の策。ひよの爆弾。
 もうね、ここはリアルタイムで読んでいた時も「ぎゃあああああ!」って気分でしたよ。再読してみると、それらしい演出はもういくらでも見られたんですが、当時そこまで考えて読んでなかったもんですから、本気でビビった。そして、そんなことされたらそりゃあ衝動的にぶち殺すわと思ってしまう。
 それでも清隆を殺さなかった歩は、本当にどこか悟りを開いてしまったようで、痛々しすぎてみていられなかった。けれど、確かに城平さんのあとがきにあるように、あそこでひよのの加護から飛び出たうえで決断したっていうことが、鳴海歩にとっての最後の殻だったんだろうと思う。最後に歩とひよのが握手をして別れるあの瞬間の美しさは、この作品が15巻かけて描いてきたすべてが集約されているんだろう。
 そのあとのひよのの涙と、無人駅での歩のセリフは、何度見ても涙腺刺激されてやばい。


 そんなわけで、もう5,6年ぶりになってスパイラルを一気読みしましたが、ほんと傑作だわこれ、と再確認する運びとなりました。

 あと、アライブと絶園のテンペストは絶対集めてやる。



スポンサーサイト
サバゲーと阿知賀編




 昨日、会社の先輩に連れられて、初めてサバゲーと言うものを体験してきました。



 廃工場を舞台に、いい大人たちが40人あまり集まり、各々の自慢の装備を手に、飛んだり跳ねたり撃ったり撃たれたりと大暴れ!

 なんともまあ、面白いものが見れました。



 とりあえず3ゲームほど自分も参加させてもらいましたが、ものの見事に何もできませんでしたわ。ってかみなさんうますぎ。物陰からちょっとでも姿を出せばすかさず撃ってくるもんだからとんでもない。ってかBB弾こえぇ。



 ちょっと悔しいので、余裕が出来たらほんと自分で装備をそろえたいところ。まずは銃だなぁ。まあいつになるかわからないけれど。






 それはそうと、ここ一週間ほど、咲・阿知賀編にはまっていました。

 もう何このアニメ。最初っから最後まで燃えっぱなしだったんですけど。

 確かに序盤は駆け足がひどく、TV放送終盤は阿知賀編と言うよりも千里山編だったけれど、それでも毎回EDの入りは鳥肌立ってたし、熱い展開がいくつもあったからすっげぇ面白かった。
 何より準決先鋒戦のラスボス戦っぷりがやばすぎる。本編の方でもラスボスとして置かれている白糸台の宮永照が、どんだけ化物なのかをこれでもかってくらい描写されていて、もうとんでもない絶望感。そんな化物に挑むために限界を超えて切り札を行使する怜のかっこよさ。捨て駒であることを意識しながらも、その役割に全力を尽くす花田のかっこよさ。この二人の所為で、阿知賀が完全に食われてしまうくらいでした。怜の一巡先を見る演出が巡を重ねるごとに変わっていき、それとともにぼろぼろになる姿は、もう麻雀漫画とは思えないくらいに燃えたわ。三巡先を見る時に、竜華が泣きながら止めようとしたところで不覚にも泣いてしまったぜ。

 次鋒戦以降も、ようやく阿知賀の面々が真価を発揮していったという感じで非常に熱かった。やっぱり何より、大将戦の穏乃がやばいよなぁ。一番静かで目立たなかった彼女が、次第に存在感をあらわにしていくところの迫力は異常。未来確定系の能力者が三人もいる中で、ただ自分の麻雀を貫いていたところが素晴らしいわ。しかも何気に白糸台が一位になれないように点数調整していたところが熱すぎる。やっぱ麻雀漫画で一番盛り上がるのは、バカ高い手で逆転した時よりも、こういう些細なことが勝負を決定づけるところだよな。


 ちょっとマジで熱くなりまくったので、DVDが欲しい。まだ全部出ていないことだし、今から少しずつ集めていきたいわ。


 ってか、阿知賀編のキャラに思い入れがありすぎて、咲本編の方が自分の中で影が薄くなってしまっているww 全国編あんましっかり読んでないからなぁ。ちょっと漫喫かどっかで読み直すか(もしくは買うか……)




プロフィール

西織

Author:西織
この欄を編集するのを完全に忘れていた男。今年の四月に新社会人という名の社畜人生に一歩を踏み出した。



性別:男
年齢:22歳
血液型:A型
趣味:読書&執筆
将来の夢:作家(前途多難)

本の感想などを見たい人は、こちらをどうぞ
『空っぽの知識(読書日記)』
http://emptyreader.blog81.fc2.com/

自作小説専門のブログ作りました。
『空っぽの知識(自作小説)』
http://emptynovel.blog83.fc2.com/

同じFC2ブログを三つも作ったことにより、他のブローカーに訪問者履歴的な意味で迷惑が……あの、本当に申し訳ございません。


何か連絡があれば、こちらにお願いします。
alred_marchen☆hotmail.co.jp
(☆を@に変えてください)



フリーエリア



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



FC2カウンター



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する