空っぽの知識
 かたよりまくった読書くんの日記
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

問題児シリーズ8巻感想



問題児たちが異世界から来るそうですよ? 暴虐の三頭龍 オリジナルアニメ ブルーレイ同梱版 (角川スニーカー文庫)問題児たちが異世界から来るそうですよ? 暴虐の三頭龍 オリジナルアニメ ブルーレイ同梱版 (角川スニーカー文庫)
(2013/07/21)
竜ノ湖 太郎

商品詳細を見る





 『踏み越えよ――――我が屍の上こそ正義である………!!!!』








 問題児シリーズの新刊が熱すぎたので。


 見よ、この表紙と内容の落差を! いやまあ短編も入っているからリリ表紙自体は間違っていないのかもしれないけれど、前半の本編の熱さは異常すぎる。今一番盛り上がっているシリーズだと思いますわ。

 今回は、オリジナルアニメブルーレイ同梱版発売ということで、短編集だったらしいんですが、そこに無理やり長編をねじ込んだ結果がこうなったのだと思うと、ちょっとだけ残念。短編も面白かったし、本編にも関係する内容だったから必要だったとは思うんだけど、でもやっぱりあの続き見てェよ。めっちゃすごい引きじゃないか。冬まで待てないよコンチクショウ。


 復活した絶対悪・アジ=ダカーハ。
 満身創痍の状態で立ち向かう十六夜と、ばらばらになっていく仲間たち。前巻のラストですら、これ以上悪くなるとは思えないくらいだったのに、さらにひどくなっていく状況に、ページをめくるてが止まらない。

 何より今回一番燃えたのが、アジさんの最後のセリフ。善と悪で成り立つ宗教の、悪をつかさどる者が語る、自身の存在意義。こんなものを言われたら、燃えないわけがない!! 目的のために悪を成すのではなく、目的となるために悪を為す。敵として、これ以上かっこいいのはなかなかいないわ。
 今回はしょっぱなから十六夜が死にかけているけど、ガチで倒すために全力で光の柱をぶっ放したあたりの盛り上がりは半端なかった。そしてそれでも、相殺するのが精いっぱいという力の差。ほんと、三桁っていうのはとんでもないな……。

 そして、個人的にすっごい切なかったのが、耀の気持ち。十六夜に頼ってもらうことができない自分をふがいなく思って、その悔しさを全力でぶつけていくもどかしさが本当に痛々しい。本当は、「一緒に戦ってくれ」と言ってほしかった。でも、十六夜はそういわずに、ただ逃げろと言った。対等な立場に立ちたいのに、それができない実力差に歯噛みする様子が、独白の中から痛いほど伝わってくる。
 ふがいない自分を責めながらの全力は、自身を傷つけてでも敵を倒す覚悟。その代償として支払ったのが、ギフトの消失というのがまた残酷すぎる。以前語られていた、生命の目録を使用し続けた時の代償として仮説されていた、化物になるというのがまだマシだったと思えるだけの現実。今の耀にとって、力を失うことがどれだけつらいか……。

 十六夜はもう死んでないのが不思議なくらいだし、黒ウサギは相変わらず力を失っているし、耀も力を失った。唯一、飛鳥だけはパワーアップして善戦しているけど、でもすでに状況は彼女ひとりで何とかなる範囲を超えてしまっている。ほんと、ここからいったいどうなるのか。

 この状況で何とかなるとすると、原典候補者って言われている十六夜の能力の存在くらいかな。一応前振りで金糸雀の話を挿入したりしてきているから、なんかあると思うんだけど。『ラストフューチャー・オブ・エンブリオ』って名前を金糸雀が言ってたけど、『ラストエンブリオ』が『人類最終試練』って書かれていたから、それに関係するのかね。『未来に続く種』とか、適当に意訳してみたり。
 あと、『疑似創星図』って名称は、今回が初出だっけ? 前の巻にもあったかもしれないけど、アジ=ダカーハが使ったときに、「アヴェスター起動」って風に言ってたから、自分の中にある概念やら信仰やらを具現化させるって感じなのかな。このシリーズのギフト、恩恵って、高位の存在からもらったものか、世界に影響するまたはされて得たもの、の二つだったと思うんだけど、この場合アジ=ダカーハのはゾロアスター教の影響はあるんじゃないかな。
 ほんと十六夜の光の柱の正体が気になるなぁ。逆に考えると、一つの宗教を相手に、ギリギリ相殺できるレベルの恩恵ってことなんだから。


 まあいろいろ要素だけ散漫していて、イマイチまとまりがついていない状態だから、早く次が出て一気に伏線回収してくれることを望む! 次こそは話が大きく動くらしいしな!



 それはそうと、せっかくブルーレイ同梱版を買ったというのに、わたくしBD再生機を持っていないので見れないのである。……誰か、ブルーレイ再生機を貸してくれ……。



 アニメの二期ないかなぁ。やってほしいなぁ。動く金糸雀見たいなぁ。ってか今回の巻の金糸雀が可愛すぎて困るんだけど。あとやっぱり『十三番目の太陽を撃て』を映像で見たい。BD同梱版めっちゃ売れて二期やってくれないかなぁ……。









スポンサーサイト
読売新聞パないの




 研修二週目終了

 激動すぎてもう目が死んでる。


 マジでいろいろひどすぎて、本気で自分は社会人として大丈夫なんだろうかと心配になってくる感じではありますが、まあ辛気臭いことをここでしゃべても楽しくとも何ともないので、この辺にしておきましょう。








 サプライズだったのですが、今日の読売新聞に、西尾維新の描き下ろしショートストーリーが掲載されているというね。

 全国紙とかマジかよ。

 来週から物語シリーズのセカンドシーズンがアニメ化するということで、まず一発目の猫物語(白)に合わせて、羽川翼のショートショート。最後の話の流れは、受け入れたくない感情を、知りたくなかった思いを、すべて捨ててなかったことにした少女のセリフとしてとても皮肉げで、猫白のアニメ前にふさわしい感じのお話しだったと思います。
 あと、アニメデッサン絵の翼とブラック羽川がエロかわいすぎて困る。


 予告で八月中旬に傾物語もショートストーリーが掲載されるそうで、こりゃ今から目を光らせておかねばなるまいな……。今回のイラストからすると、ちょっと傾物語のイラストは楽しみすぎるぞ!





 ではでは、今週もお疲れ様でした。

 来週も頑張りましょう



プロフィール

西織

Author:西織
この欄を編集するのを完全に忘れていた男。今年の四月に新社会人という名の社畜人生に一歩を踏み出した。



性別:男
年齢:22歳
血液型:A型
趣味:読書&執筆
将来の夢:作家(前途多難)

本の感想などを見たい人は、こちらをどうぞ
『空っぽの知識(読書日記)』
http://emptyreader.blog81.fc2.com/

自作小説専門のブログ作りました。
『空っぽの知識(自作小説)』
http://emptynovel.blog83.fc2.com/

同じFC2ブログを三つも作ったことにより、他のブローカーに訪問者履歴的な意味で迷惑が……あの、本当に申し訳ございません。


何か連絡があれば、こちらにお願いします。
alred_marchen☆hotmail.co.jp
(☆を@に変えてください)



フリーエリア



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



FC2カウンター



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。