空っぽの知識
 かたよりまくった読書くんの日記
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Fate/apocrypha2巻 感想




 Fate/apocrypha2巻感想。




 もうまず口絵の時点でテンションやばい。近衛さんのイラストマジでやばい!
 しょっぱなのフィオレ姉さんが可愛すぎて可愛すぎて!! これでこの人、スパイダーマンのオクタビアスみたいな機械腕操っているんだからすごいギャップ。挿絵のアンバランスさがやばかったわ。この人にはぜひぜひ頑張ってほしい。
 あとケイローンは、今回も大活躍。特にショギショアラでの市街戦は燃えた。モードとの一騎打ちで、まさかの肉弾戦とかww やっぱりアーチャーのクラスは近接戦闘もできないとな! 赤のライダーとの戦いも、因縁を感じさせるもので燃えるし、この人参謀役のくせにずいぶん好戦的だよなおい!

 なによりやばいのはアストルフォちゃんでしょう。本編中で戦乙女だの雌犬だの呼ばれて、その上ジャンヌからは『貴女』呼ばわりされているアストルフォちゃんですがれっきとした男の娘です。何かが間違っている気がするけど間違っていない。っていうかイラストぉおおおお! 足が、生足がどう見ても女の子ですどうもありがとうございましたぁああああああ!!
 今回でも理性蒸発した頭で好き勝手に動き回るのは健在で、だけど周囲がガチのチートだらけなせいであまり好きなことができていない感。というか、扱いが完全にヒロインなんですがww

 個人的一押しな黒のアサシン。六導さんにジャックのコンビはやっぱりいいなぁ。もうやっていることえげつないにもほどがあるんだけど、犠牲者って魔術師ばっかりだしいっかー(おい)
 六導さんの元娼婦なエロかわいさと、ジャックのロリ可愛さの組み合わせはほんとやばいわ。この疑似親子の触れ合い見ているだけで和む。なんていうか、Zeroのキャスター組が萌え化した感じ。でもまあ、この二人に幸福な未来は絶対に待っていないんだろうなー。
 今回はモードレッドと激突。まさかモードレッドと獅子劫をあそこまで翻弄するとは思わずに、すっごいてに汗握るバトルになってた。アサシンのクラスの恐ろしさを垣間見た気がするぜ……。
 とりあえず設定的にはアタランテ殺すまでは生き残るだろうし(というかジャックに殺される未来しか見えないアタランテ)、早いところ戦線に参戦してほしいな。

 とりあえず黒陣営から話を進めていくとして、次、今回一番楽しかったのがバーサーカー組。
 カウレスくんの、自分を三流だとわかっているがゆえに、自分にできる最善をやるっていう行動方針がたまらん。立ち位置的にはZeroのウェイバーみたいなものなんだろうけど、ウェイバーよりも自分を客観的に見れているところがいいなぁ。フィオレを助けるために、自分という駒がどれだけ役立つかを考えてショギショアラに向かったところで、もうずっと彼を応援してたわ。
 それと、バーサーカーのフランケンシュタインとの関係も、すごいほほえましい関係でよかった。だからこそ、最後の奥の手の使用は切なかったな。しかもそれで仕留めきれなかったって言うのも。
 でも、最後に『磔刑の雷樹』についてなんか補足があったけれど、あれは単にジークの復活のためのものだったのか、それともフランの復活フラグなのか……。後者だったらいいなぁとかちょっと思ってしまうけど。
 っていうか、フランが女性であることの説明まだされていないから、これで退場はないよな……?

 黒陣営で今回一番悲惨だったのはランサー・ヴラド三世。え、ちょっと、え……。見事にランサーのクラスを体現したような最後でした。自害ならぬ、化物となれとか……。
 しかし、使ったらやばい系の宝具は使われるのが通例だけど、本人が「絶対に使いたくない」って言いきっているものを強制的に使わせるとかきっちくやなー。ヴラドさんの願い的にも完全に踏みにじられた形だし。
 ただ、ダーニックの悲願というか願いは見ていて切なくなった。Zeroの時臣の願いをさらに根深くしたようなもので、彼にとっては一族そのものを背負っての戦いだったんだよな。たとえ自分自身が消え去ってでも、願いを叶えるというその意志の強さが今回の見どころだった気がする。まあそれも、最後のシロウとの対面で無碍にされるんだけど……。

 今回一番目立たなかったのは、黒のキャスター組、アヴィケヴロンさんだなー。うーん、この人が今後目立つことはあるんだろうか。一応、宝具のフラグは経っているんだけど。というかとっととゴルドを退場させてほしい。うん、われらが英雄ジークフリートをあそこまで残念にした罪は重いのですよ。

 黒のセイバー、ジークフリート。1巻のラストで消滅したけど、ホムンクルスが代役を務めることで復活。
 1巻の一番初めのモードとの決戦が語られたけど、まさか2巻で来るとは思わなかった。でもまあ、最初の変身ってってたし、ここが盛り上げ所ってことなんかもしれんな。
 でも、正直そのあとの展開がやばすぎた所為でちょっと食われた感じが否めない。
 ホムンクルス・ジーク個人で言えば、今回はルーラーとのイチャイチャが多くて意外だった。いやほんと、ジャンヌが唯一気を許している感じがしていいなぁ。セルジュ老人の家に泊まったところは終始にやにやしてたわ。
 やっぱりジャンヌとホムンクルスの二人は主人公的な扱いされているんかなぁと今回のを見て思った。この二人だけ別の物語に生きてるよ。いやまあ、後半は完全に大戦に巻き込まれているんですが。





 次、赤陣営


 赤陣営のイラストしょっぱなは赤のアーチャー、アタランテ。やばい。可愛い。可愛すぎて死ぬ。ケモ耳やばい。これで口調が時代がかったものだっていうんだからもう歩く萌えキャラだろ。っていうか近衛さんのイラストマジやばいな。
 今回はかなり活躍したというか、アーチャーのクラスの神髄を見た感じ。スパルタクスとの戦いで縦横無尽に動き回りながら矢を射るところとかかっこよすぎるわ。やっぱりアーチャーのクラスは接近戦もできないとな!(二度目) 最近の弓兵は近接戦で弓を射るらしいぜ。
 あとアキレウスとのコンビが何気に好み。アタランテはあんまり好きじゃないみたいなところもグッド。

 次、赤のランサー、カルナ。おいおい、CCCの時以上にヴィジュアル系でかっこよすぎるんですが誰ですこのイケメン!! 思わず見とれてしまうくらいにイケメンでやばい。っていうか、ヴィジュアル免だとどう考えてもジークフリート食ってるよこの人!!
 本編での活躍は、個別スキルに『戦闘続行』がないのが不思議なくらいの不死身性。いやまあ、黄金の鎧持っているから不死身なのは当たり前なんだけど、体の内側から杭ぶっ刺されても意志力でどうにかするとかww なんか、CCCの時よりも戦闘そのものを楽しめている感じがして、ちょっとうれしい感じ。
 できればジークとの一騎打ちをもう一回やってほしい。その時にはジークも戦闘慣れしているといいなぁ。

 前回、唯一真名が明かされなかった赤のライダー。案の定アキレウスでしたが、伝承とか考えたらこの聖杯大戦で一番最強じゃね? なんかケイローンに押されているところがイメージ強すぎる所為で今回は残念だったけれど、どう考えても普通のサーヴァントがかなう相手じゃないんだよなぁ。
 っていうか、カルナ、アキレウス、モードレットとくっそやばい英霊が三人も赤の陣営にいる時点ですごい無理ゲーなんだよな黒陣営。どんだけガチなんだよ魔術協会。
 うーん、しかし、ケイローンとの因縁はよかったんだけど、アキレウスの見せ場的な意味で考えると、ケイローンをはやいとこどうにかしないと、全然暴れられない結果になりそうで困る。せっかくいいキャラしているんだし、全力で暴れさせてほしいところだなーと思った。

 赤のバーサーカー・スパルタクス。どう考えても的ですどうもありがとうございます。何がやばいって、黒にとっても赤にとっても敵ってのがww 最後もただの爆弾みたいな感じで華々しく散っちゃってまぁww ま、ある意味一番幸せだったのかもな……(っていうか作者、絶対阿使いこなせてなかっただろこのキャラ)

 赤のキャスター・シェイクスピア。うーん、何度見てもイラストからにじみ出るこのうさん臭さよ。しかし、場合によっては宝具を量産できたりするし、一応キャスターらしいちゃらしいんかね。どこかの毒舌ショタ作家に比べれば、ちゃんと役立っているし(でも月の聖杯戦争だとどっちにしろ役立たずだが)
 ……でも、冷静に考えたら、シェイクスピアって黒陣営にいた方が盛り上がるんじゃ? ホムンクルスに宝具持たせまくればいいし、それに黒の方が波乱万丈な物語がつむげるYO?

 赤のセイバー・モードレッドと、獅子劫界離。やっぱり主人公格として扱われているのか、戦闘も多めで大変結構。ただ、ところどころで扱いが完全に悪役なのは、やっぱり狙ってやってるよなぁww
 今回の一番の見どころとしては、やっぱり過去の描写かな。カムランの丘での一騎打ちのところを獅子劫が夢見るところ。最後の最後で、アーサーがモードに、「貴公には、王の器がなかったからだ」と告げるところはちゃんとやってくれてよかった。
 モードレッドを出したからには、ちゃんとこのあたりの物語にも決着つけてくれるんだろうなぁと楽しみなんだけれど、うやむやに終わりそうでちょっと怖いな。

 最後。赤のキャスター・セミラミスとシロウ。
 セミ姉さんのエロかわいさは異常。シロウを見守るお姉さんキャラって感じだけど、なんか可愛いんだよなー。ってかひざまくら、ひざまくらああああ!!
 しかしセミ姉さんいつ死んでもおかしくないやばさがあるんだが……。ううん、このエロかわいいお姉さんだけはなんとか生き残ってほしい。最初はシロウに裏切られて死ぬもんだと思っていたけど、シロウの正体がわかった今、その説はちょっと薄れたかなぁと思ったり。
 というか、シロウの正体だよ! まあ狙ってミスリードしていたんだろうけれど、まさかの完全別人で、最後の最後に全部持って行かれた。
 天草四郎時貞。
 正直そう来るかぁ! と読み終わった後はめっちゃテンションあがったわ。まあ、士郎へのミスリードとか考えると、ちょっとだけ恨み言言いたい気分はあるんだけれど、それでもこうして意外な真名もってきた衝撃で全部どうでもいいと思える。いやほんと、次が楽しみだわ。
 第三次聖杯戦争のルーラーってことだけど、やっぱりアンリ関係で呼ばれたんかね? あと、ジャンヌがルーラーは願望がない英霊が選ばれる、っていう言葉も気になるな。シロウは願いのためにここまでのことやらかしているし。

 ここから先の展開としては、シロウをラスボスに、赤陣営VS黒陣営+ルーラーって感じになるんかな。モードレットと獅子劫が別行動していることを考えると、モドレ組は黒陣営に付きそうかなぁと妄想してみたり。
 っていうか、2巻だけでも聖杯大戦っていうにふさわしいくらいの乱戦だけど、この展開のおかげでさらに大戦っぽくなってて楽しすぎるわ。ああほんと、次が待ちきれん。次はいつになるんだ? 十二月には見れるのか? とにかく楽しみすぎて困る。




スポンサーサイト
エクストラマテリアル


Fate/EXTRA materialと、Fate/apocypha2巻読み終わりました。




 まずエクストラマテリアルだけ。

 エクストラシリーズの設定集ということで、もうこれでもかってくらいのボリュームが込められています。登場する全サーヴァントのステータスから、魔術師キャラクターたちの設定まで盛りだくさん。用語集に至っては70ページ以上もきのこ先生のノリノリな文章が楽しめて、まさしくファン垂涎の逸品に仕上がっておりました。

 とりあえずステータス見てて思ったのが、嫁王さま、セイバーにあるまじきステータス……。いやまあ、肯定特権で無理やりセイバーになっていることが公式でもわかってしまったからわからんでもないんだけど。一応、聖杯戦争で一番重要(としか思えない活躍をしている)幸運値がAランクなのはさすが嫁王。あと、敏捷も素でAだから、相手をほんろうするような戦い方は得意なんだろうなぁ。……というか能力値的にライダーあたりがすっごい合いそうなステータスだけど、なんか乗り物の伝承とかってあるんかねネロさん。あと、宝具が意外なことにBランクなんだけど、これは消費魔力的な使いやすさで考えていいのかな。
 キャス狐に関しては、もう魔力以外のステが死んでて笑える。サーヴァントじゃなきゃ、サーヴァントじゃなかったら最強なんだよこの人……。
 無銘さんは、凛がマスターの時よりもステータスがあがってる……!? 『無銘になったことで』という注釈があることを考えると、SNアーチャーの時以上に伝説的な英霊に近づいていると考えるべきなんかな。一個人であるSNアーチャーじゃなくて、正義の味方の概念みたいなものって語られてるし。あと、UBWの設定になんか加わっててワロタ。使用者の協力があればEXも投影可、っていうのは、カリバーンとかアヴァロンとかのことかな?

 ほかの鯖で言うと、6回戦以降の鯖と、CCCの鯖のステータスが気がくるっててワロタ。ってかカルナやばすぎるわww 呂布とかはバーサーカークラスの強化だって考えればわからんでもないけど、カルナは素でこれとかww ジナコマスターでどんだけ弱体化してたんだろうな。
 あと、設定だけは強いクーフーリンの安定さや、ガウェインとギルの安定すぎるステータスが恐ろしすぎる。ほんとエクストラはインフレがやばいで……。


 プロフィールのところでは、ザビ夫とザビ子で好きなものとか天敵とかが違ってなかなか面白い。ってかザビ子、トワイスのこと天敵に思ってたのかww
 ザビ夫の嫌いなもの『暖められた商品』。どう考えても言峰店員の所為です本当にありがとうございます。
 ザビ子の嫌いなものに『武器自慢』があってそれも笑えた。おい紅茶wwほどほどにしておけww
 そして二人とも安定の特技。精神の強さにあきらめの悪さがなかったら、CCCはクリアできなかった……。
 あと、ザビ子のラフ画が可愛すぎて悶え死にそうである。そろそろコミカライズでザビ子×紅茶を……。

 嫁王のプロフィールで特技『なんでもできるぞ!』に死にそうになる今日この頃。ラフ画の「なでれ!」が可愛すぎて困る。
 玉藻の好きなもの『幸せ四畳半』で、不覚にもうるっと来た。この子、シリアスブレイクばっかりしているけど、実際の願いは結構切実なんだよなぁ。しかし、『是・否』枕ww
 無銘は……水着が……。

 ヒロインズ、凛とラニは、ラフ画がほんと可愛くって、ずっと見ていたくなるなぁ。ワダさんの絵って、塗が入るとすごいきれいなんだけど、その分細かい表情が消えているから残念なんだよな。
 金髪ポニテ凛のもはや別キャラ感はすばらしいし、CCC初期デザインはぜひやってほしかったと思う。月の女王……。そしてラニは私服が素晴らしすぎる。なぜこれをやってくれなかったし。いや、容量がですね……。

 あと、ダン卿とヴラドさん、トワイスの三人がライダー姐さんを天敵と思っていたりするのがなんか面白かったんだけど、こういう絡みは欲しかったなぁ。CCCは無印サーヴァントの絡みがみれなかったことだけがちょっと残念。もう一回、やってくれないかなぁ。

 桜&BBちゃんのラフ画の破壊力は異常。赤面している桜の白さときたらまさに宝具級! もうやばいこの子可愛すぎるよーと悶えた次のページでさっそうとBBちゃんがその評価を覆しに来るから困る。やっぱり桜は白いだけじゃなくて黒さもなくちゃね☆ デート服来て「せんぱーい♡」って言ってる桜はもらっていきますわ。

 没ネタの桜ファイブは、これ別ゲーで作りなおしてくれてもいいのよ?ってくらいには完成度高くてびっくり。特にヴァイオレットとかは、原典を考えると必要だったんじゃないかなー。
 個人的にはカズラドロップがツボすぎるのでぜひ欲しかった。CCCにはロリ枠が足りないのはまさしくその通りだ! ロリ枠をよこせ!
 キングプロテアは、もう設定見るだけでめんどうくっさそうな敵になりそうだなww 結構作りこまれているから、こいつだけでも隠しボスでやればよかったのに。



 用語集に関しては、やっぱりいつものきのこ先生というか。

 ほんとこの人って、淡々と語る文章で泣かせるのがうまいというか、キャラの本質をついて伝えるのがうまいんだろうなーと思う。キャラにとって本当に重要なことを書いてくれるから、ファンとしてはこれ以上のうれしいことはない。
 とりあえず、何よりセイバーの項の召喚に応じたきっかけがすっごいよかった。CCCでのオリジナルの対応を知っているだけに、どれだけの情動に突き動かされたのかが伝わってくる。ああもうほんと、さびしがり屋の嫁王さまの可愛さとかっこよさはやばいわ
 あと、キアラの項の、絵本のところは不覚にもほろりと来た。おいおい、そりゃ不意打ちですぜ奈須さん。この歩く十八禁にも、無垢な少女時代があったんだなぁと思うとほほえましく、そして召喚されたのがアンデルセンだってことを考えると、最後のイベントがすごい切ないものに感じてくる。

 そしてやはり一番気合いが入っていたのはBBの項。もうこれ、CCCのあらすじだろってくらい、真相を簡潔に、そして情熱的に描いている。
『CCCは一般人の矜持の物語である。
「永遠にヒロインに選ばれない」AIにとって、それこそが美しいもの、尊い奇跡に見えた。
 だから駆けた。38000光年の闇の中を
 ……たとえそれが、聖杯戦争の終わりに消え去ってしまう、一時の残像だったとしても』
 BBはほんと、桜の魅力詰め込みまくったキャラだったな……。

 用語集の最後にトワイスを持ってきたのは、やっぱりそれがエクストラの根源であり、すべてだからってことなのかもしれないなぁと思う。
 ムーンセルの中枢で向かい合う二人の亡霊の会話。
 月の聖杯戦争が行われた理由。その果てに、彼が求める未来。そしてそれを受け止め、受け応える分身。
 結末を知る者は、ムーンセルとプレイヤーのみ。
 ……もう、どんだけたぎらせれば気が済むのか菌糸類は。



 あとまあ、小ネタはかなり笑えるのが多かったので、やっぱりまじめなだけではないきのこ先生。こんだけおバカやりながら泣かせに来るゲーム創るんだから、タイプムーンはほんと恐ろしい会社だよ……。


 そんなわけで、設定集でありながらめっちゃ楽しめました。

 ちょっと長くなったので、アポクリファ2巻については次の記事で。



となりの怪物くん完結




 お盆だよ、全員集合!






 どうも御無沙汰しております。西織です。

 なんとかお盆休みに入って心身ともに休んでおります。……とか思ったらもう二日経過してて軽く涙目だけど。え、あと休み3日しかないの……?






 とりあえず漫画の話。


 『となりの怪物くん』が完結しました。
 まだ13巻で短編集が来るらしいのでもうちょっとこの世界観は楽しめるっぽいですが、とりあえずハルと雫の物語は終了ということで。

 12巻はもうしょっぱなからクライマックスというか、雫の「嫌いにならないで」ってセリフで死ぬほど悶えた。いやほんと、あの雫がこんなセリフを言うようになるなんてよ。成長したなぁ。
 11巻まででも、雫のちょっとした成長は要所要所で描かれてきましたが、12巻はとにかく表情が違うと思った。とにかく、笑顔でいるところが多くて、すっごい可愛い。感情を素直に外に出すようになったし、何よりハルとめっちゃイチャイチャしててやばい。ラストの6年後とか、もうお前誰だレベルだろ。指輪を見ながらまんざらでもない笑顔が素敵すぎる。
 しかし、作中でも言われているけど、登場するキャラたちのつながりって、ハルを介してのものだったんだなーと改めて思った。一人一人は全然接点がなかったのに、それがいつのまにかハルを中心につながって言っている。何がすごいって、ハルはそういう、人の中心に立っているようなキャラじゃないってところがすごいなと思った。まあ、トラブルの中心にはなるんだけど。

 3年生の一年間は、セリフなしの絵だけで描写されていたけど、そこでもいろいろフラグが立っている感じで気になる。特に雫の弟と大島さんが……。このあたり、短編集で楽しみすぎるな。
 あと、ササヤンと夏目さんの恋に決着をつけなかったのは、やっぱり短編集用だろうか。いやほんとササヤン頑張っているからできることなら結ばれてほしい。


 あと、完結したことだしそろそろアニメの二期を……。アニメ地味に出来良かったからなー。






プロフィール

西織

Author:西織
この欄を編集するのを完全に忘れていた男。今年の四月に新社会人という名の社畜人生に一歩を踏み出した。



性別:男
年齢:22歳
血液型:A型
趣味:読書&執筆
将来の夢:作家(前途多難)

本の感想などを見たい人は、こちらをどうぞ
『空っぽの知識(読書日記)』
http://emptyreader.blog81.fc2.com/

自作小説専門のブログ作りました。
『空っぽの知識(自作小説)』
http://emptynovel.blog83.fc2.com/

同じFC2ブログを三つも作ったことにより、他のブローカーに訪問者履歴的な意味で迷惑が……あの、本当に申し訳ございません。


何か連絡があれば、こちらにお願いします。
alred_marchen☆hotmail.co.jp
(☆を@に変えてください)



フリーエリア



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



FC2カウンター



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。