空っぽの知識
 かたよりまくった読書くんの日記
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

仮面ライダーウィザード 視聴終了



 仮面ライダーウィザードが実質的な最終回を迎えました。


 初めてリアルタイムで視聴したライダーと言うことで、感慨深いものもある……はずなんだけど、まあみなさんのご想像通り、あまりいい評価で見終わったとは言えない作品となってしまいました。


 振り返る意味も込めて感想でも書こうと思う。






 とりあえず、最初は良かった点からあげていこうか



○よかった点

・ウィザードのデザインとアクション
 スタイリッシュなデザインは、見ていて素直にかっこいいと言えるライダーだった。腰のマントも、動くとものすごくかっこいいし。アクションも、派手なCGを多用しないでも、余裕のある動きをさせることで強いライダーを見せてくれていたし。(まあ、後半はアクションも微妙になっていったが……)


・晴人のキャラクター(前半)
 操真晴人という、どこか飄々としていて、きっちり締める時には締める、ユーモアのわかるかっこよさがある主人公というのが、初期は本当によかった。しかしそれはどこか無理をしている強さで、ところどころに人間的な弱さが見え隠れする、というのも好みだったし。(ただし、演出は酷かった。もうちょっと魅せ方を変えるだけでもっと説得力があったはずなのに。おかげで後半はry)


・2号ライダー、仁藤功介のキャラクター
 初登場時は、また話を聞かない面倒くさい2号ライダーか、と思わされたが、回を重ねるごとにそのイケメン度の高まりはとどまることを知らず、最終的には主人公よりも主人公らしい活躍をするほどになっていた。
 後半、ぐっだぐだになってしまったストーリーを形だけでも保つことができたのは、こいつのおかげと言っても過言ではない。おばあちゃん回、譲の回、そしてサバト阻止のあたりは本当にかっこよかった。


・一部のシナリオ
 ぶっちゃけウィザードは全体的なシナリオの完成度が低いと思うのだけれども、その中でもよかったと思える回がいくつかある

 フレイムドラゴン回
 晴人のトラウマを克服し、ドラゴンの力を初めて使う回。この時は、『絶望』と言うものを真正面から突き付けてきて晴人が本当に追い詰められていたのと、それを跳ね返す『希望』でフェニックスを圧倒するというカタルシスがあった回だった。
 この回に関しては文句はほんとない。しいて言うなら晴人の弱音がなんかヒス入ってて微妙だったくらいか。

 フェニックス決着回
 正直凜子ちゃん回りの話の流れは「いやいや……」と言いたくなる展開ではあったけれど、それでも傷つけられた仲間のために立ち上がり、強敵であるフェニックスを倒すという流れは燃えた。「お前にフィナーレはない」はこれまでのことを考えると鳥肌が立つくらいかっこいいセリフ。ってかぶっちゃけ晴人の全盛期。
 惜しむらくはフェニックスと凜子ちゃんの交流。ファントムに歩み寄ろうとするが、裏切られる、というテーマはいいんだけれども、魅せ方がひどい。もっと凜子ちゃんがフェニックスに感情移入するような導入にするべきだったのと、すべてが終わった後に、心を通わせることができなかった切なさを表現してほしかった。

 功介おばあちゃん回
 これはほんといい話だった。功介のキャラクターの成り立ちを補完し、その上で功介の成長を描くというきれいにまとまったシナリオ。また、おばあちゃんの「私を絶望させなさい」などと言った発言から、人間の強さと愛情を見せてくれていて、ほんといいシナリオだなと思う。

 インフィニティ回
 話の流れはいいんだ。話の流れは。話自体は好みなんだ。
 問題は見せ方。ここまでほぼ空気だったコヨミを今更クローズアップし、視聴者がまったく感情移入できない状態で晴人が涙を流して、それがなんか知らんが指輪になるという。しかも死んだはずのドラゴンが何の説明もなく復活する。わけがわからないよ。
 ただ話自体は好みなんだ。好みだからこそむかつくんだ。晴人があくまで自分一人で背負うタイプの主人公であるということを強調するような話だからこそ、今後への期待を高まったし(もっともその期待は裏切られるが)

 グレムリン回
 シリアルキラーをここまで描いてくるとは思わなかったので、不意を突かれてすごい面白かった。まるで平成一期のようなホラー展開が、ほんとに面白かった。
 ただし、前編のラスト、お前は許さん。ゲートほっといて敵幹部をたすけにいくヒーローとかどこにいるんだよ。マジでわけわからんわ。フォローぐらいいれろよ。






 …………

 驚きなのが、良い点を挙げようとしてもこれ以上思い浮かばないところなわけだが。
 しかも良い点挙げながら文句言ってるし。すげぇ。ウィザードすげぇ。




○悪かった点


 ……………多すぎて何から言っていいやら。


 とりあえず、脚本、キャラクター、設定の順で悪いのは確実。

 ほんと、脚本もうちょっとどうにかならんかったのかよ……。ぐだぐだと中だるみするだけならまだしも、キャラに謎の行動をとらせたり、無理やり商品販促のためのテコ入れしたり、設定を全く生かしていなかったり……。少なくとも『絶望』に対する描き方が全然足りないし、おかげで晴人の言う『希望』が口先だけになってしまっている。

 ゲスト回自体は別にかまわないんだけれど、そこでせめてコヨミを絡ませていかないと、クライマックスの説得力がなくなるというのを想像しなかったのだろうか。そして、晴人がコヨミにいかに依存しているのか。ゲートを救うのは、代償行為であるような魅せ方とか、もっとしておくべきだった。
 キャラの扱い方もへたくそというか、凜子と舜平という二人を、ほんとただの協力者としてしか使っていなかったのがもったいない。凜子に関しては、フェニックスとの交流みたいな使い方もされていたのでまだマシだったが、舜平ことチンプイは、ほんとなんでこいついるの?ってレベルなのが……。たとえば、晴人のことをいつも見ているからこそ、その晴人の生き方の危うさなんかを指摘するような展開が少しでもあれば。そして、この二人がコヨミともうちょっと交流するだけでも、中盤のコヨミの空気化は避けられたはずだ。

 真相のあたりにしても、儀式に魔法使いが三人必要というのをもっと早くやって、メイジの活躍を増やすだけでも、話にメリハリがついたんじゃないかと思う。あとメイジのデザインはもっと差別化してやれよ……。
 後半、急にコヨミがクローズアップされ、そして視聴者からすればバレバレだった白魔=ワイズマンが判明してから、一気に話の規模が小さくなってしまったのも残念すぎる。結局マッチポンプでしかなくて、伏線を一気に回収するカタルシスはあっても、そのあとの話の盛り上がりがなくなってしまうというリスクに対する準備が全くなかった。グレムリンがその役割を負ってはいたけれど、どうせなら第三勢力的なものも用意していれば……と思わずにはいられない(財団Xとか……)


 こうやって考えると、何から何まで『あとちょっと』何かをするだけで評価が変わったんじゃないかと思わせるあたりが本当に惜しい。


 最終的に、ウィザードは、人々の最後の希望になる晴人が、自分の希望のために戦う、っていう帰結をしたわけだけれど、それ自体もすごくいい話なのに、肝心の『人々の最後の希望』に晴人がなりきれていない(ように見えてしまう)ことが問題だと思う。
 結局口だけというか、何が最後の希望なんだよって思う。追い詰められて絶望して、もう何もすがるものがない、って時に、「まだ俺がいる」と言った風に助けにくるヒーロー。最後の最後に、救いを求めるべき象徴。それこそが『最後の希望』であるはずだが、そこまで追い詰められたような話は皆無であり、むしろゲートは勝手に絶望から逃れて、ウィザードは敵を倒すだけの装置となっているような回ばかりだった。
 そんな晴人が、終盤は自分の身内であるコヨミのことばかりを口にし始めて、一般人なんて二の次な行動に出始めたもんだから、そりゃあキャラがぶれていると言われても仕方ないわ。 

 それまで身を粉にして、人のために戦い続けた主人公が、本当に大切なものを失いそうになった時に葛藤しながらも大切なものを優先する――といったような流れだったら、賛否両論になるかもしれませんが、物語としてのメリハリはついたと思いますし、晴人のキャラクターももっと濃いものになったはず。
 個人的には、苦しみながらも自分の気持ちを優先して闘う、っていう展開はすごい好きだから、終盤は好きな話のタイプなはずなんだ。けど、晴人があまりにも自分勝手すぎるので、その魅力がまったくなくなってしまった。


 本当に……ほんっとうに残念な作品だと思う。



 そんな感じで、残念なライダー、ウィザードというのが自分の感想。
 まあなんだかんだで一年間追ってきたので、愛着はあるんだけれど、ほかのライダーを見た時みたいに、真似をしたいライダーじゃなかった。ほかのライダーは、見ている時は年甲斐もなくその真似をしてたのになぁ……。


 あと、最後に一つ。
 全体的に脚本が残念だったけれど、その中でも断トツで酷かった石橋脚本回は許さない。




スポンサーサイト


プロフィール

西織

Author:西織
この欄を編集するのを完全に忘れていた男。今年の四月に新社会人という名の社畜人生に一歩を踏み出した。



性別:男
年齢:22歳
血液型:A型
趣味:読書&執筆
将来の夢:作家(前途多難)

本の感想などを見たい人は、こちらをどうぞ
『空っぽの知識(読書日記)』
http://emptyreader.blog81.fc2.com/

自作小説専門のブログ作りました。
『空っぽの知識(自作小説)』
http://emptynovel.blog83.fc2.com/

同じFC2ブログを三つも作ったことにより、他のブローカーに訪問者履歴的な意味で迷惑が……あの、本当に申し訳ございません。


何か連絡があれば、こちらにお願いします。
alred_marchen☆hotmail.co.jp
(☆を@に変えてください)



フリーエリア



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



FC2カウンター



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。