空っぽの知識
 かたよりまくった読書くんの日記
刀語の十話は苦手でも嫌いじゃないそんな感じ






 いい加減やらないとマジで十月中にできそうにないので、カタートの感想やりたいと思います。



 というわけで! 刀語の第十話!


 舞台は陸奥の百刑場。そこはかつて、反乱の首謀者飛騨鷹比等が処刑された地。対戦相手は、誠刀・銓の所有者、被我木輪廻。これは、自身を測り、自身を見つめなおす物語――



 これまでの話に比べると、動きの少ない、静かな話です。刀語は基本的に会話が多くて戦闘シーンが少ない物語ですけど、十話はそれが他に比べて余計に出ていると思います。実際、一番『小説』らしい話だったなぁ、と原作を読んだときは思ったくらいです。


 それをどんなふうに料理してくれるかと期待していたのですが、うまいところアニメに落してくれたなぁという感じでした。原作よりもとがめの葛藤が多かったのが余計によかったんじゃないかと。何度も飛騨鷹比等の最期を見せることで、彼の最期の言葉も意識できましたし。

 あと、七花の苦手意識についても掘り下げてくれたのは良かったなと思います。汽口慚愧に関しては原作の方でもちゃんと尺を取ってありましたが、七実や敦賀迷彩に関してはそこまで掘り下げられていませんでしたしね。何のために戦うか、ということを七花にも答えさせたのは本当にいい演出だったと思います。特に迷彩との会話は、七花が『人間』でなかったころの相手でもあるので人間らしさを持った現在だからこそやるべきことだったのかもしれません。

 と、そう考えると、最後に被我木輪廻と話すシーンで、とがめだけじゃなくて七花がいたのもやっぱり自然だったのかと、今感想書いててふと思いました。原作ではあのシーンとがめだけで輪廻のもとに向かったのが印象的だったので、どうして改変したんだろうと思っていたんですが、考えてみると、双方がそれぞれの苦手意識を認識して向かい合ったからこそ、二人とも成長したわけですし。あのシーンではやっぱり七花もいるのが自然なんだろうな。


 それにしても、今回はシナリオのアレンジがかなりいい方に変換されていたように思います。前回はもう完全にキャラ物でしたしね……。これまでのとがめと七花の旅があったからこその、彼ら自身について考えさせる話。旅も終盤に近いのでいったんはしやすめという感じでもよかったと思います。






 さてさて。真面目は感想はこの辺にしておいて。


 毎度おなじみドM忍者。まあ本領発揮というか本性を現すのは来月なわけなので、絶叫は来月に取っておくとしますが。やっぱり否定姫との会話を見ていると「このドMがぁ!」と叫びたくなる衝動に駆られます。ええ、もうこいつ生き生きし過ぎでしょう。不忍の仮面つけているくせに口元はにやりと笑いやがって! お前なんて不妊治療でもしてろ!(わけわからん)
 まあそんなドMさんは今回おそらく作品中で最も大きな仕事をやっていたわけですが。分からない人はとがめが輪廻と話すシーンをよく見てみましょう。
 さて。このドMが喜びそうな罵倒の言葉は来月に取っておくとしましょう。


 あとは……。まにわにはあと二人だけだしなー。考えてみたら鳳凰は大物ぶってるけど実際部下を十人も死なせてしまっているわけなんだよね。しかも部長クラス。そちゃ確かに責任とって辞任しないとね。まあ忍者だったら自刃しそうだけどね。しかし、原作の時も思ったけど、どうかんがえてもペンちゃんに次期頭領はきついんじゃないかな―……?






 さてさて。そんなわけで。
 次回のカタートは!?

 舞台は伊賀、新・真庭の里! 対戦相手は真庭鳳凰!
 遂にあいつとあいつの関係が分かっちゃったりとがめが七花にあれしちゃったり鳳凰様がご乱心だったりペンちゃんが可愛かったりドMが鬼畜だったり否定姫様がちょいブルーだったり遂に黒幕登場だった李盛りだくさん! けれど原作はあらすじだらけ、みたいな! というわけで来月も楽しみです。





スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://tukimaturi.blog89.fc2.com/tb.php/1099-b17f69aa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

西織

Author:西織
この欄を編集するのを完全に忘れていた男。今年の四月に新社会人という名の社畜人生に一歩を踏み出した。



性別:男
年齢:22歳
血液型:A型
趣味:読書&執筆
将来の夢:作家(前途多難)

本の感想などを見たい人は、こちらをどうぞ
『空っぽの知識(読書日記)』
http://emptyreader.blog81.fc2.com/

自作小説専門のブログ作りました。
『空っぽの知識(自作小説)』
http://emptynovel.blog83.fc2.com/

同じFC2ブログを三つも作ったことにより、他のブローカーに訪問者履歴的な意味で迷惑が……あの、本当に申し訳ございません。


何か連絡があれば、こちらにお願いします。
alred_marchen☆hotmail.co.jp
(☆を@に変えてください)



フリーエリア



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



FC2カウンター



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する