空っぽの知識
 かたよりまくった読書くんの日記
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

仮面ライダー龍騎視聴終了





 ついさっき、仮面ライダー龍騎見終わりました。





 うわぁ……。うわぁ。



 なんかもうなんて言っていいのかわかんない感じだけど、めちゃくちゃ面白かった。とくに最終話とその前の二話は、かなりのめり込んでたよ。
 特に49話は衝撃だった。『戦わなければ生き残れない』にしても、まさか最終話まで生き残れないとは思わないだろ! 真司の最期に蓮が「死ぬな木戸!」って叫ぶところでマジ泣いてしまった。やべぇ、蓮がそんなこと言うなんて。すげぇ成長したな……。他の誰でもない、蓮が言うからこそあのシーンは破壊力があるわ。
 最後まで悩みに悩んで、答えを見つけたわけじゃなくても愚直に進み続けた真司がよかった。下手に答えを与えないところがいいよなぁ。そして、そんな彼の姿に、直接的に考えを変えたわけじゃないけど、少なからず影響を受けた他のライダーたちの様子がまたいい。
 蓮はもちろんだけど、北岡の変化もすごい響いたわ。北岡はずっと好きだったけど、ライダーの戦いを諦めるって言った時が一番ぐっときた。そして、自分の運命を受け入れた後に、それでも浅倉との因縁だけは片をつけようとするところなんかがなぁ。けれど間に合わなかったところが悲しすぎる。その遺志を尊重するように戦いに赴くゴローちゃんがまた……。

 最終的な結論としては、終始戦いのむなしさに視点を当てていたなぁと思いました。それでも戦うしかないという状況に追い込まれた人間たちのドラマ。何かを得るために戦っているはずなのに、どんどん持っているものを失っていく登場人物達が皮肉すぎると言うね。


 しかし、正直納得がいかないのが、元凶である神崎兄妹だよ。最後まであいつらに感情移入できなかったからな……。どうも優衣に対してヒロインとしての魅力が感じなかったし、神崎士郎はむかつくうざいだけの奴だし。ってか、神崎士郎さえいなければこんなことには……。こいつらのために一体何人の人間が人生狂わされたと思ってんだ。
 そもそも、神崎の計画の全容がはっきりと明かされていないから想像するしかないけど、まず優衣にライダーが近付くのを止めりゃよかったんじゃねぇのか? 関わるなっつーんなら関わらせるような状況に置くなよ! 事あるごとにめっさ不審なことしているから優衣に感づかれることになったわけだし。
 とまあ、特定の登場人物にイラついているということはそれだけ作品の虜になっているということですが。


 あとはまあ、後半に登場するライダーは全員余計なことしかしねぇなって奴ばっかだったな。タイガとかインペラーとか。結局戦局をひっかきまわした揚句にほぼ自滅だし。

 ってか、東條のキャラは子供向け番組に出していいキャラなのか!? そもそも複雑な話なのにこんなわけのわからん精神構造したキャラ、子供が理解できるものなのか……? まあ、浅倉というやばいキャラが先にいるから心配するだけ無駄と言う感じではあるけど。
 ただ、そういう心配を除いて考えると東條みたいなキャラクターは敵としてかなりいいキャラだとは思いますがね。手段と目的を倒錯しているところとか、未熟な精神性ゆえに暴走するところとか。そんな感じでうざかった中村をプチッたところまでは良かった。ただ、香川先生をやったのは許さん絶対だ!
 香川先生はなぁ。マジカッコ良かったなぁ。神崎士郎に選択を迫られた時に、「答えはとうに決まっている」って言って変身するところは本気で感動した。戦いに赴くあの背中の孤独感。あの段階ですでに英雄だと思うわ。こんなかっこいいおっさんが仮面ライダーにいていいのか!? それと同時に神崎と東條に殺意が沸く。

 あと、マジでひっかきまわして自滅するだけだったインペラーの佐野はなぁ……。彼の最期は下手したら本気でトラウマものだろ。ミラーワールドで叫び続ける彼の演技が真に迫りすぎていただけに、これガキの時に見てたら間違いなくトラウマになっていたと思う。あのシーンが一番この作品の虚無感をあらわしていると思うわ。





 それにしても、下手なアクション映画よりも話は作り込んであるし殺陣はすごいしで、見入りました。うーん、こんなに面白いものだったとは。

 でも、冷静に数えてみると、ライダー13人出てないよね……? あれ?と思ってwiki見てみたら、TVスペシャル版に登場するライダーがいるのか? あと、劇場版なんかも合わせて結末が複数あるとか。うむ、よし、早くそちらを見なければ。


 そんなわけで、面白かったです。

スポンサーサイト

コメント

どうも、はじめまして。仮面ライダーで検索したらここに来ました。
西織さんの仰る通り、龍騎は子供には難しいかもしれません。しかし、当時は仮面ライダーに登場する俳優をイケメンで揃えることでお母さん層も同時に狙っていたので、お母さんと一緒に見る子供を相手にした番組を狙っていたのかも知れません。
とくに東條は「犠牲を払うことで人は英雄になれる」という間違った英雄像を提示することで英雄=ヒーローである仮面ライダーのあるべき姿を再確認する狙いがあったと思ってます。

以上、長文失礼しました。

[2011/02/18 01:46] URL | ヤマキ #8oWqCy3E [ 編集 ]


はじめまして、コメントありがとうございます!
平成仮面ライダーシリーズが子供だけじゃなくて主婦層も狙っているのは知っていましたが、こうしてしっかりと見てみると確かにその通りだなぁと思います。昔何かの記事で「子供よりハマっています」という主婦のコメントがあったのを思い出しました。

東條のキャラクターはいろんな意味で他のライダーを引き立てさせる役割ではあったなぁとは思いますね。龍騎自体がアンチヒーロー的な要素が強いですが、その極端な、しかも間違った英雄像をここまで描いていたことは驚きました。
ヤマキさんがおっしゃるとおり、東條は、ヒーローとしてあるべき仮面ライダーの姿を浮き彫りにするというのもあったのかもしれませんが、それ以上に、龍騎に出てくる仮面ライダーはきらびやかなヒーローではなく、泥臭い人間が戦っているのだという要素を強める意味合いの方が強いように僕は感じました。最終的に、一番自己犠牲を行って他者を助け続けた真司が命を落としてしまうことも、その暗示のように思います。また、北岡の「英雄は、英雄になろうとした時点で失格だ」という台詞が、またアンチヒーローとしての龍騎の作品の立ち位置を表しているように思えました。ってか、このセリフって龍騎が元ネタだったのか……。


と、自分も長文失礼します。龍騎は、それぞれのライダーの戦う理由とかで語る要素が多いのでとても面白かったです。ただ、なにぶん古い作品なので何を今さら的な感じですが。随分遅れたマイブームだなww
[2011/02/18 02:38] URL | 西織 #fBhJEaUc [ 編集 ]


見終わりましたか・・・・・・
龍騎は他の仮面ライダーと比べてもかなり異色の作品ですが、それぞれのキャラクターの魅力
そしてそのストーリーは子供ながら本当に引き込まれていましたね。
あの戦いの中で蓮も真治も北岡も苦悩し、何かを得ながらもそれでも戦いは続いていく。そして最後は・・・
今でも龍騎は本当に名作だと思っています。
龍騎は様々なイフ世界の混在する作品ですが、神崎兄弟が戦いを止め、最後の戦いのない世界を選んだあの世界が最終形になっているんですよね。
それまではどんな結末になっても神崎がタイムベントで巻き戻していたわけですし。
真治のあの馬鹿なりに一生懸命に戦いを止めようとしていた行動、そしてあの最後は彼が不器用なりに英雄であった証ですね。
最後神崎があの世界を許容したのにもそんな真治の存在は多少なりとも影響があったのだと思っています。
願いに関してですが、基本的にどの登場人物の願いも完璧な形では叶ってはいないんですよね。
最後の勝ち残った蓮に関しても、蓮自身はああなってしまったわけですし、ライダー同士の戦いを楽しんでいた浅倉も、
もっとも望んでいた相手との決着はつけられないまま、自暴自棄に警官隊に突っ込んでいったわけですし。
西織さんの言っていた戦いの虚しさに視点が当たっているというのは本当に的を得ていると思います。

香川先生は本当にカッコイイですよね!ってかあの人が主人公でも余裕で一本作れるというか
自力でライダーシステムを作り上げて、しかもそのファイナルベントがサバイブと同じ強さって本当どれだけ凄いんですか。
最後の直前まで東條のこともしっかり考えていてくれていた分余計に殺意は湧きますよねw
あとかっこいいおっさんライダーは結構平静ライダーはいますよb 
他作品の話になるので詳しくは言いませんが、もし見る機会ありましたら楽しみにしていてください
佐野のあの話はなあ・・・冗談抜きで今でもトラウマになってますよ・・・佐野役の方の熱演が本当に・・・・・・
(あの話の題名がガラスの幸福っていうのが余計になあ)
あとタイガとインペラーの変身に関してはここを見るとわかりやすいですよー
http://tvarc.toei.co.jp/tv/ryuki/gallery/mitsuru/index.stm
http://tvarc.toei.co.jp/tv/ryuki/gallery/satoru/index.stm
あとニコニコで申し訳ないですがこれも
http://www.nicovideo.jp/watch/sm6300536

つらつらとムダに語ってしまいスイマセン
しかしまあ、自分の中でも大好きな作品なので長文になってしまいました・・・・・・
又後日にでも以前貼ったURLなど見てもらえたら幸いです
[2011/02/19 01:11] URL | サバ味噌 #- [ 編集 ]


コメント欄で感想ありがとうございます。古い作品ですし、他の人の感想は今じゃなかなか見れないので、嬉しいです。

最終的に全員の願いが叶っていない、ってところが一番大切なところですよね。何かしら救われた人も、本懐そのものは遂げられていないわけですし。
最終話でミラーワールドの優衣が「また繰り返すの?」と言って、やっと神崎が何度もタイムベントで繰り返してたんだってことが分かったんですが、どのイフでも優衣は新しい命を拒んだんだろうなぁと思うと、言い知れない感慨とともに、物語そのものが本当に皮肉に満ちて見えますよね。神崎はただ、妹の幸せを願っていただけなのに。まあ、それでも奴は氏ねと思いますが。ホントあんたの所為で一体何人の人間が(ry

香川先生はやっぱりいいですよね! 一番年長者だけあって、作中でも一番理性的な人間でしたし。ってか、変身ポーズがすごいカッコいいおっさんでした。いろいろ重要な役割だっただけに、あっさり逝ってしまったのが余計喪失感を漂わせました。なんていうか、他のキャラクターは死亡してもその当人の死に様に情感を覚えるのですが、この人の場合は家族のことがあるから他のキャラより余計にきつさが上乗せされたというか。香川先生の失踪後の家族の様子を描かないところがまた憎いですよね。

変身ポーズですが、すげぇ分かりやすいですww。真剣に見ながら練習をするいい歳した男がここに一人。それにしても、タイガはまだいいとしてもインペラーのこの変身はいったい何を思って行っていたんだ佐野はww
前回紹介してもらったハイパーバトルビデオも見ました。何と言うか、すごくさわやかな浅倉に笑いが止まりません。もうほとんど出オチだろと思いながらげらげら笑ってましたww

かっこいいおっさんが他にもいるとのことですし、これから平成ライダーシリーズを追えるだけおってみようと思います。さあ、次はどれから手を出そうか……。
[2011/02/19 02:23] URL | 西織 #fBhJEaUc [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://tukimaturi.blog89.fc2.com/tb.php/1210-cd763cb1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

西織

Author:西織
この欄を編集するのを完全に忘れていた男。今年の四月に新社会人という名の社畜人生に一歩を踏み出した。



性別:男
年齢:22歳
血液型:A型
趣味:読書&執筆
将来の夢:作家(前途多難)

本の感想などを見たい人は、こちらをどうぞ
『空っぽの知識(読書日記)』
http://emptyreader.blog81.fc2.com/

自作小説専門のブログ作りました。
『空っぽの知識(自作小説)』
http://emptynovel.blog83.fc2.com/

同じFC2ブログを三つも作ったことにより、他のブローカーに訪問者履歴的な意味で迷惑が……あの、本当に申し訳ございません。


何か連絡があれば、こちらにお願いします。
alred_marchen☆hotmail.co.jp
(☆を@に変えてください)



フリーエリア



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



FC2カウンター



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。