空っぽの知識
 かたよりまくった読書くんの日記
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あの日見た奴の姿を僕たちは忘れない






 だーりんやりたいよおおおおおおおおおおおおおおおおお!!


 とあるサイトさんの感想記事が面白そうすぎるんだよおおおおおおおおおおおおおおお!!





 だ~りんだりんだ~りんchuchuchu








 そういえば、あの日見た花の名前を僕たちはまだ知らない略してあの花を遅ればせながら見終わりました。



 まあ奇麗にまとめたなという感じ。個人的にはもう少しドロドロぐちゃぐちゃした人間関係の愛憎を描いてくれた方が最後盛り上がったよなぁとか思ったりするけど、1クールでこんだけやったんだからいいじゃんって感じ。ってか花火のシーンでのめんまママとぽっぽの懺悔シーンの二つが個人的に素晴らしかった。
 あと、木によりかかるめんまとか構図がよかったなぁと思う。うーん、ただ、やっぱり感情移入できなかった分最後はそこまで乗りきれなかったんだよな。むしろOP映像見ているときが一番興奮していたと思う。最後に音楽が終わるとともにめんまが秘密基地に背を向けるあの絵が素晴らしい。シナリオよりも作品のイメージがよかった作品だな。

 とりあえず感情移入できなかった理由の一番はキャラ同士の愛憎が期待したより少なかったってのなんだけど、それ以上に某ゆきあつさんの所為だよ……。いや、最高だったよあいつは。もうこいつのおかげで、シリアスなはずの物語がネタにしか見れないレベルには素晴らしかったよ。あの日見た奴の女装を僕たちはもう忘れない。


 たぶん『感動できなかった』と言っている人は、話自体がちょっと駆け足に感じたんだろうけれど、でも冷静に考えると、これ以上こいつらの関係って複雑にできないんだと思うんだ。何故ってぶっちゃけみんな仲良しだから。序盤こそ昔と今は違うんだよ、ということを強調する流れだったけど、そういう流れが序盤にあるってことは、最終的には昔の関係に戻ることが示唆されているも同然で、そういう前提がある以上、関係をこじれさせるにも限度があるわけで。
 もしやるんだったらもっと各々の嫉妬を掘り下げるべきだったんだけど、困ったことに中心にいるめんまとじんたんの二人が嫉妬とは無縁の場所にいたのが達が悪い。加えてめんまがじんたん以外に見えないって言う設定が、よかったけれど物語に制限を作ってしまっていたと思う。おかげで昼ドラ出来なかったしなぁ。

 そして、ゆきあつ女装事件の所為で急激に仲良くなっちまったからなみんな。やっぱり戦犯はゆきあつ。そしてMVPもゆきあつ。ゆきあつ最高だよお前。


 しっかし、なんだかなぁ。自分の好きなタイプの話ではあるはずなのに、あんまり乗りきれなかったのは、ぶっちゃけた話、悪人、というか悪意がないからなんだと思う。登場人物の『嫉妬』っていう要素が、切なさを演出するためだけに使われていたから、きれいなものに見えてしまったんだなぁと感じた。人間のエゴってもっと泥臭いものだと思うけど、それをあらわすにはやっぱり尺が足りないというか、登場人物たちの初期設定からの距離感が近すぎたっていうか。単純にいい奴ばっかりだったって言ってもいい。あなる可愛いよあなる。



 うん、見終わった後になんかもやもやしたもんがあったから記事にしました。毎週楽しかった。


スポンサーサイト

コメント

ひきあつが神がかりすぎてたねw あいつ全部もってったって言ってもいいくらいw(視聴者的に^^)

最後の場面の
「もちろん俺も大好きだはぁーーぁあ」
にも、なんかフイテしまったぢゃないかww

でも感動はできたよ。目頭がウルっとなるくらいには。

もし、めんまたんのキャラデザがこけてたら、150%ゆきあつ生態観察アニメになってた(笑)

めんまもあなるもかわいかったから作品本来の目線で見れた気がする(笑)

あとOPで一番興奮するってのはかなり同意^^!
なんでだろうね。
んでOP終了→本編開始30秒あたりまでうっすら倦怠感ぽいの感じてしまうのは自分だけだろうか(笑)

なんにしてもまぁまぁ良作だったと思います。
「C」もね。
[2011/06/28 05:40] URL | 風太 #- [ 編集 ]


シリアスな内容をとことんネタに走らせてしまったゆきあつですが、しかし本人はいたってまじめでシリアスなところがまた笑えるというか・・…。ハッ、これがシリアスな笑い……!!

作品本来の目線をあらわすんだったら、女装ネタ見たいなシュールなのはちょっといらなかったかなぁと思ったりもします。せめてフィギュア制作とか……うん、それでもあんまり変わらない気がする。やっぱりゆきあつはゆきあつか。

OPはやっぱりいいですよね。作品の雰囲気全部濃縮している感じが素敵。

「C」は見てないんですが、面白かったのか……。DVDが出始めたら借りようかな。
[2011/06/28 22:25] URL | 西織 #fBhJEaUc [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://tukimaturi.blog89.fc2.com/tb.php/1336-454c06d0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

西織

Author:西織
この欄を編集するのを完全に忘れていた男。今年の四月に新社会人という名の社畜人生に一歩を踏み出した。



性別:男
年齢:22歳
血液型:A型
趣味:読書&執筆
将来の夢:作家(前途多難)

本の感想などを見たい人は、こちらをどうぞ
『空っぽの知識(読書日記)』
http://emptyreader.blog81.fc2.com/

自作小説専門のブログ作りました。
『空っぽの知識(自作小説)』
http://emptynovel.blog83.fc2.com/

同じFC2ブログを三つも作ったことにより、他のブローカーに訪問者履歴的な意味で迷惑が……あの、本当に申し訳ございません。


何か連絡があれば、こちらにお願いします。
alred_marchen☆hotmail.co.jp
(☆を@に変えてください)



フリーエリア



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



FC2カウンター



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。