空っぽの知識
 かたよりまくった読書くんの日記
仮面ライダー555(ファイズ) 視聴終了


 仮面ライダー555の感想をやります。




 前半、中盤、後半で、見事に評価が分かれる作品でした。




 うん。あんま最初にネガティブ発言しても仕方ないし、よかったところと悪かったところで挙げていこう。



よかったところ

・たっくんのキャラクター
 口は悪いけど寝はいい奴、っていうキャラはありがちだけど、巧の場合は自分の在り方そのものに迷って生きているところがあったため、そういう面も含めてかなり魅力的なキャラクターだったと思います。彼自身がオルフェノクであることを引け目に思っていて、自分が人間を裏切るかもしれないと言う恐怖を抱いているという設定もなかなか。それでも人間として生きていこう、戦おうと思うその精神は、やっぱり正義のヒーローで、仮面ライダーでした。
 彼の名台詞、「俺には夢はない。けれど、誰かの夢を守ることはできる!」はほんとよかったと思います。
 それにしても、序盤で彼が免停になったときには死ぬほど笑いました。免停ライダーファイズww


・前半と中盤の木場さん
 木場さんはめっちゃいい人だぜ、というか周囲の悪い働きかけさえなかったら、彼は仮面ライダーになるような精神を持った人だよなと思う。確かに彼は人を殺しているけれど、序盤のその過ちを悔いて、なんとかオルフェノクの力におぼれずに、人間と共存していこうと願う。一度過ちを犯しているが故の悟りがあったと思います。
 後半にしても、話の流れ的にそうなるだろうなとは思っていたが、まあそっちは後で語るわ。


・デルタの力におぼれなかった三原
 弱いよ三原くん、と思いながら後半はずっと見ていましたが、しかし考えてみれば、流星塾生の中で唯一デルタの力におぼれていないんですよね。それは彼自身の弱さと言うのもあったのかもしれませんが、その弱さを押しのけて戦おうとする姿は、立派な仮面ライダーでした。うん、弱かったけど。
 せめて一回くらい単独の勝利回があってもよかったんじゃないかと思う。本当に。


・ネタとして草加
 ネタキャラとしては最高でした。ネタキャラとしては。


・オルフェノクと人間の両方を理解できる海堂
 海堂は、ある意味ファイズでやろうとしたテーマの答え的な存在のようにも思います。オルフェノクと人間の共存。もともとは木場が抱いていた理想ですが、その木場の姿を見て、次第に惹かれていく海堂の変化は丁寧だったと思う。口では悪く言いながらも、おせっかいをかけてしまう性格。そんな自分に戸惑いながらも、少しずつ素直になって行く海堂が本当にいいキャラクターでした。


・木村沙耶のエピソード
 ファイズの物語の中で一番好きな話で、何より傑作だと思う話。
 流星塾生たちがデルタの力に翻弄されて我を忘れる中で、巧にデルタのベルトを託すためにひそかに巧のそばに近づく沙耶でしたが、その一連のエピソードはもうクライマックスにしてもいいんじゃないかってくらい好きでした。巧の戦う理由を再確認させる意味でも、かなり重要なエピソードだったと思います(まあ、後半の展開の所為で無駄になったが)


・ネタとして琢磨
 いやマジでコイツ最高だろ。こいつの姿に何度腹を抱えて笑ったことか。


・冴子さんマジ美人
 ほんとこの人美人だよな。
 ぶっちゃけラッキークローバーはこの人さえ生き残ればいいやと思ってた。結果的にその思いは間違いだと最後に気付いた。


・ファイズのかっこよさ
 何よりファイズのデザインが素晴らしいですよね。
 夜の暗闇に光るスーツの赤い線がマジにかっこいい。必殺技であるライダーキック、クリムゾンスマッシュの流れなんか、もう何度見てもわくわくするくらいにかっこいいです。
 それに、アクセルフォームのかっこよさは、カブトのクロックアップに通じます。アクセルフォーム時のクリムゾンスマッシュはほんとうに魅惚れるようなかっこよさ。やばい、マジで何度見てもいいくらい。


・主題歌
 justiφ'sは、仮面ライダーというヒーローを象徴する歌だと思います。
 もうこの歌かっこよすぎるだろ。上の上ですよ。
 たぶん平成ライダーの主題歌の中で一番気に行ったと思う。何より、初めのわくわく感がたまらないよなぁ。






 わるかったところ(見なくてもいいよ)


・もうなんていうか、シナリオ全部
 ……とても一人の脚本家が全話書いたとは思えないシナリオ展開だった。
 まず一番言及したいのが、巧自身がオルフェノクであるにも関わらず、前半の物語で『オルフェノクにも人間の心を持つ者がいる』ということに巧が苦悩する場面があること。そのエピソード自体はすごくいい話ですし、作中のテーマにも関わる問題だから構わないんだけど、それをやった後に『実は巧もオルフェノクでした』ってのをやったのがおかしい。巧のあの何話もかけた苦悩はなんだったんだ。

 そして、中盤の昼ドラ展開のしつこさと、後半の怒涛の心変わり。とくに木場の心変わりに関しては、シナリオの構成上そうなるだろうとは予想していたけれど、まさかあれほど無理矢理やるとは思わなかった。確かに結花が死んで人間に絶望したと言うのはわかるが、それにしても、彼のこれまでの性格から考えると、巧に対して何も事情を話さずにかたくなに『まだ人間を信じているのかい?』と言うのは違和感しかない。ってかそれで納得してもらえると思ったのだろうか木場は。

 さらに酷いのは結末。オルフェノクと人間の関係は、オルフェノクの寿命と言う問題で片づけられてしまって、倒すべき敵は結局生きたままで、登場人物たちはなんか勝手に自分の答えを見つけて、ハッピーエンドめでたしめでたし。長年続いた週刊連載の打ち切りか! やるにしてももうちょっとまともなまとめ方は出来なかったのか。
 50話も使ってそりゃねえよっていうオチだった。消化不良にもほどがある。

 シリアス展開と陰鬱展開は違うもので、キャラクター同士の対立や裏切り、勘違いと言った要素は、次につながるようなものでないと意味はない。ファイズの場合は、ただ延々と仲間内で傷つけあって、なんか無理矢理まとめたって感じだった。もうただ話数を稼ぐだけのようにしか見えない。
 特に草加は何がしたかったのか。まあ何がしたかったんだかわからないからネタキャラ扱いされているんだろうが、それにしても中盤のこいつの暗躍のウザさは半端ない。後半のオルフェノクへの嫌味はキャラの設定上ありだと思うけれど、中盤はただ人間関係をひっかきまわすだけの邪魔な奴だった。そのくせ、ラッキークローバーに対して全く手足が出ないというね。お前暗躍なんてしている暇ないだろ!
 
 テーマ自体は面白いしキャラクターたちもうまいこと物語の歯車としてうまく機能している。なのに、テーマは語りきれず、キャラたちは何がしたいのかわからない行動に走る。そんな印象を受けました。
 いやほんと、せめて木場だけはもう少しまともな最後にしてほしかったわ。それこそ劇場版見たいに巧に夢を託すとかさ。本編のあれじゃあ、主体性のない周りに振り回されるガキじゃないか。

 あー、だめだ。文句言い始めたらきりがない。


 というのも、中盤まではほんとうに面白かったんです。たぶんこれまでみたライダーの中じゃ、一番いい作品なんじゃないか、ってくらいハマっていました。確かに昼ドラ展開きつかったし、戦闘もグダグダでカタルシスなかったけど、巧の語る理想がどういう結末を迎えるのか楽しみだったというのもあります。だからこそ、それが全部投げっぱなしにされたのが無念すぎる。

 これまでのライダーシリーズでもそうだったんですが、もう井上俊樹に対しては不信感しかないですな自分は。





 そんな感じで、555の感想でした。

 ほんと、以下に結末が大事かがよくわかる作品です。同じように中盤グダグダしたブレイドは、結末が傑作だったために全てを見直すことができましたが、ファイズはもう結末が最悪すぎて中盤もなんか微妙に思えてくると言う。
 結末さえもう少しマシだったらなぁ……。


スポンサーサイト

コメント

555の最後がこうなってしまったのも全て乾巧って奴の仕業なんだ・・・・・・
冗談はともかく感想遅れましたがコメントさせていただきますね。
555は以前他の人から聞いたあと啓太朗を除き全員が一度は死んでいるゾンビドラマという評価はその通り過ぎで忘れられません。
555はテーマとして怪人と人間の共存や、それぞれのエゴのぶつかり合い、移り変わる3本のベルトも主役であるというようなストーリー展開、そして自分が初めてスーツアクターの人の凄さを意識するようになった作品でしたね。
今見ても555のライダーのアクションは本当にカッコイイと思います。
夜の闇の中、赤く走るフォトンブラッドやアクセルクリムゾンスマッシュは今見てもまったく見劣りしませんぜ。

終盤の展開に関しては自分もこれで終わり?となってしまいましたね。
本当にそれで終わりで良いのかよというか、解決しなくちゃいけない問題はまだ残ってるんじゃね?というか・・・・・・
序盤・中盤のストーリーについては自分もかなり面白いと思っています。
第8話の「夢の守り人」は仮面ライダー全体の中でもトップクラスの話ですよね。

井上さんは魅力的なキャラクター作りと、話における風呂敷の広げ方は流石なのですが、カブトといいどうも最後尻すぼみになるというか、風呂敷を広げるだけ広げてまとめきれていないよなあっていうのは自分もどうしても思ってしまいますね。
本当にキャラクターの魅力は大きいんだorz
海道さんとか今でも大好きなキャラですし・・・琢磨君の落ちぶれっぷりは見ていて爆笑していましたぜ
また何気に社長も結構好きなキャラクターです。
その分木場さんや巧はかなり脚本の犠牲になっていたなあという部分は大きいです・・・・・・
あと草加のネタっぷりというか話のかき回しっぷりはもうああいうものだと思うしかないですぜ
総合的に見ると随所光る所はいっぱいあるのですが、最後のまとめで失速してしまったかなと自分も思います。
酷評してしまう部分も多々あるのですが、海道さん等のキャラクターの魅力やライダーのカッコヨサで自分はキライにまではなれない作品ですね。

余談ですが、海道が警官のコスプレして555と913のベルトを奪ったときに一緒にいたラピッドオルフェノクの奴は若き日の影山でした
そして相変わらずのバトルビデオの壊れっぷりよwバトルビデオの中でもカオスっぷりは半端でないですね。
ttp://www.youtube.com/watch?v=z2OhjxQTYP8
[2011/10/05 17:57] URL | サバ味噌 #- [ 編集 ]


555の評価が基本的に高いのは全部乾巧ってやつのおかげでもありますよね……ッ!!

555がゾンビドラマと言うのは言い得て妙、というかその通り過ぎて笑えますねww。っていうか、中盤の真理の蘇生は止めてほしかった……(せめてオルフェノクになっちゃったとか、そういう理由付けやドラマの広がりが欲しかったなぁと)

要所要所の魅力は本当に計りしれないんですが、それの結合とまとめが決定的に滑っているよなぁというのが、あとから考えると思います。いくらなんでも池ポチャ多すぎると思うんだ……(まだ池ポチャはいい方だ。もっと酷いのは戦闘そのものがいつの間にか終わって次のシーンに移っているパターン……)

しかしまあ実際八話の「夢の守り人」なんかは最高ですもんね。あれを見て、555の評価が高い理由がよくわかりました。たっくんが夢の守り人と呼ばれている理由も。
なんでしょうね。ブレイドはまとめが見事だっただけに全部が許せる気がしてしまいますが、555は終わりが釈然としないだけに全体的に釈然としなくなってしまったのを考えると、いかに〆が大切かが分かる感じですね。まあしかし、自分もやっぱり555のカッコ良さはどうしても嫌いになれないのですが。

それにしても、ハイパーバトルビデオのイカレ具合が・・…。なんだこのミュージカルww
[2011/10/06 21:57] URL | 西織 #fBhJEaUc [ 編集 ]


お前の言ってることは小学生の読書感想文ばりの稚拙さだな
[2011/12/30 19:46] URL | #- [ 編集 ]


そういうあなたは小学生にすらまともに反証できないガキですね。
[2011/12/30 19:51] URL | 西織 #fBhJEaUc [ 編集 ]


設定やデザインは良い
ストーリーも中盤までは良い
でも全体的には酷い
ガンダムシードとかぶってますね 555の評価のされ方は
[2012/03/27 03:13] URL | ハート #- [ 編集 ]


ガンダムSEEDは伝聞だけで見たことはないんですが、そちらもあまりいい評判は聞かないなーと思いますね。
555好きなんですけどね……。感想でめちゃくちゃに言ってますが、あのスタイリッシュさは本当に大好きです。どうしてああなった……。
調理の仕方って大切ですね!
[2012/03/27 09:07] URL | 西織 #fBhJEaUc [ 編集 ]


重ねて失礼
555の後半のシナリオがつまんないのは
ラッキークローバーや流星塾関連を引っ張り過ぎてたのが原因でしょうね
この二つは中盤の内に片づけておくべきだった
あと、井上の趣味なのだろうか料理や食事関連で尺稼ぎ過ぎなんだよ
それで結局尺が足らなくなって終盤は急ぎ足で終了っていう
ラストもパラダイス・ロストの焼き直しだし・・・・
井上自体が親のコネだけの2流脚本家だったって事が555で証明されてしまった
井上アンチという訳ではないのだが俺は井上は有能な脚本家とはお世辞にも言えないと思う
[2012/03/28 01:22] URL | ハート #- [ 編集 ]


後半の評価については同意ですねー。ラッキークローバーはさすがに粘りすぎた。少なくとも、一人ひとり脱落していくような形にすれば、緊張感もあった気がするんですが。
たぶん井上さんとしては、ラッキークローバーの強さと、そのキャラクターを消費したくない感じだったんでしょうけど、正直逆効果でしたしね。その代りに流星塾メンバーが次々に退場しますし、その割に感情移入できるキャラが少ないですし。

ただ、井上さんは悪いところも多いですが、一話に集約された話の完成度は高いと個人的には思います。記事やコメント欄でも述べている、8話の『夢の守り人』と、木村沙耶のエピソードなんかは、キャラクターを積み上げたからこそできるものだと思いますし。
惜しむらくは、それが風呂敷をたたむ方向に向いてないってことなんですけどね……。

カブトの黒カブトや剣の最後などもそうなんですが、節目となる話を描くのはほんとうまいなぁと思ったりするんですが、その分話を盛り上げたりするのにムラがある人だなぁとは思います。まあ彼の信条である『シナリオは設計図に過ぎない』という考え方が原因のような気がしますが。
しかし、それでも、555のラストと、COREのオーズパートは許さない。なんじゃ信長の欲望って。ってかあれはシナリオもあれだったけど演出もあれだったがな!!

なんかまとまりのない感じになってしまいましたが、このへんで。
[2012/03/28 20:49] URL | 西織 #fBhJEaUc [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://tukimaturi.blog89.fc2.com/tb.php/1421-7ac2a767
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

西織

Author:西織
この欄を編集するのを完全に忘れていた男。今年の四月に新社会人という名の社畜人生に一歩を踏み出した。



性別:男
年齢:22歳
血液型:A型
趣味:読書&執筆
将来の夢:作家(前途多難)

本の感想などを見たい人は、こちらをどうぞ
『空っぽの知識(読書日記)』
http://emptyreader.blog81.fc2.com/

自作小説専門のブログ作りました。
『空っぽの知識(自作小説)』
http://emptynovel.blog83.fc2.com/

同じFC2ブログを三つも作ったことにより、他のブローカーに訪問者履歴的な意味で迷惑が……あの、本当に申し訳ございません。


何か連絡があれば、こちらにお願いします。
alred_marchen☆hotmail.co.jp
(☆を@に変えてください)



フリーエリア



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



FC2カウンター



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する