空っぽの知識
 かたよりまくった読書くんの日記
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ココロコおもしろい!




 ココロコネクトが面白すぎる件。


 やべぇよ、今日だけで二冊も読んじゃったよ。仮眠とんなきゃなのに眠れねぇよ。




 つーわけで適当に語るんで、ココロコネクトの四巻までを読んでいない人はバック。




 キャラのトラウマのえぐり方というか心情描写がめちゃくちゃうまいのね。二巻の稲葉とか最高だったけど、三巻での青木と唯の亀裂の入れ方とかマジでうますぎた。この作者、人の心の折り方熟知してんじゃねェの……? 青木が自分に別の女を重ねているんじゃないかって疑心にとらわれたところの唯とかもうたまんねぇわ。そしてそのことを知って自問自答している青木とかまじたまんねぇわ。やべぇ、面白すぎるわこれ。

 でもなんといっても四巻ですよ! 一応一巻で決着がついたはずの伊織がまさかの豹変で、おいおい作者ちゃんと理由考えてんだろうなとか思いながら読んでいたら、もうぐうの音も出ないくらい見事に理由つけてくれやがっていましたよ! しかもちゃんとこれまでの三冊を積み重ねたうえでの理由を! 伊織の本心が明かされた瞬間の鳥肌具合はやばいってもんじゃなかった。
 言ってしまえば普通の話だし、ああいう異常な状況にさらされ続けたら心が折れるのは時間の問題なんだろうけれど、それを『物語』として俯瞰してみている読者からすれば盲点に近いもので。特にライトノベルと呼ばれるジャンルの場合、キャラクターがとりあえずおかしなことに巻き込まれてなんやかんやあって解決っていうパターンを楽しむところがあるので、そういう『ふつう』が盲点になりやすい。まあだから驚けっていうわけじゃないんですけど、この伊織の問題をリアルに感じれるかどうかで、この作品の評価はがらりと変わるんだろうなーと思う。三巻で青木と唯のテンションについていけなかった人とかはある程度わかる問題じゃないかなぁ。
 ただ、難点を言うとすると、この間に限っては解決に用いた事件がちょっと陳腐すぎたかなぁと思わないでもない。これまではあくまで主要キャラたちの青臭いぶつかり合いで解決していたけれど、今回は外敵を無理やり作った形だから、どうしても陳腐に映ってしまう。まあ物語映えはするんだけれど。『物語』から脱却した地点でのキャラの掘り下げを行った巻でやるのは、少しもったいないかなぁと思ってしまう。まあそこまで含めてエンターテイメントだと考えればいいのかもしれないけれど。暗いだけの話なんて面白くとも何ともないし、それに、映像映えはするだろうなぁ。

 あと、太一と伊織の恋の決着をつけたところもナイスだと思った。っていうかうますぎるだろこれ。『初恋の終わり』っていうのを、こじれた関係を元に戻すとともに、次の恋につなげるために使うとは。っていうかどう考えても当て馬としか思えなかった稲葉が勝った!? 当て馬が勝利した!? やっべぇテンションあがりまくる。マジでびっくりした。

 というわけで最後に稲葉のかわいさでも語って。

 こういう虚勢張ってんだけど内心は不安いっぱいっていうキャラ大好き。本当は一番助けなきゃいけない子なのに主人公に悟ってもらえなくてぼろぼろになって表面化するっていうシチュエーションが好きなのです。それを見事にやったのが二巻だったわけだけど。二巻での「ば れ た」のシーンの稲葉の絶望がもうぞくぞくしちゃう。そして二巻のラストのキスとかマジかわいすぎるだろ。精一杯太一の前では強気でいるのに、独りになった瞬間「キスしちゃったぁ~~!」とかもだえるとか、お前小動物か! 惚れてまうやろ!
 四巻で伊織のために動いた時にバッサリと切られたところとか、ごめんなさい連呼はかなり効いたわ。うん、ギャップがあってよろしい。その分、逆襲というか開き直りで伊織を前に言葉攻めも素晴らしかったけどね。どこの羞恥プレイだよ。可愛すぎんだろうがチクショウ。

 うん、ほんと最後に報われてよかったね稲葉ん。



 よし、思いっきり語ったので寝よう。寝ないとマジでやばい。おやすみ。





ココロコネクト ミチランダム (ファミ通文庫)ココロコネクト ミチランダム (ファミ通文庫)
(2011/01/29)
庵田 定夏

商品詳細を見る



スポンサーサイト

コメント

ココロコネクト良いですよね。
最初から知ってるんですが、アニメも期待通りって言うか、期待以上って言うか。
色々と制作陣の本気やら、声優の本気やらを感じてしまうデキですね。素晴らしい。

4巻まで一気読みは多分一番面白いと思いますよ。
伊織についても稲葉んについても色々と一気に展開が開けてますからね…。
確か4巻辺りを読んでたときにそんな風に思った記憶がありますw。

この作品1巻ごと、場面毎にヒロインが可愛くなってくんですよね…。
伊織も稲葉んも唯も全員可愛いですしね…。
原作もアニメも楽しみですホント。
[2012/07/22 13:24] URL | tokuP #- [ 編集 ]


お久しぶりです。
tokuPさんが前々から推していたのは知っていたんですが、ふっつーにスルーしていました。まさかこんなに面白いとは……。
特に四巻までの一気読みは幸せでした。言われる通り、毎回ヒロインが可愛くなっていくというのが。個人的には稲葉がストライクすぎましたね。キャラ設定的には自己喪失の伊織の方が自分の好みなんですが、稲葉は強気なのに実は弱気というありがちなキャラがこれでもかというくらい昇華されててツボにはまりまくりです。つーかこいつはでれてからがやばい……。

アニメに関しても、今のところは原作をきれいになぞってくれているので今後のあんなシーンやこんなシーンが気になるなぁ。ってか女性声優の男演技はともかくとして、男性声優のカマ演技がうますぎてやばい。違和感がないところがおかしすぎるww
原作はあと二冊を残すところとなりました。早く読みたい気持ちと、読み終わってしまう悲しみが……。
[2012/07/22 22:23] URL | 西織 #fBhJEaUc [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://tukimaturi.blog89.fc2.com/tb.php/1555-fe217cbe
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

西織

Author:西織
この欄を編集するのを完全に忘れていた男。今年の四月に新社会人という名の社畜人生に一歩を踏み出した。



性別:男
年齢:22歳
血液型:A型
趣味:読書&執筆
将来の夢:作家(前途多難)

本の感想などを見たい人は、こちらをどうぞ
『空っぽの知識(読書日記)』
http://emptyreader.blog81.fc2.com/

自作小説専門のブログ作りました。
『空っぽの知識(自作小説)』
http://emptynovel.blog83.fc2.com/

同じFC2ブログを三つも作ったことにより、他のブローカーに訪問者履歴的な意味で迷惑が……あの、本当に申し訳ございません。


何か連絡があれば、こちらにお願いします。
alred_marchen☆hotmail.co.jp
(☆を@に変えてください)



フリーエリア



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



FC2カウンター



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。