空っぽの知識
 かたよりまくった読書くんの日記
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サバゲーと阿知賀編




 昨日、会社の先輩に連れられて、初めてサバゲーと言うものを体験してきました。



 廃工場を舞台に、いい大人たちが40人あまり集まり、各々の自慢の装備を手に、飛んだり跳ねたり撃ったり撃たれたりと大暴れ!

 なんともまあ、面白いものが見れました。



 とりあえず3ゲームほど自分も参加させてもらいましたが、ものの見事に何もできませんでしたわ。ってかみなさんうますぎ。物陰からちょっとでも姿を出せばすかさず撃ってくるもんだからとんでもない。ってかBB弾こえぇ。



 ちょっと悔しいので、余裕が出来たらほんと自分で装備をそろえたいところ。まずは銃だなぁ。まあいつになるかわからないけれど。






 それはそうと、ここ一週間ほど、咲・阿知賀編にはまっていました。

 もう何このアニメ。最初っから最後まで燃えっぱなしだったんですけど。

 確かに序盤は駆け足がひどく、TV放送終盤は阿知賀編と言うよりも千里山編だったけれど、それでも毎回EDの入りは鳥肌立ってたし、熱い展開がいくつもあったからすっげぇ面白かった。
 何より準決先鋒戦のラスボス戦っぷりがやばすぎる。本編の方でもラスボスとして置かれている白糸台の宮永照が、どんだけ化物なのかをこれでもかってくらい描写されていて、もうとんでもない絶望感。そんな化物に挑むために限界を超えて切り札を行使する怜のかっこよさ。捨て駒であることを意識しながらも、その役割に全力を尽くす花田のかっこよさ。この二人の所為で、阿知賀が完全に食われてしまうくらいでした。怜の一巡先を見る演出が巡を重ねるごとに変わっていき、それとともにぼろぼろになる姿は、もう麻雀漫画とは思えないくらいに燃えたわ。三巡先を見る時に、竜華が泣きながら止めようとしたところで不覚にも泣いてしまったぜ。

 次鋒戦以降も、ようやく阿知賀の面々が真価を発揮していったという感じで非常に熱かった。やっぱり何より、大将戦の穏乃がやばいよなぁ。一番静かで目立たなかった彼女が、次第に存在感をあらわにしていくところの迫力は異常。未来確定系の能力者が三人もいる中で、ただ自分の麻雀を貫いていたところが素晴らしいわ。しかも何気に白糸台が一位になれないように点数調整していたところが熱すぎる。やっぱ麻雀漫画で一番盛り上がるのは、バカ高い手で逆転した時よりも、こういう些細なことが勝負を決定づけるところだよな。


 ちょっとマジで熱くなりまくったので、DVDが欲しい。まだ全部出ていないことだし、今から少しずつ集めていきたいわ。


 ってか、阿知賀編のキャラに思い入れがありすぎて、咲本編の方が自分の中で影が薄くなってしまっているww 全国編あんましっかり読んでないからなぁ。ちょっと漫喫かどっかで読み直すか(もしくは買うか……)

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://tukimaturi.blog89.fc2.com/tb.php/1634-270a9729
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

西織

Author:西織
この欄を編集するのを完全に忘れていた男。今年の四月に新社会人という名の社畜人生に一歩を踏み出した。



性別:男
年齢:22歳
血液型:A型
趣味:読書&執筆
将来の夢:作家(前途多難)

本の感想などを見たい人は、こちらをどうぞ
『空っぽの知識(読書日記)』
http://emptyreader.blog81.fc2.com/

自作小説専門のブログ作りました。
『空っぽの知識(自作小説)』
http://emptynovel.blog83.fc2.com/

同じFC2ブログを三つも作ったことにより、他のブローカーに訪問者履歴的な意味で迷惑が……あの、本当に申し訳ございません。


何か連絡があれば、こちらにお願いします。
alred_marchen☆hotmail.co.jp
(☆を@に変えてください)



フリーエリア



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



FC2カウンター



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。