空っぽの知識
 かたよりまくった読書くんの日記
『レインツリーの国』の感想
レインツリーの国 レインツリーの国
有川 浩 (2006/09/28)
新潮社

この商品の詳細を見る




 なんだかんだで初めてになるのですが、本の紹介を。

 紹介するのはこの本。有川浩の『レインツリーの国』

 同作家の作品、『図書館内乱』という本があるのですが、その中に『レインツリーの国』という架空の本が出てきていて、本書はその実物という形です。

 で、この有川浩って作家、本当にすごいんですよ。今まで出版されている分は一応全部読んだんですけど、僕的には一作もはずれがないんですよ。
 文章も綺麗だし、登場人物はいちいちキャラ立ちしているし。何より、リアルなんですよね。この人は大抵自衛隊を中心に置いたSFを書いているのですが、それにしては妙にリアル……。現実にはありえないようなことが起こるというのに、不思議と不自然さを感じさせないのです。


 で、そんな作家の初めてのSFでない話。自衛隊も透明な未確認飛行物体も巨大なザリガニも身体が塩になる病気も図書館に軍隊があるような世界もないのですが、それでもとても面白いです。

 何が面白いか? それは、やっぱり話にリアリティがあるからです。


 レインツリーの国は、ある社会人の男性と、ある障害を持った女性の恋愛物語です。恋愛、というのは、それだけで十分一つの物語が出来ます。ひとそれぞれ、千差万別。様々な物語が生まれる。この本は、少しだけ特殊だけど、その恋愛物語の一つに過ぎないのです。


 だけど、この本は恋愛一本の作品で今まで読んだ中でトップクラスに入る面白さでした。主人公たちがぶち当たる現実的な問題が、とにかく胸をえぐるえぐる。二人が喧嘩するシーンとか、あまりにもリアル過ぎて目をそらしたくなるほど苦しい。ラノベ畑からやってきた作家でここまでのリアルさを出せる人はどれくらいいるだろうか。

 と、ちょっと大げさな表現かもしれませんが、そう思うくらいにすごかったのです。






 きっかけは、昔読んだ忘れられない本。
 その本に他の人はどんな感想を抱いたかを知りたくて、伸行はインターネットで本の名前を検索にかける。
 その中でヒットした一つのサイトが、『レインツリーの国』。
 そこの管理人であるひとみは、伸行と同じような感想を抱きつつ、少し違った考え方をしていた。
 伸行はその感想に興味を引かれ、衝動のおもむくままにブログに表示してあったメールアドレス宛にメールを送る。ひとみの感想に対して、何かしらの反応をしたかったから。
 伸行にとってはメールを送るだけで十分だった。変身を期待していたわけではない。しかし、そのないはずの返信がやってきた。

 関係が繋がったのだ。

 そこから、伸行とひとみの関係が始まる。



 きっかけは、昔読んだ一冊の本です。
 その本のラストが、二人の関係には常にあると思います。
 どうしようもない現実を前に、二人でやればなんだって出来る、などという戯言は通用しません。現実は残酷です。そのことは、たかだか17年しか生きていない僕でも分かるのですから、社会人の方なんかは嫌というほど身にしみているでしょう。
 でも、だからと言って諦めるのが正しいというわけではない。それが最善だとしても、正しいことであるは言い切れないのだ。
 いろいろと困難にぶつかりながらも、最後は一緒にいることを選んだ伸行とひとみ。二人はこれからも考え方や立場の違いから衝突を繰り返したり、苦しんだりするだろう。でも、一緒にいたいと二人で決めたのだから、行けるところまで行こう。



 こういう結論は、人生そのものだと思います。
 何が起こるか分からない。それなのに、起こることにおびえて何もかもを諦めていてはいけない。ためしでもいいから、一歩を踏み出すことが大切なのだ。
 そういったことを再確認させてくれるような、とても胸にしみる物語でした。





 「行けるとこまで行こうや。だって二人のことやん。二人とも降りたくなったら降りたらええやん」 (by向坂伸行/レインツリーの国)

スポンサーサイト

コメント
初めまして
レインツリーの国面白かったですよね。・
あたしは有川さんの自衛隊シリーズを
読んで面白いなぁって思ってたら
レインツリーの国を見つけました★
ありそうな話で会話がすごいリアルで
図書館シリーズはまだ読んでないのですが
今度読んでみたいと思います^^
長々と失礼しました。。。
[2010/04/02 14:39] URL | りお #fv5ItGmc [ 編集 ]


はじめまして!

レインツリーを読んだら、ぜひ図書館戦争読んでもらいたいものです。この小説が元となった事件なんかもあって、ファンにはうれしいものです。(まあ、この話が書かれた方が後ですが)
[2010/04/02 20:29] URL | 西織 #fBhJEaUc [ 編集 ]


こんにちは!
読みましたよ。レインツリーの国。
私も有川浩大好きです。
空の中とか、図書館戦争とか。

毬江ちゃんの想いが余計に解りますよね。この本読むと。

中途失聴者が普通に受けとめられて、差別なんてされない世界になれば良いなぁって思います。
[2010/07/14 16:59] URL | 莉緒 #2Zin0rDU [ 編集 ]


有川さんはほんとうに面白いですよねー。結構文体は軽いのに、中心をえぐるような物語を書いてくるなぁと思います。
この本を読んだのは自分はもう三年も前のことですか、当時の感想を読んだりするとにやにやしたり青くなったり・……。けれど、芯のところで感じた感想は変わってないのを考えると、やっぱり奇麗な物語だなぁと思います。

個人的には、有川さんの作品では『塩の街』が好きです。ハードカバー版がいいですが、電撃文庫版と読み比べるのもなかなか面白かったり。なんか、有川浩のすべてが詰まっているなぁと思います。

ではでは、こんな古い記事にコメントありがとうございます。
[2010/07/14 21:50] URL | 西織 #fBhJEaUc [ 編集 ]

はじめまして。
私もレインツリーの国読みました。
図書館戦争シリーズを読んでから読んだのですが、あれはリンクさせなくても充分良い作品ですよね!!
鞠江ちゃんは好きなキャラなので尚更。
他には「植物図鑑」「キケン!」などが好きです。

いきなり長々と失礼しました
<(_ _;)>
[2010/08/03 07:15] URL | りな #- [ 編集 ]


はじめまして。
レインツリーの国は、ほんと単体としてよくできている作品ですよね。スピンオフだって知らずに読んでも十分読めるという。
植物図鑑はずっと気になっているのですが、なかなか手に取る機会がないという……。やっぱり結構評判いいみたいなので、一度手に取ってみようかなぁとはおもいます。

では、コメントありがとうございました。
[2010/08/03 21:43] URL | 西織 #fBhJEaUc [ 編集 ]

こんにちは!!
私も読みました。 私個人では、「レインツリーの国」が有川浩の中で一番好きです。
全体的には、温かい話なのに、「ひとみ」の耳のハンデの現実さが心にしみますね。
それでも、恋をする「伸行」と「ひとみ」が大好き!!!
読んでいて、次に、次に、と思うのに読み終わるとなんだか切ない気持ちになります・・・。

私は、有川浩の話は全部すきですが、「レインツリーの国」 「阪急電車」 「植物図鑑」
「キケン!!」 「ストーリー・セラー」はもう何十回もよんでます!!   ではでは。


長々、すみませんでした。
[2011/01/23 14:52] URL |  遊羅 #- [ 編集 ]


こんにちは、古い記事にもかかわらずコメントありがとうございます。

自分も、有川作品はかなり好きです。とくにとあげるとハードカバー版の塩の街と、あとストーリーセラーが個人的には強いですね。塩の街はハードカバー版を読んだ時の興奮が今でも忘れられないです。
レインツリーの国は最初からそれほど長くないさっぱりした話だと分かっていたので余韻を楽しめたのですが、ほかのは結構分量があったりしますから余計にラストが近付くと「もう少し!」って思ってしまいますよね。まあ、そうしたところも読書の楽しみなのですけど。

[2011/01/23 23:37] URL | 西織 #fBhJEaUc [ 編集 ]


こんにちは。  2010年8月のコメントだったので、返事がこないとダメもとでかいていたのですが、まさか返事がかえってくるなんて・・・。   すごく、嬉しいです♥♥

ストーリー・セラーの表紙は私も気に入っています。 私の考えですが、表紙のリボンは
SideBの彼女が逆夢をおこすために作ったあの本を彼に贈るために贈り物のような表紙にしたのでは・・・??

・・・と考えています。    どうでしょうか??
[2011/01/24 18:11] URL |  遊羅 #- [ 編集 ]


ブログ拍手とかだとスルーしがちなのですが、コメントに関しては右のカラムで確認できるので、できる限り返すようにしています。(ってかこの記事自体四年前のもんだしなぁ……)

ストーリーセラーの早朝に関しては、なるほどですね。そこまでは考えていませんでした。確かに、『本』という形になって世に出て夫に送るところまでいければ、生きた期間的に生存率も随分あがっているでしょうし。そう考えるとなかなか切なくも健気な感じが見えますね。

読書の感想に関しては別のブログを作って継続しているので、そちらも良かったら見てやってください。有川浩に関しても二つ感想を書いています。ではでは
[2011/01/24 22:24] URL | 西織 #fBhJEaUc [ 編集 ]

ありがとうございます。
こんにちは。   毎日毎日書いてしまってすみません。(ヒマ人です・・・。)
お忙しい時は無理しないで下さい。

 それで、突然なんですが「 遊羅 」と言う名前をわけがあり、「 秋 」と言う名前に変更
します。   これから、「 秋 」としてよろしくお願いします。

感想、読ませていただきました。全部ではないんですが・・・。
そそられる本があったので読んでみようと思います。  ありがとうございました。
[2011/01/25 18:46] URL |  遊羅 #- [ 編集 ]


いえいえ。大丈夫です。これからもよろしくお願いします。

もし読書日記の方で興味持たれたものがありましたら、そちらの方もよろしくお願いします。
[2011/01/25 23:41] URL | 西織 #fBhJEaUc [ 編集 ]


こんにちは。 秋です。  
読書日記読ませていただきました。
その中で、
『殺戮ゲームの館』、 『零崎人識の人間関係』 が気になります。

『殺戮ゲームの館』はメディアワークス文庫でおもしろそうだな、と感じていたのですが
なんだかかんだ言って結局買っていなかった本です。 この機会に買いたいと思います。
メディアワークス文庫は他にもイロイロ読んでます。

『零崎人識の人間関係』はたしか、『目覚ましテレビ』のBookランキングで5位中4冊が
ランクインしてた本だったな~と思いだしました。 印象的な名前の人がいたような・・・。

そんなわけで・・・。 私も今度お気に入りの本を紹介するので、その時はぜひ!!
[2011/01/28 18:27] URL |  秋 #- [ 編集 ]


どうも、読書日記の方、覗いてもらえたようでうれしいです。

『殺戮ゲームの館』はミステリよりもサスペンスに重点を置いた感じなので、それを踏まえたうえで読んだ方がいいかもしれません。結構エグイ心理描写があったりもするので、そういうのが好きなら楽しめると思います。

『零崎人識の人間関係』は……。できることなら、同作者の別の作品から読んだ方がいいと思います。と言うのも、実は人間関係四部作は、シリーズの完結作品なので……。できることなら、『零崎双識の人間試験』か、戯言シリーズから読み始めることをお勧めします。


それと、これは相談なのですが、この記事のコメント欄だとあまりにも長くなるので、もしまたコメントがあるのでしたら、最新記事の方にコメントを入れていただけませんか? いや、というのも、この感想記事は結構古い記事なので、あんまり目立つのは避けたいなー、とか思ったり思わなかったり。いえ、ほんと恥ずかしいので……。
よろしくお願いします。
[2011/01/28 20:25] URL | 西織 #fBhJEaUc [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[2011/05/23 15:33] | # [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[2011/05/23 15:35] | # [ 編集 ]


いちばん最後の、
「~だった。」
に、何か深い意味はあるのでしょうか。
[2011/07/21 10:20] URL | ゆにぃ #- [ 編集 ]


>まろんさん
ものすごく返答が遅くなって申し訳ないです。気付いてもらえるかも不安ですが・・…。
というのも、管理人にのみ表示、にされると、ブログの新着コメントに表示されないので気付きにくいのです。管理ページで見落とすともう完全にわからなくて……本当に申し訳ないです。
ブログの記事の方でも書きますが、もし気付いてもらえたらコメントまたはメールの方をお願いします。こちらとしても、意見の交換は大歓迎です。

ではでは、すみませんでした。


>ゆにぃさん
はじめましてです。
ちょっと何を言っているのかよくわからないのですが……。記事は何度か読み返してみたのですが、なにぶん古い記事なので変な言葉づかいをしているところがあるかもしれません。(といいつつ、最新の記事でも変な言い回しは結構してたりしますが(苦笑 )


[2011/07/21 21:03] URL | 西織 #fBhJEaUc [ 編集 ]


はじめまして!

古い記事にレスごめんなさい;;

ゆにぃさんのコメントにある

>いちばん最後の、
「~だった。」
に、何か深い意味はあるのでしょうか。

っていうのは、小説の最後に

「したたかになったなぁ」と笑ってくれるはずだった。とあるので

そのことだと思います。

笑ってくれるはずだ。ではなく、笑ってくれるはずだった。にした理由が

あるのかなぁ…っていう疑問のことだと^^;


長々失礼しました><
[2013/01/14 12:03] URL | とよ #- [ 編集 ]


>とよさん
おお、解説ありがとうございます。そうか、小説本文の方のことだったのか……。
一年半越しで疑問が解けるとは。

もう本そのものも読んだのが五年前なので、ほとんど覚えていない……。機会があったら読み直そうかな。
[2013/01/15 22:08] URL | 西織 #fBhJEaUc [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[2013/02/28 00:59] | # [ 編集 ]


>桃さん
返信遅れて申し訳ありません。コメントありがとうございます。
自分がレインツリーを読んだのはもう6年近く前の高校生の頃ですが、いまだにこうしてコメントをもらうたびに、当時の感想を思い返します。やはり有川浩の人気はすごいですね。

ほかの記事でも何かあれば、お気軽にコメントしてもらっていいですよ~。

[2013/03/04 20:21] URL | 西織 #fBhJEaUc [ 編集 ]

どうも
最近レインツリーの国を読んだ者です。(遅いですね)
有川浩さんの作品は今のところ順番に図書館シリーズ+その別冊、塩の街(電撃文庫)、(ハードカバー)。
海の底を次に読む予定ですが、その繋ぎにと思い読みました。平日の忙しい日でも二日で読み終わりました(笑)。
塩の街はハードカバーには塩の街その後が付いていて面白かったです。キャラ設定も微妙に変わっていましたしね。ですが秋庭の結晶爆撃シーンはあった方が自分は好きでした。(ハードカバーにはありませんでしたね。)
図書館シリーズにも文庫本はあるんでしょうか?
自分は作家では特に有川浩さんと伊坂浩太郎さんが好きです。
要点のまとまらない文章ですみません・・・
これからも有川浩さんの本をたくさん読んでいきます♪
[2013/03/09 18:20] URL | #- [ 編集 ]


どうも! コメントありがとうございます。
塩の街は自分も大好きですねー。電撃版を読んだ後にハードカバー版を読んで、加筆部分のサービスっぷりにもだえました。ただ、確かに爆破シーンがカットされていたのは残念だったなと思います。確か、電撃文庫版ではライトノベルと言うことで盛り上がりをあそこに持ってきたらしいのですが、ハードカバーでは一般文芸として出るということで、そういったアクションシーンよりも叙情感の方を優先した、といったことをどこかで述べていたような気がします。

『海の底』は、自分が初めて読んだ有川浩でした。あれも面白いですよー。あと、自衛隊三部作の一つ、『空の中』もお勧めです。
この二作は、短編集の『クジラの彼』『ラブコメ今昔』の中に後日談的な短編が入っていたりするので、そこもおすすめです。

最近はあまり自分は本を読まなくなったのですが、こういう風な話をされると、やっぱり読みたくなります。最近の有川本はチェックしていないので、ちょっと探しに行こうかな……。
[2013/03/10 00:00] URL | 西織 #fBhJEaUc [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[2013/03/10 17:50] | # [ 編集 ]


>桃さん
これまた返信遅れました。管理者のみに閲覧の場合、管理ページを開かないと気づかないので遅れがちになりますがご了承ください。

感想は、今見返すとまだつたないところが多いな、と思ったりもします。ただ、当時の自分だからこそ書けた感想だと思うので、それに同感してもらえるとすごくうれしいです。
基本、コメント返しは行うようにしているので、気軽にコメントしてもらって構わないですよー。……もっとも、本の感想は最近はほとんどやっていないですが(だって読んでいないから……)
ではでは。
[2013/03/15 21:26] URL | 西織 #fBhJEaUc [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://tukimaturi.blog89.fc2.com/tb.php/189-7107568f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

西織

Author:西織
この欄を編集するのを完全に忘れていた男。今年の四月に新社会人という名の社畜人生に一歩を踏み出した。



性別:男
年齢:22歳
血液型:A型
趣味:読書&執筆
将来の夢:作家(前途多難)

本の感想などを見たい人は、こちらをどうぞ
『空っぽの知識(読書日記)』
http://emptyreader.blog81.fc2.com/

自作小説専門のブログ作りました。
『空っぽの知識(自作小説)』
http://emptynovel.blog83.fc2.com/

同じFC2ブログを三つも作ったことにより、他のブローカーに訪問者履歴的な意味で迷惑が……あの、本当に申し訳ございません。


何か連絡があれば、こちらにお願いします。
alred_marchen☆hotmail.co.jp
(☆を@に変えてください)



フリーエリア



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



FC2カウンター



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する