空っぽの知識
 かたよりまくった読書くんの日記
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Heavens Feelルート終了!
 Heavens Feelルート終了しました。


 これにより、PC版Fate/staynight全ルート終了です。


桜

↑証明写真






 いやあ、ホントいい話でした。特に、Heaven Feelのノーマルエンディング。いなくなった士郎を一生をかけて待つ桜の姿に泣きました。最後の桜の花が満開のシーンなんか、マジで涙腺に来て泣きましたよ。
 おかげでトゥルーエンドの方が微妙に感じてしまったくらい。いや、確かにトゥルーエンドとは思えないほどハッピーな終わり方なんですけどね。セイバーとイリヤがいないとはいえ、士郎は生き残っているし桜は無事だし凛はなんかパワーアップしてるしライダーはいるしで。






 桜ルートの士郎はガチ、といわれる意味がよくわかりました。確かに、他のルートに比べてこの士郎は迷ったりくじけたりはするけど最後まで『桜のための正義』を貫くんですよね。一人の大切な女性を守り抜く。かっこいいじゃないですか!




 そんな士郎の一番恰好いいシーンがこちら。

正義の味方



 移植した左腕を押さえつけるために、外してはならないと言われた聖骸布。そして、一度でも投影を行えば、自身のものではない左腕は暴走して命はないといわれた。
 それを振り切り、行った投影。最強の敵であるバーサーカーを前に、士郎は覚悟を決める。

 その時のシーン。イリヤを守るために、暴走したバーサーカーへと単身向かい、勝利を収めた。その背中は、言うならばアーチャーに近い『漢』の背中。



 惜しむらくは、PC版のCGの少なさ。うー。このVSバーサーカー編、プレステ版だとCGが四枚近くあるんですよね。
 その辺のCGを、ニコニコ動画の作業用BGMの中にあったのでキャプチャして見ました。(なので画質は荒いです)


最強の敵


トレース・オン


無名・斧


ナインライブズ



 目も見えず、耳も聞こえない、そんなボロボロのバーサーカー。彼は、すでに敗れた戦いをずっと続けている。
 そんなバーサーカーに対して、士郎はバーサーカーの斧を投影。そして、その武器の持つ力と、バーサーカー自身の筋力や能力までも投影しきる。
 その上で食らわせるのは、相手の必殺技。


  ナインライブズブレイドワークス
 『是・射殺す百頭』


 もしヘラクレスがバーサーカー以外のクラスで呼び出された場合、彼の宝具は『射殺す百頭(ナインライブズ)』を用いるらしいです。
 それを、アーチャーの腕と併用して、士郎は投影し、バーサーカーを打ち倒した。


 消えるさなか、バーサーカーは士郎の後ろのイリヤを見つめながら、目で士郎に伝える。

 ”――お前が守れ”と。

 イリヤルートの側面もあるHeavens Feelの中で、イリヤ編としては一番の山場だと思います。






 士郎が戦うシーンとしては、VSバーサーカーが一番熱かったのですが、やっぱり最終決戦は外せません。
 トゥルーエンドへ行くときのみ出現のラスボス。言峰綺礼。





 ラスボス




 最後の最後。アヴェンジャーであるアンリマユが生まれようとする聖杯を破壊するといったところで、士郎の目に映ったのは、言峰綺礼の姿。
 お互いの目的のため。戦う二人。士郎は、聖杯を破壊しなければ桜を救えない。それに何より、殺人しか生まない聖杯を放っておくわけにはいかない。
 対して言峰は、自分が立ちはだかる理由を語る。生まれてくるものに罪はない。すべての生命の誕生は祝福されるべきだ。そういう理念の下に生きる言峰。彼はもともと、誰もが綺麗と思うものを綺麗と思うことができない破綻者で、生まれつき善よりも悪を好むものだった。
 言峰綺礼にとって、聖杯の『この世、すべての悪(アンリマユ)』は自分とかさなるものがあった。だからこそ、その出生を見届けたい。その一心で、アサシンとの決戦でボロボロになった体で、同じくボロボロである衛宮士郎の前に立ちはだかる。


 ここも、惜しいのはCGがないこと。壮絶な殴り合いが行われていたというのに、まさか一枚もないとは……。


 以下、プレステ版より。



最終決戦


防御


反撃


決戦・二人




 方や、アサシンのサーヴァントとの死闘によって一度殺されかけた身。もう片方は、無理のある魔術の連続によりすでに精神も肉体もボロボロの身。

 そんな中で、二人は殴りあう。


満身創痍



 士郎の体からは、無数の剣が飛び出す。
 それは、彼の持つ固有結界『無限の剣製』が暴走し、体の内側から自身を攻撃してきたもの。全身を剣で貫かれ、それでも直、士郎は言峰に立ち向かう。

 ほとんど一方的にやられるだけだった。士郎は知らないが、相手は元教会の代行者。魔を殲滅するための訓練を受けた人間。満身創痍の状態とはいえ、その強靭な肉体は衰えはしない。

 しかし、負けられない。

 残ったのは気合だけ。それを一心にこめてこぶしを放つ。もう心でもおかしくない傷を負いながら、必死でくらいつく。



 BGMである『エミヤ』が流れていたにもかかわらず勝てなかったこの勝負。結局、最後には言峰の肉体が限界に達し、言峰の降参勝利のような形になった。









 この後に聖杯の目の前にたどりつき、破壊しようとするのですが、その時に聖杯の孔を閉じるために、唐突にイリヤが登場。
 アインツベルンのマスターの役目として、聖杯の孔を閉じるためにやってきた。


 このイリヤの登場シーンが、最後の最後で持っていってくれました。



sister.jpg




 ……例の如くプレステの画像なんですが。


 いや、ほんとここはこのCGほしかったです。もう、この感動の気持ちは言葉に出来るものじゃない。
 とりあえず、士郎と一緒に「イリヤァァァ!」って叫びました。






 ここまでとにかく心のむくままに書いてきました。

 とにかく、一言で言えば最高でした。ずっとやりたいと思っていた気持ちが裏切られなくて良かったです。

 四十七時間三十六分。

 プレイ総時間です。これだけの時間をかけた意味はあったと思います。





「言ったよね。兄貴は妹を守るもんなんだって。
 ……ええ。わたしはお姉ちゃんだもん。なら、弟を守らなくちゃ」
(byイリヤスフィール・フォン・アインツベルン)
スポンサーサイト

コメント

Fateいいですね。
僕の高校になったらプレイしたいと思ってます。
[2008/03/25 21:29] URL | 狐 #- [ 編集 ]


良かったですよ。ホント……。
プレステ2持っているのなら素直にプレステ版を買いなさい! 年齢的にもCG的にも!

……と、高校生の僕が言える立場じゃないんですけどね。
[2008/03/25 22:12] URL | 西織白夜 #fBhJEaUc [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://tukimaturi.blog89.fc2.com/tb.php/263-069fc5fc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

西織

Author:西織
この欄を編集するのを完全に忘れていた男。今年の四月に新社会人という名の社畜人生に一歩を踏み出した。



性別:男
年齢:22歳
血液型:A型
趣味:読書&執筆
将来の夢:作家(前途多難)

本の感想などを見たい人は、こちらをどうぞ
『空っぽの知識(読書日記)』
http://emptyreader.blog81.fc2.com/

自作小説専門のブログ作りました。
『空っぽの知識(自作小説)』
http://emptynovel.blog83.fc2.com/

同じFC2ブログを三つも作ったことにより、他のブローカーに訪問者履歴的な意味で迷惑が……あの、本当に申し訳ございません。


何か連絡があれば、こちらにお願いします。
alred_marchen☆hotmail.co.jp
(☆を@に変えてください)



フリーエリア



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



FC2カウンター



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。