空っぽの知識
 かたよりまくった読書くんの日記
友情の果てに何があるのだろうか。
 最近頭の中で「行くぞ英雄王――」が士郎の熱い声で流れています。プレステ版のあのシーンはもうちょっと気合入れてほしかったなぁと戯言を言ってみたり。



 えーと、まあなんです。ちょっと雨さん。あなたの更新は、僕にとっとと感想を書けというプレッシャーを掛けていますね。え、そうですよね?
 ふふふ、そこまで言うならやってやろうじゃないか。そんなに言うんだったら、適当だろうが感想書いてやろうじゃないか! お前との、『友情』のためにも!



○『友情・初恋』 著/武者小路実篤

友情;初恋 (集英社文庫)友情;初恋 (集英社文庫)
(1992/01)
武者小路 実篤

商品詳細を見る


 図書館にて借りました。
 文学少女シリーズの三巻で題材にされたもので、内容が面白そうだなぁと思って読んで見ました。ええ、面白かったですよ。とても。

 で、感想なんですが。

 大宮のあの行為に勝る嫌がらせを僕は思いつきません。
 いや、ちょっと待とうぜ大宮、とずっと突っ込んでました。いやいや、あんなことされたら、失恋でがっくり来ている野島のハートは粉々にされますって。傷口に塩を塗りこむくらいの残酷な行為ですよ。はたから見れば。

 まあ、実際は作中で大宮も言っていますが、あれが大宮と野島の友情を思っての責任の取り方だってのは分かるんですけどね。分かるんですけど、なんか釈然としない思いが残るわけです。
 そもそも僕は、あの二人の『友情』は、文学で通じたった部分から派生して、二人の間の様々な関係にまで及んだ、かなり深い絆だと思っていたんです。始まりは文学で話があったことがきっかけかもしれないけれど、少しづつ育んでいったのは、『一番気の合う友達』という意味での絆。そういう意味での『友情』だと思っていました。
 だから僕は最後の大宮の行為に納得がいかないものを感じたのです。野島との友情に対してけじめをつけるために、ああいった手段を選ぶということは、『野島と自分の絆』に対してではなく『野島の信念と自分の信念』に対しての責任の取り方です。
 何がいいたいかと言うと、結局大宮と野島の『友情』というのは、すべてにおいて『文学』あるいは『作家』として、という問題が基盤となっているんですよね。二人がすることすべての根底にはそれがある。たとえそれと関係のないことを二人が行ったとしても、二人の間には間違いなくその概念があるわけです。それが二人の関係のすべてと言ってもいい。だから大宮は、決着のつけ方としてああいった行為に及んだんだ。そう僕はあの行為に対して解釈しました。

 僕はこの友情が、かなり歪んだものに見えてしまうんですよね。確かに、両者にとってこの『友情』はとても純粋なものでしょう。しかし、一歩引いて他者の目線で見れば、これほど歪なものはない。だって、彼らが通じ合うには『文学』というものがなければならないのですから。そんな何らかの問題を仲介しなければ成り立たない『友情』は、人によっては違うかもしれませんが、僕にとっては苦しいものだと感じるのです。
 『友情』の定義は、人それぞれ違うと思います。確かにこういった、ある一点において通じ合うことのできるというものは、とてもすばらしいものでしょう。でも、僕個人としては、そんな友情ならばいらないと感じてしまう。そこがこの物語との合わない部分なのだなぁと考えました。


 長々と語りましたが、どうも上手く言い表せた自信がない。僕の中ではちゃんと「ここはこう」、っていう区別は付いているんですけどね。言葉にあらわすとなるとなかなか。
 ただ、なんか大宮と野島の友情を全否定するようなこと言っているような気がするかもしれませんが、そんなことはありません。実際あの二人の友情はかなりすばらしいものだと思います。純粋すぎるからこそ、個人的に気持ち悪く感じただけで。
 特に最後の『文壇で勝負だ』のくだりは何か切ないながらも燃えるような野島の感情が感じられました。その感情はどうとも取れると思うのがまた深いなぁと思いますし。

 ……と、ここまで書いて一つ重大なことに気づいた。

 杉子のことに一回も触れてねぇ!

 えーと、うーん。あー、どうするよ。ここまで言ってきて今度は杉子のことについて語れと? だったらたぶん、かなり気持ちの悪い文章になるぞ。いやまじで。
 とりあえず、杉子についていえることは雨さんと同じく「自重しろ」。ただし、一概に杉子も悪いとは言えません。だって恋は盲目なんですから。恋した人間は実際、周り見えなくなるものです。経験あります。かなり痛々しいものですけど。
 それに、杉子が盲目ならば、野島は狂信です。正直な話、あそこまで一人の女性に陶酔できるというのは幸せなことかもしれませんが、はたから見たら異様です。一途すぎるんですよね。行き過ぎないくらいが一番幸せなんですよ。



 さて、次にオマケとして『初恋』について。

 実を言うとこの『初恋』、もう随分前に読んだのでほとんど内容覚えてなかったりします。すみません。そんな中で感想書きます。

 といっても、感想としていえることは一つだけ。『ラストを刮目せよ!』

 初恋が終わった、という感情を体験するのに、これほどいいのはないと思います。

 とにかく、ラストが綺麗なんです。途中、そんなに長くない作品なのに中だるみしてしまった面倒だな、と思いましたが、それもラストで全部吹っ飛びました。最後に話をして分かれるシーンの切ないながらも清々しい気持ちは、これぞ初恋、というのにふさわしい結末。一読の価値は大です。




 では、こんなところで。
 はぁ。疲れた。

スポンサーサイト

コメント

君よ。君の更新は君の予期どおりに僕に満面の笑みを与えた。ことに最後の杉子さんに関する文章は立派に自分の頬に彫りを与えてくれた。これは僕にとってよかった。僕はもう処女ではない。童貞だ。傷ついた、孤独な包茎だ。そして吠える。君よ、仕事の上で決闘しよう。

まさかブログ上で言及されるとは思わなかった。
[2008/05/27 22:22] URL | 雨 #- [ 編集 ]


 だから僕のリアルでの知り合いはメールを送れと(ry


 とあるアニメに、主人公が登場しての第一声が「俺は童貞だ!」という伝説的名ものがあってだな(ry
[2008/05/27 22:41] URL | 西織白夜 #fBhJEaUc [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://tukimaturi.blog89.fc2.com/tb.php/301-e40fd623
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

西織

Author:西織
この欄を編集するのを完全に忘れていた男。今年の四月に新社会人という名の社畜人生に一歩を踏み出した。



性別:男
年齢:22歳
血液型:A型
趣味:読書&執筆
将来の夢:作家(前途多難)

本の感想などを見たい人は、こちらをどうぞ
『空っぽの知識(読書日記)』
http://emptyreader.blog81.fc2.com/

自作小説専門のブログ作りました。
『空っぽの知識(自作小説)』
http://emptynovel.blog83.fc2.com/

同じFC2ブログを三つも作ったことにより、他のブローカーに訪問者履歴的な意味で迷惑が……あの、本当に申し訳ございません。


何か連絡があれば、こちらにお願いします。
alred_marchen☆hotmail.co.jp
(☆を@に変えてください)



フリーエリア



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



FC2カウンター



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する