空っぽの知識
 かたよりまくった読書くんの日記
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

千葉さん生かすです的な本二冊の感想


○『グラスホッパー』 著/伊坂幸太郎
グラスホッパー (角川文庫 い 59-1)グラスホッパー (角川文庫 い 59-1)
(2007/06)
伊坂 幸太郎

商品詳細を見る



 購入物。
 週間少年サンデーで連載中の『魔王』に、この小説のキャラがクロスオーバーででているので、そのつながりで読んで見たいと思って買いました。

 読んでみて、まず蝉と岩西が最高すぎる。
 漫画版でもそうでしたが、本当にこの二人のツンデレ具合はすごすぎる。両方ともあいてのことを本当に気にしていないって風をしているのに、実はちょっとは気にしているというその微妙なバランスがいい。露骨じゃない分リアルだよ。ってか深いところでは信頼しあってるんだろうな、って思います。
 残念ながらこっちでは両方とも死亡しましたけど……
 蝉はなー。いいキャラしてたのになー。

 鯨に関しては、漫画版では本当に意味の分からない男だったですがこれを読んで彼の内面がかなり掴めました。
 とりあえず、このグラスホッパーの六割がたは彼の物語のように思えます。一応鈴木、鯨、蝉の三人が主人公みたいになっているけど、一番主人公っぽかったのは鯨だよなぁ。
 人を死にたくさせる『自殺屋』。伊坂さんのこういう発想はすごいよなぁと思います。
 まあ、彼も最後は……
 っていうか、最後のあれはちょっと悲惨でしたね。まあ、彼らしい死に方かもしれないですけど。最後の最後に『押し屋』さん、空気読みすぎです。

 なんだかんだで最後に生き残った鈴木は……なんでしょう。ホントずっと振り回されてたなぁ。
 あさがお(←何故か変換できない)さんがかっこよかったなぁ程度で、実はあんまり鈴木のほうには意識が行ってませんでした。
 でも、主人公気質ではあるはずなんだよなぁ。ずっと妻の言葉を繰り返していたところとか、『魔王』の主人公の安藤っぽい感じもしたし。そうだ。サンデーの漫画の第二部は『呼吸』じゃなくて『鈴木』に変え(ry
 もうちょい活躍してほしかったなぁと思ったけど、活躍が空回りしたキャラに見えました。


 なんだかいろいろ漫画版『魔王』の元ネタが見れて面白い話でした。(とくにすずめ蜂には吹いた)
 また、普通に一つの作品としてもかなり面白かったです。
 全然かかわりのなかった人間が少しずつ交わって行く。こういう話は結構ありますけど、難しいからあんまり見ないんですよね。久しぶりに見れて面白かったです。


○『死神の精度』 著/伊坂幸太郎
死神の精度 (文春文庫 (い70-1))死神の精度 (文春文庫 (い70-1))
(2008/02/08)
伊坂 幸太郎

商品詳細を見る



 図書館から借りました。
 きっかけは、丁度借りられてなかったのを見たのでこの際と思って。

 実を言うと、伊坂幸太郎の作品って苦手だったんですよね。
 ただ、その考え方は『グラスホッパー』でかなり崩れて、この『死神の精度』で完全に変わりました。
 この作家面白いわ。

 そんな感じで『死神の精度』
 死神の設定がかなり凝ってて面白かった。こういう、上手いなぁって思える世界観が見ていてなんだか羨ましい。
 短編集で一つ一つは独立しているのですが、途中に微妙なつながりが見えるのがミソ。
 最終章の老婆の正体とかその時に一話の女性がその後どうなったかを知ることが出来たときは、思わず唸りました。

 一番好きなのは、恋愛の話。どの絞めも良かったけど、この話の絞めは中でも最高すぎた。

 あと、何気に『重力ピエロ』の春が出てきてましたね。まさか。と思ってネット検索したらマジでした。こういうクロスオーバー大好きです。






 そして、最後に今週のサンデーの『魔王』の感想。

 千葉が出てきました。

 あー。だから雨だったのか、とすごく納得しました。
 もう『私の仕事は”調査”だけだ』とか、『人間には興味がない』とか一つ一つの物言いがよかった。あぁ、今週のサンデー読む前に『死神の精度』読んでてよかった。

 しかし、これで本当に安藤の死亡が確定となりまして。

 先週の「おおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおお」が本気でかっこよかった上に今週のこの展開なので、本当に毎週毎週楽しませてくれます。
 毎週一番楽しみにしている漫画ですよ。

 そういえば、原作『魔王』の方でもちょっとだけ千葉出てたっけな。





 そんなこんなで、伊坂幸太郎の感想でした。

 ……最近、一人の作家の本をまとめて感想書くことが多くなってるな。まあ、そっちがらくだけど。


 PS:『死に損ないのタイガー』のラスト更新しているので見てください。下の記事です。
スポンサーサイト

コメント
はじめましてm(_)m
先週の「おおおおおおおおおお」はすごかったですよね
もう圧倒されてしまいました
あの方は千葉さんと言うんですね
てっきり犬養かマスターの部下の方だと思ってたのですが
人間ではなかったのですね…
雨というのはそういう意味があったんですか
あの人が一体何者なんだろうという疑問があったので
この記事のおかげそれが解けてすっきりできました
[2008/08/14 13:38] URL | 暁 灯異螺戯 #C/Rcg83E [ 編集 ]


暁さん、はじめまして!

一週分のほとんどを「おおおおお」で埋め尽くすような思い切ったことをしてくれたことが本当にすごいですよね。
あのヘルメットの男ですが、多分千葉さんで間違いないと思います。符合点が多いので。
詳しくは紹介している『死神の精度』を読むのが一番だと思います。面白いですよ。

[2008/08/14 19:06] URL | 西織白夜 #fBhJEaUc [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://tukimaturi.blog89.fc2.com/tb.php/348-bdc905d8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

西織

Author:西織
この欄を編集するのを完全に忘れていた男。今年の四月に新社会人という名の社畜人生に一歩を踏み出した。



性別:男
年齢:22歳
血液型:A型
趣味:読書&執筆
将来の夢:作家(前途多難)

本の感想などを見たい人は、こちらをどうぞ
『空っぽの知識(読書日記)』
http://emptyreader.blog81.fc2.com/

自作小説専門のブログ作りました。
『空っぽの知識(自作小説)』
http://emptynovel.blog83.fc2.com/

同じFC2ブログを三つも作ったことにより、他のブローカーに訪問者履歴的な意味で迷惑が……あの、本当に申し訳ございません。


何か連絡があれば、こちらにお願いします。
alred_marchen☆hotmail.co.jp
(☆を@に変えてください)



フリーエリア



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



FC2カウンター



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。