空っぽの知識
 かたよりまくった読書くんの日記
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『ハリーポッターと死の秘宝』 感想
「ハリー・ポッターと死の秘宝」 (上下巻セット) (ハリー・ポッターシリーズ第七巻)「ハリー・ポッターと死の秘宝」 (上下巻セット) (ハリー・ポッターシリーズ第七巻)
(2008/07/23)
J. K. ローリング

商品詳細を見る



 学校の図書館で借りました。
 なんだかんだでやっと読めました。

 さて、やっと完結したこのシリーズですが、思い起こせば一番初めに読んだのは小学六年生の頃。随分と昔なんだなぁと懐かしい気になります。中学に上がったとき、昼休みにみんながプレイルームで遊んでいる中一人ハリポタのアズカバンを読んでいたところを先生に心配されたのはいい思い出です。

 そんなことはいいとして。とりあえず全部読み終わって、まず言いたいことがあります。







 やっぱりスネイプ先生は味方だったあああああああああああああああああああああああ!




 よっしゃあああああああ。やっぱりいいやつだった! 嫌なやつだったけどやっぱりハリーの味方だった! 微妙に違うかもしれないけどそれでもハリーのために動いてくれていた!
 ずっと信じていた甲斐があった気がします。もう、ダンブルドア殺したときですら、『いや、スネイプは悪くない』と信じ続けていてよかった。

 もうなんていうか、ハリー・ポッターシリーズで、僕が一番好きなキャラは何故かずっとスネイプだったんですよ。すげー厭らしい製革しているけど、ここ一番では影でハリーを救う役割をしてくれている。それなのにハリーにずっと毛嫌いされているのが我慢ならなかったくらいです。
 だからこそ、最後は悲惨な死に様だったけど、ああいう風に真実がハリーに伝えられて良かったと思います。最終章で、ハリーが自分の息子にスネイプのことを話すところではもうぐっと来ました。

 っていうか、もう感想はいろいろあるんですけど、その半分近くはスネイプですよもう。初恋のリリーのことを、ジェームズと結婚した後でもずっと愛しているところとかもうね。ああ、スネイプの守護霊が雌鹿だとわかったところなんて鳥肌物でした。お前そんなにリリーのこと好きだったのか! 一途過ぎにもほどがあるだろ!
 確かにスネイプも悪いところいっぱいあるけど、なんだかジェームズがどんどん悪いヤツに見えてくる。リリーのことは愛していたけどジェームズのことはかなり嫌っていたのも、前巻で判明したジェームズのスネイプに対する対応を考えると分からないでもない。そして姿が似ているハリーを憎むのも。だけど、それでもリリーに対する思いから、ここぞというところでハリーを助けていた。ああもう、どんだけツンデレで萌えさせるんだこの男は!(違っ)
 最後の死に際の「本当の僕を見て」ってセリフには泣かされました。考えてみれば、死ぬ最後のときまでずっと勘違いされ続けてきたスネイプ。誰からも白い目で見られるという苦しみの中にずっと身を置くなんて考えるだけでもぞっとします。でも、それをリリーへの贖罪にも似た思いからわざと受け入れて続けていたところが本当にかわいそう。それを知って、ハリーがちゃんとスネイプの本当の姿を見てあげられたのだからまだ救われるかな。ハリーの中では偉大な魔法使いの一人になってるし。


 さて、一番言いたいところは言い終えたところで。
 上巻はすごくだれたんですけど、下巻になってから一気に面白くなりました。ホグワーツでの篭城船とかもうワクワクしっぱなし。ただ、その反面死亡フラグが結構立ってたから、誰か死ぬだろうな、と思っていたら、すげー意外な人物たちが死んじゃったり。
 つうかあそこでルーピン夫妻を殺すのはちょっと……
 そういえば、上巻の方でもあっさりマッド・アイ・ムーディが死んじゃったりしたしね。どうもこのシリーズ、ずっと読んでて思ったけど人が死ぬときすごくあっさり死ぬから、本当に死んだかどうか実感が持てないんだよなぁ。まあ、今回はそれが逆にいい味出してて、疾走感すら感じさせてくれたけど。

 ヴォルデモートとの最終決戦は、結構熱かった。ニワトコの杖がどうしてヴォルの言うことを聞かないかのところでのハリーの推理は、かなりかっこよかったし。ただ、読み終わった後に思い返すと、杖の所有権の移動について、もうちょっと確証が欲しかったなぁという気はしました。
 決着はやっぱりあっさりでしたが、あれはあれで、このシリーズの締めとしては良かったのではないかと思います。


 うーん、あとは簡単に箇条書きに。

 ・結局くっついたロンとハーマイオニーに乾杯。
 ・同じく結局くっついたハリーとジニーに賞賛を。
 ・ハリーの子供たちの名前ににやり。とくに末っ子。偉大な魔法使い二人の名前をあげるとは。
 ・真のグリフィンドール生、ロングボトム教授に拍手。
 ・ルーナ可愛すぎだろ、と最終巻でやっと気づく。
 ・何気に明かされた灰色レディと血みどろ男爵の過去。
 ・そういえば、ダドリーと和解してたなぁと思い出す。あれはあれでよかった。
 ・ペチュニアおばさんの過去も結構かわいそう。そりゃ確かに魔法嫌いになるわな。
 ・マクゴナガル先生のハリーへの愛にぎゅっと胸がいっぱいになった。
 ・結局ハッフルパフはなんだったんだろうというのは禁句ですかそうですか。



 まあ、そんなこんなで、足掛け十年の超大作、ご馳走様でした。

スポンサーサイト

コメント

二度目ましてです 笑
受験生な瑠璃乃もハリポタはよみました(v)

よかったですよねv
あたしもセルブスさんがいちばんすきだったので
よみ進めながら きゅぅ~って←

とりあえず私は
息子の名前にセルブスの名前があったの・・・・・が

それでは なんてか変にちょっと語っただけですが笑
失礼します
[2008/09/05 23:34] URL | 瑠璃乃 #NJ9lkfi2 [ 編集 ]


ハリーポッターは3巻で終わってますwサーセンww

ラジオできました!聴いてね(宣伝)ww
[2008/09/06 00:15] URL | てぃる #- [ 編集 ]


>瑠璃乃さん
 おお、仲間がいた!
 六巻でダンブルドアを殺したときでさえ、いや、絶対にスネイプは悪くないって思い続けていたのでこの真相は純粋にうれしかったです(もうずっと言ってるよ)

>てぃるさん
 せめて四巻まで! 四巻は最高に面白いのに!

 今日はもう遅いので、明日にでもラジオ聞かせてもらいます。
[2008/09/06 01:27] URL | 西織白夜 #fBhJEaUc [ 編集 ]


同感だ!スネイプ最高!

最後の最後まで、リリーを愛し続けたその姿に涙。

今まで表面的に憎まれキャラだった彼の真の姿を知ることができ
本当に感激。

陰の英雄だ。
[2009/08/30 20:46] URL | KK #- [ 編集 ]


ほんと、よかったですよね。
ハリーのことを嫌っている姿は本気なのに、どうしてここぞってところで助けるのだろうと思っていたら、ずっと初恋を大事にしていた、ですもの。感動しないわけにはいきません。

まあ、それにハリーを嫌う気持ちもよくわかりますし……(笑)
[2009/08/30 21:11] URL | 西織 #fBhJEaUc [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://tukimaturi.blog89.fc2.com/tb.php/373-537d6bfd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

西織

Author:西織
この欄を編集するのを完全に忘れていた男。今年の四月に新社会人という名の社畜人生に一歩を踏み出した。



性別:男
年齢:22歳
血液型:A型
趣味:読書&執筆
将来の夢:作家(前途多難)

本の感想などを見たい人は、こちらをどうぞ
『空っぽの知識(読書日記)』
http://emptyreader.blog81.fc2.com/

自作小説専門のブログ作りました。
『空っぽの知識(自作小説)』
http://emptynovel.blog83.fc2.com/

同じFC2ブログを三つも作ったことにより、他のブローカーに訪問者履歴的な意味で迷惑が……あの、本当に申し訳ございません。


何か連絡があれば、こちらにお願いします。
alred_marchen☆hotmail.co.jp
(☆を@に変えてください)



フリーエリア



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



FC2カウンター



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。