空っぽの知識
 かたよりまくった読書くんの日記
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『story seller』 感想
Story Seller (新潮文庫)Story Seller (新潮文庫)
(2009/01/28)
新潮社ストーリーセラー編集部

商品詳細を見る




 久しぶりの本の感想。

 ちなみに、こいつは購入物です。(受験の真っ只中で新刊コーナーで見つけ、即買いしたあげくすぐに読みました)


 もともとは新潮の雑誌で競作企画として掲載されたものを一冊の本にまとめたもの。その雑誌を見たときは、読みたいと強く思ったものですが、雑誌を買うということへの抵抗感から断念。しかし、今回晴れて文庫として出版されたので即購入しました。


 まず、伊坂幸太郎、有川浩、佐藤友哉の三人が入ってる時点で僕には最高のメンバーですはい。


 しかし、実際読んでみるとこれがすごい。全員中篇の小説でかなり読みごたえのあるものを書いてきているんです。ホント、買ってよかったなぁ。


 そんなわけで、ここからはネタバレも含みそれぞれの感想を。





○『首折り男の周辺』 著/伊坂幸太郎

 伊坂さんらしい、かかわりのない人間が少しずつ関係するといういつもどおりの話でした。

 話はうまかったけど、ちょっとインパクトには欠けたかなぁというところも若干あるような気がします。まあ、普通に面白かったんですけどね。でも、やっぱり伊坂さんのこの技法の面白さは長編でこそ出来るものでもあるので、物足りないのも仕方ないかも。

 しかし、これでまたジュブナイル魔王の殺し屋リストが一つ増えたかなと思ったけど、どうだろう。



○『プロトンの中の孤独』 著/近藤文恵

 この人は初めてだったんですけど、面白かったです。単純に文章がうまかったので、流されていくように読めました。
 自転車のレースを扱ったものですが、その辺はやっぱり現実にあるんだろうなぁ。本当に自然と設定やらキャラクターやらがしみこんできたので面白かったです。


○『ストーリー・セラー』 著/有川浩

 あー。これ、有川さんの一人勝ちだわ……

 そう思わせてくれるほど、すごくインパクトのあるラストでした。

 始めは、なんか始めに病気が出てきたから辛気臭い話になるのかなぁと思ったら、全然そんな話ではなく、むしろ序盤は結構明るい雰囲気だったのでさくさくと進んでいきました。
 それから少しずつダークになり、冒頭のところに戻った後どう落ちをつけるかと思ったら……

 最後の狂った描写がかなり効果的で、一番ぐっさりと来ました。さすがにうまいなぁ。

 一番ページ数取ってるからでもありますが、話が二転三転して面白かったです。


○『玉野五十鈴の誉れ』 著/米澤穂信

 インパクトが強かった有川さんを除けば、この人が一番面白かったです。
 初めて読む人なんですけど、この人の書くものは安心して読めそうだなぁと思いました。今度図書館で借りてこよう。

 五十鈴のキャラクターがよくて、主人公との信頼関係を築いていくところは暖かい気持ちになれました。特に読書をしているところの描写はよかった。
 最後の締めも、スカッとさせてくれたので、個人的には文句なしの一作でした。


○『333のテッペン』 著/佐藤友哉

 ミステリ形式ですが、佐藤友哉です。はい、分かりましたね。

 まあ、この人には始めからミステリ部分は期待していなかったので、始めから『物語に夢見る』ことへの主人公の怒りのみに視点を当てて読めました。ホント、ユヤタンらしい一作だなぁ。

 佐藤友哉の作品としては本当にいいんですけど、この『story seller』の中だと少しかすみそうかも、とちょっと思いました。好き嫌いがわかれやすいってことですね。



○『光の箱』 著/道尾秀介

 この作者は初めてでした。
 前評判で、この人は伏線の回収がすごいと言われていたために、少し身構えてしまったのがまずかったかも。伏線回収自体はうまかったけど、途中で叙述使われてるのに気づいちゃったので、驚くまではいかなかったのが惜しかったです。(普段は気づかないので、身構えたのがやっぱりまずかった)

 っていうか、ちょっとラストがハッピーエンド過ぎるのがなんとなく違和感感じちゃったんですよね。

 決定的に決別した男女がよりを戻すというのが、そもそも僕の中では考えづらいことでして、そこが拍子抜けするほどあっけなく決着ついちゃったのが残念。

 この作者の『太陽の咲かない場所』ってのを読みたいなぁとはずっと思っています。



○『ここじゃない場所』 著/本田好孝

 最後の一文の空気が大好きです。

 この人も始めての作者。始めはなんだか面倒くさいのが主人公だな、と思ったのですが、暴走するにしたがって面白くなっていきました。こういう暴走キャラは感情移入は出来ないですけど、見ている分には楽しいです。

 最後の喧嘩別れの後で、それが『初恋』であり、『失恋』だと主人公が意識したところの描写がかなりよかったです。恋愛メインではないですけど、恋愛の要素として『失恋』はかなり情感を沸かせるので好きなんですよ。

 超能力の設定とかは、この人のほかの小説で生かされたりしているんだろうか? そうだったらそっちも読みたいなぁ。





 全体的にレベルが高くて、ホントお買い得な一冊でした。

 新しい作家の選択も増えましたしね。これから漁っていきたいです。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://tukimaturi.blog89.fc2.com/tb.php/488-57c690c6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

西織

Author:西織
この欄を編集するのを完全に忘れていた男。今年の四月に新社会人という名の社畜人生に一歩を踏み出した。



性別:男
年齢:22歳
血液型:A型
趣味:読書&執筆
将来の夢:作家(前途多難)

本の感想などを見たい人は、こちらをどうぞ
『空っぽの知識(読書日記)』
http://emptyreader.blog81.fc2.com/

自作小説専門のブログ作りました。
『空っぽの知識(自作小説)』
http://emptynovel.blog83.fc2.com/

同じFC2ブログを三つも作ったことにより、他のブローカーに訪問者履歴的な意味で迷惑が……あの、本当に申し訳ございません。


何か連絡があれば、こちらにお願いします。
alred_marchen☆hotmail.co.jp
(☆を@に変えてください)



フリーエリア



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



FC2カウンター



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。