空っぽの知識
 かたよりまくった読書くんの日記
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

月姫 感想




 さてさて、とりあえず月姫の感想と行きます。



 しかし、ここで困ったことが起きてしまいました。

 なんと、月姫PLUS-DISCを開いてみると、そこに修正パッチがあるではないか! これはいい、さっそくあてはめよう、と入れてみると、なんだ突然今までのデータが使えなくなったではないか! しかもその次には本編の起動すらできなくなった……。

 うーん、これどうすりゃいいんだ、と思いつつ、とりあえず全部シナリオ見たんで今のところは別にいいか、と思って放置。というわけで、そんな状態でお送りします。





 とりあえず、感想はつづきからで。








○アルクェイドルート

・月姫(トゥルーエンド)

 たぶん、物語として一番きれいな終わり方だろうなぁ、と思ってみたり。
 遠野志貴とアルクェイドという、何の接点もない異種族の二人の結末としては、妥当な終わりのように感じました。微妙に報われない感はあるんですが、それでも互いが互いのことを思い出として生きていけるというのは、これはこれでロマンチックですし。
 「好きだから、吸わない」というアルクェイドのセリフはよかったなぁ。そこでもまだ無理をしているというのが伝わってくるからこそ、その決意の大きさと愛の重さを感じさせてくれる。志貴もそれを感じ取って引くところが良かったです。

 あと、このエンドが一番今後の物語につながらない、って点でも、本当に物語として『終わり』なんだよなぁ、と思います。



・黎明の月(アルクェイドグッドエンド)

 トゥルーとは一転して、幸せ満点のエンド。このエンドの場合はアルクェイドとの接点が切れないから、先が続くんでしょうか。教えて知得留先生でネコアルクが微妙に漏らしていた復讐騎と一緒に死徒をばったばったとなぎ倒す、というのは、月姫2に期待ですね。(いつでることやら)




○シエルルート

・白日の碧(トゥルーエンド)

 ちび志貴可愛い!
 え? メガネ? 先輩? 何の事?

 いや、最後のシエル先輩の泣き顔もよかったんですが、それ以上にちび志貴の印象が強すぎますよ。あれ、なんだかんだでかなり重要なエピソードですしね。七夜志貴時代の志貴ってあんな風だったのか。ああいった、過去の自分との対面ってのは、なかなか切なくて趣深いですよね。

 あと、暴走アルクと志貴の戦いはかっこよかった。ちょっとアルクェイドがヤンデレ気味で妙なホラーっぽかったですしね。



・太陽(グッドエンド)

 たぶん表ルートの中で一番グッドなんじゃないかと思うエンド。まあ、シエルにとっちゃ少し認めづらいかもしれないですが、なんだかんだで楽しくどんちゃんやりそうですよね。
 最後にロアを滅するときの、こっちは三人だ、ってセリフはなかなかこのエンドをうまく表わしている感じです。志貴は一人じゃなかったからこそ、妄執を打ち切れたわけですから。


 あと、シエルルートの共通での感想は、ロアに侵されていく志貴の危機迫った描写がすごかったなぁ、ってこと。あれはほんとすごいわ。徐々に自分がなくなっていって、凶暴化していくというロアの本質をうまく表わしていると思う。しかし、琥珀さんが襲われたところは絶句したなぁ……。





○秋葉ルート

・遠い葦切(ノーマルエンド)

 これバッドエンドの間違いじゃね?
 いや、マジで。

 うーん、なかなかに悲惨なラスト。どんどん弱っていく志貴が可哀そうで仕方ない。
 結局秋葉は二度と元に戻らないんだからなぁ。ってか、これって何気に琥珀さんの策略が見事成功したようなものじゃ……。



・温かな午睡(トゥルーエンド)

 こっちは、まあトゥルーでいいとは思うけれど、どっちにしろどちらかが消えるんだな……。
 表向きはそっけなくしながらも、内心は健気に志貴のことを想っている秋葉の姿は、Fateの桜を思い出しました。うーん、Fateでもそうだったけど、このエンドがなんだかんだで一番好きです。最後に七夜印のナイフを持って涙する秋葉のイラストにはやられたなぁ。

 しかし、これ結局志貴どうなっちゃったんだろ。秋葉の話によると、ただ死んだわけじゃないみたいですし。途中までかかわっていたシエルが何かしたのかな。



○翡翠ルート

・まひるの月(トゥルーエンド)

 秋葉ああああああああああああああああああああ!
 え、ちょ、うそ、遠野家ほぼ全滅かよ。うわ、うわわ、うはは。
 正直主人公サイドは死なないものと思ってみていたので、秋葉がやられたときは驚きました。そしてそのあとに語られた真実。琥珀さんがそういう人だってのは前知識で知っていたんですが、完全に忘れてて不意打ちだった……。
 もう、なんていうか翡翠ルートのはずなのに他のキャラばっかり気になるなこれ。



・ひなたの夢(グッドエンド)

 いや、これもう琥珀ルートでいいんじゃ……。
 まあ、琥珀さんが幸せになるルートはちゃんとあることですし、こっちはこっちで翡翠はちゃんと救われたんでいいとしましょう。
 しかし、最後に琥珀さんに七夜の名をあげるところは、なかなか良かったです。それを示し合わせたようにした理由はよくわからないんですが、なんとなくそういうつながりは気持ちいいなぁ。これで彼女も報われればいいけれど。



○琥珀ルート

・日向の夢(グッドエンド)

 月姫裏グッドエンド
 ああ、もう。いい話だったなぁ。
 なんか調べてみると、このシナリオ十日で書いたらしいんですけど、ほんとかよ、と思うくらいきれいな話でした。確かにところどころ違和感はありますが、そういうの気にならないくらい面白かった。

 特に戦闘描写に関しては、作中でも一番熱かったです。ロアの設定をすごくうまく使って秋葉を暴走させますし、対する志貴についても、これまでほとんど語られてなかったことを前面に押し出してきて。赤主秋葉VS七夜志貴。もちろん一発目は補習に突っ込んだんですが、あそこでの志貴はかっこよすぎる。暗殺者としての性能を全力使用ですからね。なんだかんだで貴重なシーンな気がします。
 しっかし、ほんと秋葉の一途さは泣かせるなぁ。破壊衝動に迫られながらも、泣きながら志貴に懇願するところは思わず同情してしまう。ああ、もう。こいつが正ヒロインの中でもあんま報われてないところがまたかわいそうなんだよなぁ。

 オチとしては、裏ルートの中では一番きれいにまとまった感じ。最後に帰郷を持ってきたところはよかったなぁ。
 ……ただ、ひとつだけ言わせてもらうと、最後のひまわり畑で手を広げる琥珀さんの絵、目の焦点が合ってないんですけど……。



○遠野志貴

・月蝕

 遠野志貴の物語。
 成長した志貴と青子先生の再会があるとは思わず、思わずふるえました。
 何やら会話を聞いていると不穏な話が飛び出ていますが、そのほかは十年前と同じ。ちょっと不思議な師弟関係がおもしろいです。
 最後の志貴の言葉に振り返って応える青子先生のイラストがよかったなぁ。ああ、もう。あれ見ただけで、他のヒロインが食われちゃうよ。なんてったって、志貴の初恋だからなぁ。

 どうも調べてみると、この月蝕は月姫2の翌日の話になるとかいう話なんですが、どういう感じなんでしょうね。だから協会とか教会の話が出てきたのか、と納得はできたんですが。やっぱちょっとした戦争みたいなことやらかしてたのかな。
 そこのあたり、月姫読本にもちょっと書かれているみたいなので、欲しいなぁとは思っています。




○弓塚さつき

 ルートなし。
 ……なんでこの子のルートがないのさ!

 正直一番好きなキャラです。ってか、マジで救いがなくて悲惨すぎる。最初は志貴に向かって吸血鬼らしいことを言っていたのに、だんだんと本音が出てきて「うそつき!」って叫んだところは、もう切なすぎて泣きそうでした。

 あー、もう。早くリメイクしてくれよ。そしたら他のヒロインを食いかねないっていうくらいすごいさっちんルートが見られるんですよね!? きのこ先生!






 と、そんなこんなで、月姫本編の感想はこの辺で。

 さて、歌月十夜をやるか。



スポンサーサイト
コメント

琥珀ルートの志貴と四季の会話が自分は大好きですね。こいつらあんなことがなければ、こんなにいい悪友関係を作れてたんだなって強く思います。
さっちんについては、リメイクに期待せよ!!って話ですね
まあ、もう不幸キャラが定着しているので、日の目を見れるかどうか……本当に不憫な娘
しかしまあ、さっちんのルート自体はやはり不幸な話らしいので、メルブラで路地裏同盟を結成しているさっちんが一番幸せな話かもしれないときのこ先生は以前言ってましたね。月姫・さつきルートとは間逆の位置づけらしいですし。
にしても月姫2/the dark sixが作られるのはいつの話になるんでしょうか。まあまずはリメイクですが、歌月に入っている予告を見るだけで、やはりもう期待が止まらないです。生きている間には出てほしいなあ。
月姫読本はクリアした後に読むのがよいかと、何気に殺人貴になった後の志貴の話なんかも入ってますしね。
[2009/10/05 03:51] URL | サバ味噌 #- [ 編集 ]


確かに、志貴と四季の会話はかなり良かったです。あそこ、突然出てきて最初は「?」だったんですけど、どんどん話に引き込まれていきました。ああいった仲のいいところを、佐々木少年はマンガで表してくれてるんだなぁとしみじみ思いました。

さっちんはほんと、リメイクでは報われてほしい……。もう、キャラ的に薄幸少女になっちゃっているんで、まさかリメイクでも無視されたりとか……。

とりあえず、今は歌月十夜をやってみます。っていうか、プラスディスクの幻想同盟の瀬尾晶が可愛すぎてやばいwww。どうしてこう瀬尾一族は可愛いんだ!!

[2009/10/05 22:36] URL | 西織 #fBhJEaUc [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://tukimaturi.blog89.fc2.com/tb.php/691-1e156f78
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

西織

Author:西織
この欄を編集するのを完全に忘れていた男。今年の四月に新社会人という名の社畜人生に一歩を踏み出した。



性別:男
年齢:22歳
血液型:A型
趣味:読書&執筆
将来の夢:作家(前途多難)

本の感想などを見たい人は、こちらをどうぞ
『空っぽの知識(読書日記)』
http://emptyreader.blog81.fc2.com/

自作小説専門のブログ作りました。
『空っぽの知識(自作小説)』
http://emptynovel.blog83.fc2.com/

同じFC2ブログを三つも作ったことにより、他のブローカーに訪問者履歴的な意味で迷惑が……あの、本当に申し訳ございません。


何か連絡があれば、こちらにお願いします。
alred_marchen☆hotmail.co.jp
(☆を@に変えてください)



フリーエリア



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



FC2カウンター



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。